今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

噂の新大会、チームチャレンジカップ2016の大会形式に関する最新の情報 【ジャパンオープンの全種目版!?】

      2016/03/09

 

SnapCrab_NoName_2015-11-19_5-31-58_No-00-compressor

 

Team Challenge Cup(チームチャレンジカップ)に関しましては、北米・欧州・アジアの3地域がそれぞれ14人で構成されるチームで、団体戦形式で争うという新形式の大会が来年の4月に開催されるということで過去にもいくつかの記事を投稿してきました。

ISU公式の新大会、「Figure Skating Challenge Cup」が最高に盛り上がりそうな件について!【殿下と羽生選手が同チームになる可能性も】

噂のチームチャレンジカップ2016の最新情報! 「チーム・キャプテン」の存在や、選手の選考における人気投票についてまとめてみました。

これらの記事を作成した段階では大会形式の詳細情報は分かっていなかったのですが、数日前に公式サイトにて大会形式に関する新たな情報が更新されていましたので、今回はそれについてまとめていきたいと思います。

 

チームチャレンジカップ2016の大会形式とは?

 

公式サイトのこちらのページに書かれている文章を訳していきます↓↓

Day1: Friday, April 22
Singles Short Program

Friday evening’s Singles Short Program will feature head-to-head competition. The team earning the most combined points (based on placement) will be crowned the Singles Short Program champion. Additionally, the woman and man earning the highest total score will be recognized. Results from the Singles Short Program will not carry into Saturday’s competition.

大会一日目:4月22日金曜日

男女シングルのショートプログラム

金曜日の夕方に開催される男女シングルのショートプログラムは熾烈な競争が特徴となります。順位に基づいて付与されるポイントを最も稼いだチームがシングルショートプログラムにおける優勝チームとなり、さらに、そこで最も高いスコアを獲得した男女の選手は表彰されることになっています。

また、ここ(シングルショートプログラム)における結果は明日の競技には影響しません。

 

Day 2: Saturday, April 23 (afternoon)
Team Free Skate (pairs and ice dance)
Saturday afternoon’s Team Free Skate will feature pairs and ice dance teams competing in an aggregate scoring format. Two pairs and ice dance teams from each continent will perform their free skates/dances, with the highest scores in each discipline being added together for a total team score that will carry into the evening’s Singles Free Skate competition. Additionally, the pairs and ice dance teams earning the highest IJS score will be recognized.

大会二日目:4月23日土曜日(午後)

チームフリースケート(ペアとアイスダンス)

土曜午後のチームフリースケートは、ペアとアイスダンスの競争が特徴です。各大陸のチームのそれぞれ2組のペアとアイスダンスの選手達(合計4組)はフリーの演技を披露し、各種目の最も高いスコアを足した結果が、晩に行われる男女シングルのフリースケートに持ち越されます。

また、ペアとアイスダンスで最も高いスコアを獲得した組の選手は表彰されることになっています。

 

Day 2: Saturday, April 23 (evening)
Singles Free Skate
Saturday evening’s Singles Free Skate event will feature ladies and men competing in an aggregate scoring format. The singles athletes from each team will perform their free skates, with the two highest scores in each discipline being added to the Team Free Skate score carrying over from the afternoon session. The team with the highest aggregate score will be crowned the 2016 Team Challenge Cup Champion!

大会二日目:4月23日土曜日(晩)

シングルフリースケート(男女シングル)

土曜の晩のシングルフリースケートは男女シングルの競争が特徴です。各チームのシングルスケーターはフリーの演技を披露し、各種目の上位2人の得点を、午後のペアとアイスダンスで得た得点と合算します。この合計得点が最も高いチームがチームチャレンジカップ2016の優勝チームとなります。

 

Day 3: Sunday, April 24
Exhibition

The exhibition will feature 24 performances from Team Challenge Cup competitors and invited guests. The exhibition will allow the skaters to perform in a relaxed show-style environment.

大会三日目:4月24日日曜日

エキシビション

エキシビションには、チームチャンレジカップの参加者とゲストの合計24名が出演されることになっており、ここでは、スケーター達はリラックスしたショーの雰囲気で演技をすることができます。

 

ジャパンオープンの全種目版!?

 

というわけで、どうやらチームチャレンジカップでは、ショートの結果とフリーの結果が独立しており、大会の優勝チームは各種目のフリーの演技の結果によってきまるということが明らかになりました。

一発勝負にすることによって逆転が起こりやすくすることを狙っているのか、あるいは元々ショートしか予定されていないペアやアイスダンスとの区別を無くすためなのかどうかはわかりませんが、この形式を改めて眺めてみますと、【ジャパンオープンの全種目版】と言えるでしょう。(また、チームに招待される選手はその時の世界ランクが基準になっていますので、ジャパンオープンよりもハイレベルと言えます。)

 

この大会は丁度国別対抗戦と同じような時期で(国別は2年おきで、今季はありません)つまり世界選手権の後ですのでまだまだ先ですが、公式サイトからにじみ出るイベンター側の本気度から僕は割と楽しみにしています。

アジアチームのキャプテンと、出場する選手はまだ決まっていませんが(出場する選手は世界選手権後)これからも何らかの情報を発見し次第、記事を投稿していこうと思いますのでよろしくお願い致します!

 

 

 - ◯その他フィギュア関連ニュース, ◯フィギュアスケート

たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。