今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】プルシェンコ選手、新たに見つかった椎間板のひびの治療のため2015-2016シーズンは離脱に。

   

 

8906bc7648c54f26d0c14138d1f7b2b1-compressor

 

先日、ロシアスケート連盟により、プルシェンコ選手が新たに発見された椎間板の怪我の治療のために2015-2016シーズンを離脱するということが明らかにされました。

プルシェンコ選手本人は、それでも尚現役続行の意志を示していますが、今回の一件について、海外からも様々な意見が寄せられていますので今回はそちらを紹介させていただこうと思います。

 

 

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

 

 

■Evgeni Plushenko will not compete this season due to a spinal injury

プルシェンコは脊椎の怪我のために今シーズンを見送るようだよ。

 

■Poor guy. I hope he heals quickly.

可哀想に・・・。早く傷が癒えますように・・。

 

■not surprised… his body is completely damaged by the sport… he probably should call it a career… not like he has anything to prove..

今更驚かないよ・・。彼の体はスポーツによって完全に限界を迎えているんだ。おそらく、もう競技生活から引退すべきなのかもしれないね・・・・。

 

■I honestly and without sarcasm or irony or meaning to bash him think he really HAS to stop figure skating before he becomes seriously hurt. These spinal injuries are serious

皮肉や彼を叩く意味合いは一切抜きで、重傷になってしまう前にフィギュアスケートをすることを止めなければならないと思う。これらの脊椎の怪我はとても深刻だ。

 

■Assuming his desire to continue is sincere and not just for publicity or show, I think he really needs to sit down and evaluate WHY he wants to continue competing

現役続行の願望はプルシェンコの正直な意見であり、パフォーマンスによる発言ではないと思う。だけど、やっぱり今は本当に冷静になって、今一度何故自分が現役続行を望んでいるのかということを考えなおした方がいいと思うんだ。

 

■Unfortunately, expected.
While I’d love to see Plushy back to competition, imho he should not compete anymore as his health is not that good, and won’t really get better over time.

不幸なことだけど、いつか起こるだろうと予想していたわ。

大会に戻ってきてくれることを願っているけど、体調があまり良くなかったり、時が経っても改善されなければ競技に参加するべきではないと思います。

 

■IceNetwork translated this Instagram post from Evgeni as “I am focusing on selection for the Olympic Games.” Evgeni, this is getting out of hand.

IceNetworkが彼のインスタグラムでの投稿を翻訳してくれたところ、「僕は五輪選考会に照準を合わせている」とのこと。

ジェーニャ、あなたはもう私には手に負えません・・・・・。

 

■Plushy is a legend and the most condecorated skater of all time. There is nothing left for him to prove. I understand that he wants to come back for the love of the sport

プルシーはスケート史上伝説の選手だ。改善すべきことはもう一つもない。彼はあまりにも強すぎるフィギュアスケートというスポーツに対する愛のために、再び戻ろうとしているのだろうね。

 

 

 

 

腰の怪我でテストスケートをパスした時点で、「もしや・・・・」と考えていましたが、どうやら、2013年に人口椎間板の出術をした箇所とは別の部分の椎間板にひびが入っていることが、8月末の検査によって明らかになってようです。

今シーズン中に手術を強行する意味は無いという意見にチーム内で達し、来年の4月に手術を予定しているとのことですが、そのような状態でもプルシェンコ選手は自身のインスタグラムにて五輪の選考会に照準を合わせているという旨を語っています。

 

ロシアン・フィギュアスケート・フォレヴァさんが、素晴らしい和訳をされていますので、是非ともご覧ください。

 

ジャーニャ、もういいんだ、本当に、あなたは全てをやり遂げたんだ・・・・。

 

和訳文を見ていて、そう思いました。

 

プルシェンコ選手は、グランプリシリーズ、グランプリファイナル、欧州選手権、世界選手権、五輪、これら全ての大会において、時の王者を称える「金メダル」を23歳で獲得しています。普通の考えならばここで引退するところですが、この方はその次のバンクーバーに出場し、そしてさらにその次のソチ五輪にも代表選手になった上に、いずれの大会においてもメダルを獲得しているのです。

しかし、プルシェンコ選手もやはり人間であり、その代償として数えきれないほど怪我を負い、何度も何度も手術を受けることを強いられてきました。もっと言えば、そもそも病気しがちな体質でさえもあったに関わらず、ここまで現役選手にこだわるというのは、ちょっと自分には想像ができないというか、あまりの狂気的なアスリート精神に恐怖さえ感じてしまいます・・・。

確かに、もう一回表彰台の真ん中に立つ姿を見たいとも思いますが、しかしそれによって重大な怪我に発展し、たとえば大事な神経を傷つけて脚が動かなくなった、なんてことが起きてしまえば元も子もありません。

ですからやっぱり、ここは怪我を治すことに専念し、その後もショーの出演の回数を多少減らす(プルシェンコ選手は、本当にショーへの出演回数が多いです。しかも、それらのショーでトリプルアクセルを跳んだりします・・。)など、無理しない方向でいくべきだと思うのですが、多分、また無茶なことをするんだろうなぁと思ったり・・・・。

 

僕はプルシェンコ選手にとって幸せな道に進んでいただけたらと思っているのですが、できれば、体を破壊してでも現役続行という道には進んで欲しくないなと思っています。

まずは、来年の春に控える手術が上手く行くことを願うばかりですね・・・・。

 

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, エフゲニー・プルシェンコ

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。