今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】宇野昌磨選手、公式戦で自身初の4回転二本をプラス加点で成功!! 

   

 

SnapCrab_NoName_2015-9-20_0-15-19_No-00-compressor

 

あれよあれよという間にチャレンジシリーズの大会である「U.S. International Figure Skating Classic 2015」が開催されましたが、この大会にエントリーした日本の宇野昌磨選手が、また一つ大きな進化を遂げました。

といいますのも、この大会はシニア移行後初の公式戦だったのですが、宇野選手は今回、自身公式戦初の二本の4回転を一つのプログラム(FS)の中で成功させ、見事にフリーの中で首位に立ったのです(最終順位はSPの失敗が響き5位)

チャレンジシリーズの大会は海外でも大変人気であり、この話題は早速海外フォーラムの方でも話題にされていましたので、今回はそちらの様子をご紹介させていただこうと思います!

 

 

 

※今回はこちらの投稿を「海外の反応」としています。

 

SnapCrab_NoName_2015-9-19_22-48-51_No-00-compressor

宇野選手以外の結果はこちらからご覧ください。

 

 

(演技が始まる前)

 

■I’m holding my breath for the next four minutes. He admitted yesterday was due to nerves and I don’t know if that’s good or bad

これからの4分間、私はずっと息を止めて見ているんだろうな。昨日の彼の失敗は緊張していたからだということで解釈しているけど、それが良いのか悪いのかわからないね。

 

■Hanging on to all the jumps. That’s what I like to see.

全てのジャンプに苦しくてもなんとか着氷する。こんな演技が見たいわ。

 

(演技終了後)

 

■Shoma fought for that program. Nasty fall really took the wind out of him but he got up and executed the rest of the program very well.

ショウマはよくやった。転倒(多分3Lzのことですね)した時は勢いを奪われたが、彼は起き上がり、そして残りの要素を上手く演じきった。

 

■Much better. Two quads and a 3A

(SPよりも)全然良かったよ。二つの4回転に、一つのトリプルアクセルを降りたのだから。

 

■159 something. Into first. Hand down on one jump, bad fall on one other, but okay other than that.

約159点だね(実際は154.96点)一つのジャンプで手を付き、そして他の一つのジャンプでひどく転倒してしまったけど、他は問題ないと思う。

 

■Shoma Uno, he looked great from what I was able to see. He really emotes to this music.

ショーマ・ウノ、私の見た限りではとても素晴らしかったわ。彼はこの音楽に合わせて、感情表現ができている。

 

■Congrats to all the medalists…and Shoma for scoring first in the FS! Let that be a lesson to him to not totally mess up the SP next time!

3人のメダリストと・・そしてショウマ、FS1位おめでとう!

次の大会のSPでやってしまわないように、今回を教訓にしてくれ!

 

 

 

 

チャレンジシリーズの大会(国際B級)とは言え、あの宇野昌磨選手がSPで50点台のスコアを出した時は「エェええええ!?」という感じでこちらも動揺してしまいましたが、FSではその失敗を払拭するほどの良演技でしたね。すごく、ほっとしました。

流石に後半のトリプルアクセルは体力的にもかなりキツかったみたいでコンビネーションをつけることができませんでしたが、それでも公式戦初の4回転2本(内一つは4T-2Tのコンビネーション)と一本のトリプルアクセルをプラス加点の評価で降りているという事実は大いに賞賛されるべきことだと思いますね。

昨季の宇野選手の高難度ジャンプの構成は、単独4T一本と、トリプルアクセル二本(内一つは3A-2Tのコンビネーション)を全て前半に配置するという構成でしたから、今回見せてくれた演技は、昨季の夏から続く破竹の勢いの進化が今も尚継続されているということを表しているということでしょう・・・・!

 

宇野選手にとって、今季はシニア1年目のシーズンです。シニア完全移行に伴う影響(たとえば、FSは要素が一つ増えて長くなる)への対処も大変だろうとは思いますが、この若いパワーでシニアのトップ層達の尻を叩くような演技が見事に決まることを願っていますよ!

 

 


 

 

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, 宇野昌磨

たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。