今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

浅田真央選手 中国杯2015のSPに対する海外の反応! 【公式戦復帰後の3Aは見事に成功!! 今季の公式戦における世界初の成功者に。】

   

 

SnapCrab_NoName_2015-11-7_2-8-23_No-00-compressor

 

浅田選手の取り組むSPは、誰もが認める超絶難度を誇るプログラムです。そう、まさに巨大な怪物のような構成なのですが、ひょっとすると、浅田選手にはそれをひょいと超え得るほどの信じられない実力と今後のポテンシャルがあるのかもしれません。

公式戦としては初めて披露した『素敵なあなた』は、あともう数歩で完成というレベルの完成度であり、得点も大台の70点台を超え首位に立っているという状況ですが、やはり海外フォーラムでも浅田選手のこの演技に対して多くの意見や感想が投稿されていましたので、今回はそちらをご紹介させていだきます。

 

 

 

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

 

 

M A O~

マオ~!!!

 

■Love the transitions and the step sequence! 4 triples!!!

繋ぎの工夫とステップシークエンスは素敵だったわ。素晴らしい4トリプルでした!

 

■What a fun fantastic program from Mao. I thoroughly enjoyed that.

なんて楽しくて、素敵なプログラムなんでしょう。

私はどっっぷりと、楽しませてもらいましたよ。

 

■Mao is just… I don’t have words

マオは本当に・・・・・ダメだ、凄すぎて言葉が出ないわ。

 

■I CANNOT STOP SMILING!!! Mao is my everything!!! I just loved that, I could almost cry

自分の顔のニヤケがとまらないよ!!!マオは私の全てです!!! 涙がほとんど出かかっていました。

 

■My first time watching the ladies, and first time watching Mao, and… wow

(今大会の)女子SPで見た最初の演技はマオだったのですが、そしたらこの素晴らしい演技ですよ・・・!!!

 

■Wow!! Amazing skate by Mao!! She’s phenomenal – in all aspects of her skating. She is definitely the class of the field.

おお!!!マオの演技は素晴らしかった!

彼女は全ての面において驚異的。間違いなく女子シングルの中で最上級の選手です

 

■Mao ASADA 37.08(TES) + 34.65(PCS) = 71.73

SnapCrab_NoName_2015-11-7_0-28-42_No-00

技術点:37.08 演技構成点:34.65
SP合計:71.73(首位)

 

■*Grabs giant megaphone*

UNDERSCORED

(巨大なメガフォンを携えて)

点数!低いよ!!

 

■Yeah, she probably got an edge call and possibly an underrotation. I was expecting a 73 though…

うん、彼女は多分、一つのエッジエラーと一つのアンダーローテーションをコールされたんだろう。それでも、私は73点だと予想していたけどね・・・・。

 

■Yeah, she got slaughtered on the TES… she needs something to be able to improve throughout the season though, so it doesn’t matter to me.

技術点が結構削られちゃったね・・・・。

シーズン通して改善するには何かが必要なんだろうけど、まぁでも、それは問題ではないよ。うん。

 

■who cares about the score! Mao is back big time, and her scores will only get better as the season goes on!

得点のことなんて誰が気にするんだ!

マオはトップクラスに戻っているし、あとは彼女の得点がシーズンを経るにつれてより良くなっていくだけさ。

 

 

す、凄すぎる・・・・。凄すぎて言葉が出ません・・・・!!!

昨日の記事の通り、浅田選手のSPのジャンプ構成は3A、3F-3Lo、3Lzという完全に男子シニア並の超絶難度の構成であり、これをモノにすれば、間違いなく自身の持つ世界記録を更新することができるプログラムなのですが、まさか中国杯の段階でここまでの演技が披露されるとは思いませんでした。

 

冒頭の3Aは上半身がやや屈み気味でしたが、疑いようもなく回転数を満たし、着氷。これは浅田選手にとっての復帰後初の公式戦での3Aの成功であり、もっと言えば、今季世界で唯一の成功になります。

続く3F-3Loはセカンドの3Loでアンロテをコールされていますが、両足着氷やステップアウト、そしてお手つきなどは一切なく、流れは素晴らしかったですので、GOEでの減点は-0.50に収まっていますので、これは大きな問題ではありません。

また、最後のルッツは「e:重度なエラー」がついてしまったのが少し悔しいところですが、このジャンプも回転や流れは申し分なく、「!」ではなく「e」であるにもかかわらず、9人のジャッジ中6人が-1の評価で収まっていますので、これも大きな得点の損失には繋がっていないです・・・!!

 

その他のエレメンツについては、最後のコンビネーションスピンがレベル3になっていますが、それ意外は文句の付け所がありません。特にステップシークエンスでは、非常に複雑かつレベルの落としやすいステップやターンの連続を曲の表現の一部として融け込ませており、本当に見ていて惚れ惚れするようなステップだったと思います。

プロトコルの方でも、MAXの加点+2.10点に迫る+1.80点の評価を得ていますが、現在の女子シングルの選手でレベル4を獲得した上でここまでの加点を得ることができる選手は本当に極少数ですね。

 

そして最終的な結果は71.73。

完全完璧な演技で、世界記録!!とまではいきませんでしたが、復帰明けの選手としては十分過ぎる、というかあり得ないと言っても過言では無いほどの素晴らしい得点です。

これからシーズンを経て行く段階で、Lzのエッジ矯正の徹底や、各種ジャンプのアンロテ回避の練習をなどをしていき、徐々に徐々に完成に近づけていくのだと思われますが、今日の演技を見ていますと、もしかしたら世界選手権の頃には究極の完成形を披露できているんではないかと想像できてしまうのがある意味恐ろしいですよね‥‥‥‥!!!

SnapCrab_NoName_2015-11-7_2-9-52_No-00-compressor

残りのFSは本日ありますが、そこでももう一度、SPの時のような笑顔が見れることを心から願っています。

 

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, 浅田真央

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。