今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】「今季の真央とリーザの戦い、あなたはどうなると見ていますか?」

      2015/10/09

 

SnapCrab_NoName_2015-10-3_13-27-17_No-00-compressor

 

先々週あたりに浅田真央選手のトリプルアクセルの映像が放送されてからというもの、当初はさすがに気が早すぎるだろうと言われていた、本日開催されるジャパン・オープンにおけるトゥクタミシェワ選手とのトリプルアクセル合戦もかなりの現実味を帯びてきました。

フィギュアスケート史上、2人以上の女子のトリプルアクセルジャンパーが同じ大会で、かつお互いがトリプルアクセルをプログラムに組み込んで競い合うという記録は無いということで海外フォーラムでもこの話題が盛り上がっているようですので、今回はそちらの様子をご紹介させていただこうと思います!

 

 

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

 

■ I am ridiculously looking forward to Japan Open… as it will be the first battle of the titans this season between Mao and Liza!!

私はジャパン・オープンがアホか!ってほど楽しみにしています・・・・。何故ならこの大会が、二人の巨人―マオとリーザ―の最初の戦いになりますからね。

 

■3A or no 3A, that is the question.
Any bets? Mao doing 3F3Loop? Liza doing the safe 3t3t short like she has done first half of last season and bet on consistency banking on PCS? How much will their PCS differ compare to their last meet up in 2013?

3Aを入れてくるのか否かということは注目すべき問題です。

(その他にも)マオは3F+3Loをプログラムに組み込んでくるのか?リーザは昨季の序盤戦のように、安全策として3T+3Tで来るのか?二人が最後に同じ大会で戦った時と比較して、一体どのくらいのPCSの差があるのか?みなさんはどのように予想しますか。

 

■Well, I’d say Mao will definitely bring her 3-axel from Japan Open. Whether Eliza will is the question mark for me. I tend to think she’ll do a tano double-axel in the opening.

そうだね、私が言えることとしては、マオはジャパンオープンで間違いなく3Aを入れてくるだろうね。リーザがどうかということは私が注目していることではあるけど、冒頭のジャンプは2Aのタノ(空中で両手あるいは片手を上げて跳ぶジャンプのこと)になるんじゃないかな~と思っているよ。

 

■I actually have no idea. If Mao skates a typical free skate using the Sochi layout I think she should win. Depends on how comfortable and “in to” the program she is…

想像するのが難しいね・・・。もしマオがソチと同じような構成のフリーを演じきることができればマオが勝つだろうね。彼女がそのプログラムにどのくらい合っているのかということと、どのくらい感情を込めているのかに依ると思う。

 

■Not sure what the PCS difference will be, but it will have to be pretty big still. I think Mao is coming back as a better performer than she’s ever been

PCSの差については確信は持てないけど、まだ大きな差がついているんじゃないかなと思う。マオは以前よりもより素晴らしい表現者として復帰しているだろうとも思うし。

 

■Mao will definitely have a better program but these monstruous jumps Liza does may still let her get the top place in next season Game of Points.

マオは間違いなくより良いプログラムを作っていると思うけど、リーザのモンスター級のジャンプ達が決まれば、それでもやっぱり得点的に1位になるかもしれないと思ってるよ。

 

■Mao’s triple axel was never very consistent. We don’t know about Liza’s because she hasn’t done it enough. Mao also has problems with the lutz (flutz). Liza’s is textbook. Her triple-triple isn’t that consistent, either. Right now, I think it is advantage Liza. It may change after we see them skate in competition a few times.

マオのトリプルアクセルは決して安定しているとはいえない。ただ、リーザに関してはチャレンジの回数が少ないから彼女の安定性についてはわからない。

マオはルッツのエッジの問題も抱えているし、3-3もそこまで安定していない。一方でリーザは本当にお手本の様なジャンプを跳ぶことができる。

これらのことから、今の段階では有利なのはリーザの方だと思う。大会を重ねていくうちにこの状況が変わる可能性はあるけどね。

 

■ Her axels in the recent clips for Japan Open are rotated and without a doubt. She seems to be in good form and that’s all that matters.

 

ジャパン・オープンに向けての練習風景の映像に収められていた(浅田選手の)トリプルアクセルは疑いようもなく回転しきっていた。調子が良いみたいだから、それが全てを物語っている。

 

■Jumps: Tuktamysheva. Some of the best jumps I’ve seen in a long time. Her lutz at Euros was DIVINE.

 

Spins: Mao. Easy. Tuk’s flying sit spin is rather horrifying, and Mao is just beautiful in every way.

Skating Skills: Mao. Edges, posture, elegance… Leaps and bounds better than Tuk.

Mental toughness: Tuk by a hair. I don’t know how she managed all those competitions last year and did so well at all of them.

ジャンプ:トゥクタミシェワだね。長い間見てきたけど、彼女はいくつか、最高のジャンプを持っている。昨季の欧州選手権で見せた3Lzは神々しかった。

スピン:これは簡単、マオだ。トゥクのフライングシットは本当にヒヤッとさせられる一方で、マオのスピンは全ての点において美しい。

スケーティングスキル:マオ。エッジ、姿勢、優雅さ・・・そして氷上を跳ねる姿はトゥクよりも良い。

精神的な強さ(安定性):わずかにトゥクだね。昨季、どのようにしてあの量の大会を乗り越えてきたのかは知らないけど、その全てにおいて良くやっていた。

 

 

 

10月3日、ついにこの日がやってきましたね・・・汗

浅田選手の復帰戦ということで、やっぱりジャンプ大丈夫なのかな?とか、身体の調整に苦労して無いかな?とか、ある意味五輪の時より緊張してしまっている自分がいます。(この感覚、わかってくれる方いますでしょうか笑?)しかも復帰戦にして現世界女王のトゥクタミシェワ選手と同じ大会に出場するわけですから余計、って感じですね。
さて、今回ご紹介させていただきました「海外の反応」としましては、全体の意見をまとめると、

 

(1)3Aや3-3の安定性&URやエラーの無し率はやはりトゥクタミシェワ選手に分がある。
(2)PCS(演技構成点)はおそらく浅田選手がリード

 

という様子になっていましたが、僕もこれら二つの意見には概ね同意ですね。

まず(1)について、3Aに関しましては海外の方が指摘されていました通り、トゥクタミシェワ選手の場合はまだチャレンジ回数が少ないのであまり比較はできないと思うのですが、やはり彼女の3-3の安定性、そして正確なエッジで跳び分けることができる能力は浅田選手を上回っているのは明白でしょう。

僕は特に浅田選手を下げる気はありませんが、しかし彼女にはルッツでのエッジエラーと、3-3での回転不足がどの試合でも必ず一つは取られているというのは事実ですので、この点で勝負となった時には本当に会心の演技をしない限りは難しいだろうなというのが自分の意見ですね。(ソチ五輪や世界選手権2014の時レベルの基礎点の構成なら多少のミスは相殺されますが)

 

次は(2)についてですが、これは逆に浅田選手がリードする「可能性が非常に高い」です。もしかすれば、トゥクタミシェワ選手がいきなり浅田選手の同レベルのPCSを稼ぎ出すなーんてことも無きにしもあらずという意味で「可能性が非常に高い」という表現で断定はしていないのですが、ひとまず昨季終盤のトゥクタミシェワ選手と休養前の浅田選手のPCSを比較しますと、SPなら3~4点くらい、FSならその2倍で6~8点くらいの差があるんです。

これはトゥクタミシェワ選手のPCSが低い、ということを言いたいわけではなくて、実は現時点で5コンポーネンツに置いて9点平均を取った経験のある現役選手が浅田選手以外にいないのです(多分!)。以前までPCSの面で浅田選手を上回っていたキム・ヨナ選手やカロリーナ・コストナー選手の両方が現役引退、あるいは離脱しているため当然っちゃ当然なことなのですが、浅田選手のこの独走状態を見ていると、彼女も本当に「ベテラン選手」になったのだなぁと改めて感じますね・・・・!

 

 

さて、最後に、本日のジャパン・オープンのテレビ放送の情報をまとめておきます↓

 

■10月3日放送分

テレビ東京: 18:30 ~ 19:00
テレビ東京系列6局:19:00 ~ 20:54

■10月5日放送分

BSジャパン: 19:00 ~ 21:55

 

尺の長さから判断すると、やはり本日3日分の放送は全選手の演技は放送されないって感じなんでしょうね。

一方でBSジャパンの方は1時間長いので、ほぼ全部の演技を放送してくれるんじゃないかとワクワクしていますが、大会当日分も見たいですのでどっちも見ることにします(笑)

今日はとにかく、誰もが怪我なく、そして誰もが笑顔で帰れるような素敵な大会になってほしいですね^^

 

 

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, エリザヴェータ・トゥクタミシェワ, 浅田真央

たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。