今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】浅田真央選手、中国杯SPは3A、3F-3Lo、3Lzの超絶難度構成か。

   

 

SnapCrab_NoName_2015-11-6_0-17-8_No-00-compressor

 

常に観客の予想を超えてくる、それが浅田真央選手です。

先月のジャパン・オープンにてFS『蝶々夫人』の大まかな構成は判明しましたが、しかしSP『素敵なあなた』については未だ構成がわからず終いでした。そのため、国内外で様々な意見が交わされていたのですが、本日、驚異的な構成を示唆する映像が放送されました。

中国杯の公式練習で浅田選手が跳んだジャンプは、なんと3A、3F-3Lo、3Lzという構成。世界選手権2014時点での難易度を大きく上回るものであり、あまりにも予想以上だったということで海外でも多くのスケートファンがこの話題について会話されていますので、今回はその様子をご紹介させていただこうと思います。

 

 

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

 

SP『素敵なあなた』

2:10 ~ 3A
2:20 ~ 3F-3Lo
2:50 ~ 3Lz

 

■According to news reports in Japan, she hasn’t been doing all that well with the 3A but everything else is looking good from the videos I think?

日本のニュースによると、3Aは全てが上手くいったというわけではなかったようだけど、映像から判断するに、その他の要素は調子が良さそうだね?

 

■Mao is doing 3A, 3F-3Lo and 3Lz in the SP, isn’t she?

マオはSPで3A、3F-3Lo、そして3Lzを跳んでるよね?

 

■Cannot believe this super girl!! Okay, so the axel isn’t stable, but her 3flip-3loop is looking better than ever, and her skating, and her LUTZ as well!!!

信じられないわ、なんてスーパーガールなの!!

うん、3Aは安定こそしていないけど、彼女の3F-3Loは今まで最も素晴らしいね。それに、彼女のスケーティング、ルッツも良い!!!

 

■So many wonderful transitions in the short

SPには素敵に繋ぎがとっても多いね。

 

■I like it! Mao used to do 2A, 3F-3Lo, 3Lz in the SP before they got so strict on the Lz and she had to go for 3A-2T. It’s only natural she’d go back to it but upgrade the 2A to a 3A. I just didn’t expect it to happen so soon.

いいね!ジャッジがルッツに厳しくなって3A-2Tをしなければならなくなるまでは、マオよく2A、3F-3Lo、3Lzという構成(SP)でした。となると、次は2Aを3Aにレベルアップしてこの構成に戻るというのは自然な流れですが、まさかこんなに早くそれが実現されるなんて、私は全く想像していませんでした。

 

■Yeah, I read on fsuniverse about conservative quotes from Mao and Coach Sato regarding her condition (“so-so level”) in Japanese press. This does not look so-so level to me! That Lutz!

fsuniverse(こちらもスケート専門の海外掲示板)で読んだけど、サトウコーチとマオはコンディションに関して「まぁまぁです」と答えたようだけど、自分にはこれのどこが「まぁまぁ」なのかわからないよ!! だってあのルッツだよ!!

 

■her jumps look better, especially lutz but even without jumps I could watch her skate all day, she is in another level

彼女のジャンプは特にルッツが良い感じだと思うけど、でもジャンプがなくても一日中見てられるわ。マオは別次元。

 

■I just want her to have a good time there tomorrow. It’s been 10 years since her senior debut in the same rink and same competition. At the time she was the youngest. Now she’s the oldest but has improved so so much. I can’t wait! :

明日、彼女が素晴らしい時間を過ごしてくれることを願っています。

マオが同じリンク、同じ大会(中国杯)でシニアデビューを果たしてから10年経ちました。その時彼女は最も若い選手でしたが、今や彼女は最もベテランの選手。でも、本当に、本当に上達している。試合まで待てません!

■What a sweet factoid. 10 years already, wow.

なんて素敵な事実。ああ、もう10年も経ったんだなぁ。

 

 

 

浅田真央選手、あなたは一体どこまで進化してしまうのか・・・・・・っ!!!

 

「最低でも世界選手権のレベルに戻す」―この言葉から、僕は今季のSPは世界選手権2014のSPと同じ構成、つまり3A、3Lo-2lo、3Fと同じか同等な構成で挑んでくるものだと勝手に思っていましたが、どうやら浅田選手の目標は僕の予想の遥か上を行く、超絶難度の構成だったようです・・・・・。

 

3A、3F-3Lo、3Lz。この構成は、高難度の種類の3回転ジャンプを上から全て組み込む構成ですので、どれを後半に持ってくるかなどの議論を無視すれば、現在の女子で考え得る史上最強の構成と言っても過言ではありません。

まず3Aをプログラムに組み込んでいるという選手さえほとんどいないという状況で、さらにセカンドループ、そしてルッツまでも組み込んでいるというのは、男子で言うところの、SPで4Lz-3Tを跳んだ(国内大会で)ボーヤン・ジン選手のそれに匹敵するくらいです。

しかも、冷静に考えてみますと、3A、3F-3Lo、3Lzという構成は、シニア男子の構成として見ても何ら違和感の無い構成です。例えば、僕の大好きな選手の1人であるジェイソン・ブラウン選手も、今季のSPのジャンプ構成は3A、3F-3T、3Lzです。いやはや、これはスーパーガールとしか言いようがありません。

 

かつて、プルシェンコ選手が浅田真央選手に対して、「マオは男子の中でも戦えるよ!」というコメントを残されましたが、それはこういうことだったんですね・・・・・・。

まだ試合でこの構成を滑り切ったというわけではないですが、ルッツのエッジをあそこまで修正し、そして3Aも絶好調だった頃並に戻すことができ、この構成をモノにすることが全くの夢物語では無いと思わせている時点で、凄すぎます。

 

■2015.11.05 追記

3Aもクリーンに降りることができているようです↑↑素晴らしい!

 

最後に、浅田選手の中国杯は明日始まります。

大会が始まる前の今でさえドキドキがとまりませんが、過去記事にも書きました通り、今回はライストもありますので、是非とも一緒に浅田選手を応援しましょう!!

 

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, 浅田真央

たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。