今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

映画『フューリー』 実話なのかを調べて見たら‥‥‥!? 【アカデミー賞有力作品】

      2015/06/26

今回当ブログで取り上げるのは、ブラッド・ピット主演の映画『フューリー(Fury)』です。

 

Fury-Movie

 

 

“憤怒の炎ぉーーー!!!”チラッ

MGS3-TheFury

すみません、これはメタルギアソリッド3
変態軍団の1人のザ・フューリーでしたね(・_・;)

 

 

映画『フューリー』に関しては、

前回の記事でも取り上げさせていただきましたが、
ブラッド・ピット主演兼製作総指揮の最新作です!

 

第二次世界大戦において、ナチス・ドイツの
敗北が決定的となった1945年を舞台とし、

「フューリー」と名付けたシャーマン戦車に乗って、
ドイツの大軍と戦う5人の米軍兵士の戦場ドラマが描かれており、

先駆けて上映されている米国では大好評で、
本年度のアカデミー賞有力作品として挙げられているほど話題の作品なんですね。

 

日本でも11月28日に公開を控えている本作ですが、
今回はこの作品が、果たして実話なのかどうかを調べてみました!

 

ということで、今回の記事は、

映画『フューリー』 実話なのか調べてみたら‥‥!?

 

について書いていますので、
興味を持たれた方は、是非続きを御覧ください!

 

 

 

 

映画『フューリー』 実話なのか調べて見たら‥‥!?

 

 

記事導入部でも触れましたが、本作品のストーリーは、
主人公含める5人が、300人のドイツ軍に挑むというものなのですが、

それがあまりにも伝説のような話だということで、
このストーリーが実話なのか否かが気になっている人は多いようです。

 

ということで、今回は、先行公開されていて情報量の多い、
米国のウェブページでこのことについて調べてみました。

 

そして、非常に興味深い文章を見つけることが
できましたので、ここに引用させていただきます。

 

 

From Street Kings writer/director David Ayer, Fury is actually based on a collection of true stories from real-life army veterans who spent their time during World War II in tanks, just like Pitt’s tank crew in the film.

URL:http://www.bustle.com/articles/44570-is-fury-based-on-a-true-story-its-definitely-not-just-another-world-war-ii-movie,『IS ‘FURY’ BASED ON A TRUE STORY? IT’S DEFINITELY NOT JUST ANOTHER WORLD WAR II MOVIE』

 

これを簡単に日本語訳すれと、
(間違っていたらすみません)

 

(Furyの)映画監督のデビット・エアー氏によると、『フューリー』は、
映画中のブラッド・ピットの様に、第二次世界大戦中を戦車の中で過ごした、
実在の陸軍のベテラン兵士による数々の実話に基いて製作されている。

と書かれていたらいいなぁいたのですが、

「5人の米軍が300人のドイツ兵に挑んだ」というストーリー自体が
実話であるという文章は他のページにも一切ありませんでした。

 

このことから、このストーリーが実話である可能性は低いと言え、
では何が「数々の実話に基いて」製作されているのかということですが、

同記事には、

ブラット・ピットが実際に戦車のクルーとして
第二次世界大戦を経験した90歳の方に話を聞いた

などという話が続けられていたことから、
映画中の戦争の空気感や有り様、そして歴史の細かい設定などが
「実話に基いている」ということだと考えるのが妥当だと思われます。

 

 

 

 

僕としては、5人で300人のドイツ軍に挑んだというのは
非常に伝説のような内容で、かっこいいですし、

なんとなく本当であってほしいと考えていたのですが、
現時点ではその可能性は低いので、少し残念ですね・・・・・。

 

しかしながら、まだ「ストーリーは実話ではない」と
断定的に否定されている文章はまだ見つけられておらず、

まだストーリー自体も実話である可能性があるので、
あくまで今回の記事は参考程度にとらえていただければ幸いです。

 

 

<人気の関連記事>

・映画『フューリー』 ティーガー戦車やシャーマン戦車は幻の本物を使用!

 


映画『フューリー』の日本の公開日は、11月28日です。

今回の記事をご覧になられて、
興味を持たれた方は、実際に映画をご覧になられてはいかがでしょうか?

 

今回の記事はここまでです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 - 未分類

たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Comment

  1. HAT より:

    映画「フューリー」はフィクションですか
    ブラッド・ピットも落ちたね。 最低
    史実風戦争映画なら真面目に取り組むべき
    兵士の命を何と?
    有りもしない物語で300人に独逸兵が…
    結局はブラッド・ピットは金儲け主義ってことですね
    アメリカ映画界の佐村河内

    • たつまに Danny より:

      まだ完全にその設定がフィクションかどうかを断定している記事は確認されませんが、
      確かに、「実話に基づいた」とあたかも全てを実話であるという印象を植え付けて、マーケティングをするというのは、やや過度に商業的なのではないかと思いまうす。

      この点はハリウッドの悪い点ですよね。

  2. 魚雷男 より:

    はっきり言って5対300という構図は現実ではかなり無茶かと。よほど五人の側に有利な状況等(地の利や、装備に極端な差があるなど)でない限り単純な数の暴力によって押しつぶされてしまいます。

    • たつまに Danny より:

      ブラッドピット側はシャーマン単機に対して、相手は300人分の火力と最強のティーガー戦車ですからね。かなり無理があると思います。

      ただ、映画の宣伝としてもあくまで「300人のドイツ兵に”挑んだ”」としか書かれていませんので、もしかしたら、映画中では勝利するというところまでは至っていないのかもしれませんね。

      ぼくとしましては、記事中にも触れていますが、当作品の監督は元軍人という異色の経歴を持っている人物なので、無理な設定を感じさせない何かを盛り込んでいるのではないかということを期待しています(笑)

  3. martin より:

    挑んだだけで勝ったとは一言も言ってないでしょ
    決めつけは良くないですよ

  4. NEMO より:

    ドイツ降伏の2~3週間前,休息・補給中の200両近いソ連戦車軍団に,僅か3両で殴り込みをかけ,自軍の損害ゼロでソ連戦車を100両以上撃破して,徹甲弾が無くなったから引き上げたという戦闘がある(SS103重戦車大隊)。主人公がドイツ側なら実話になったろうが,「池のアヒルのように簡単に殺られ」ていたシャーマンでは,歩兵相手でも無理なようだ。

  5. ガラパ より:

    実話なはずは無く、私なら独逸兵ならシャーマンを仕留めてみせます。
    同じ隊に形式違いのシャーマンが集まるのは不自然ですが、今、稼動するシャーマンも少ないのでいたし方無いでしょう。
     シャーマンがリアルにタイガーⅠ型前期生産型に吹き飛ばされます。ドイツ軍、かっこいい、タイガーのカラーリングもう少し凝ってほしかった。
     A3E8だけどうしてFULYで他のシャーマンには名前が無いのでしょう不自然でした。またタイガーの単独行動も謎ですね!
     良い戦車映画です。ところで私に、絶大な力があったらブラピに武装親衛隊ワッヘンSSの将校を演じさせたいです。 イスラム国に志願しようかな!(冗談です。)

  6. […] 34: 名無しさん 2015/04/28(火)15:09:31 ID:R2M >>22 http://trendcenter99.com/?p=2240 うむむ 実話ではなさそうなんで […]

  7. 通りすがり より:

    見てから書いてくださいよw
    見てもいないのに感想に書くのはなんなの?w実話かそうじゃないかは問題あるだろうけど
    映画中見れば、挑んで数で押しつぶされてるのわかるでしょうがw
    私なら仕留めて見せるとかバカか?wできもしないことを自慢げに書くんじゃないよ。

  8. 砲身の熱でペンキの文字が焼けないのかな? より:

    似たような戦車戦の実話ならありますよ。逆のケースで。
    一台のパンサータンクが2台のシャーマンタンクとパーシングタンクを相手に、シャーマン2台を撃破して、パーシングに撃破されたという話。
    furyは、この話をモチーフにしたのではないか、と思います。
    実際の戦闘シーンの一部始終がアメリカ側から撮られていて、youtubeに出ています。
    Battle for Cologne – tank duel
    とか、
    Battle of Cologne 1945とか。

    ケルン大聖堂を護ろうとした一台のパンサー戦車の戦闘記録。
    被弾した戦車が誘爆によって炎を噴き上げる様、そこから脱出しようとして、そのまま動かなくなった若いタンクコマンダーの姿、、合掌ものです。
    この戦車戦が行われたケルン大聖堂周辺に何度か行った事があります。

  9. JAP より:

    シャーマンでティーガーがやれるわけないじゃん
    ほとんどが燃料不足で放棄された車両ばかり
    それを宣伝に使っててた米軍
    何がリベラルなのかわけわからん国だわ

  10. K-dash より:

    先日、久しぶりに見返したけど、単に戦車VSというだけでなく
    いろいろな意味でノンフィクションが描かれていたように思った。

    やっぱり博物館で眺めるのがよいよ。
    パンツァーファーストの貫通シーン。。。
    どっちも、やっぱり使いはじめたら、悲惨だわ。

  11. Koriel より:

    この映画に最も近い史実といえば、やはり米軍とドイツ軍が逆になりますが、この方だと思います。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9#.E3.83.8A.E3.83.AB.E3.83.B4.E3.82.A1.E3.81.AE.E6.88.A6.E3.81.84

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事