今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】デニス・テン選手、ゴールデンスピン2015で復活のSPを披露! 今季最高の94.03点を獲得。

   

 

SnapCrab_NoName_2015-12-5_0-23-23_No-00-compressor

 

デニス・テン選手と言えば、調子が出るまでに少し時間がかかる傾向にある選手(その多くの場合はシーズン序盤の怪我が原因)として知られており、今季のGPも昨季と同様にファイナル進出を果たすことができませんでしたが、しかしながら昨季にそれ以降の大会で素晴らしい快進撃を見せたように、今季も遂にその兆候が訪れたのかもしれません。

チャレンジャーシリーズの内の一つの大会であるGolden Spin 2015(ゴールデンスピン)に参加したテン選手ですが、GP明けに見せたSP『ミサ・タンゴ』では、怪我の影響は関係無いと言わんばかりに4T-3T、3A、3Lzの全てのジャンプをクリーンに決め、壮大なステップシークエンスで纏め上げた演技には、海外フォーラムでも様々なコメントが寄せられていましたので、今回はそれらをご紹介させていただきます。

 

 

✔海外の反応

 

※今回はこちらに投稿されているコメントを海外の反応としています。

 

 

Finally scores are up: 94.03 for Denis!!

(いろいろあったけど)結局スコアは上がったね。94.03点!!!!!

SnapCrab_NoName_2015-12-4_23-12-9_No-00-compressor

 

A really high score. It’ll be interesting to see how Denis will fare with Shoma, Patrick, Yuzuru, and Jin at worlds. I hope he continue his streak of medaling at major events.

凄い高得点だ。ショウマやパトリック、そしてユヅルやジン達と世界選手権でどうなるかがとても楽しみです。彼にはメジャーな大会ではメダルを獲り続けてほしいですね。

 

It is very high. I’m a bit about his PCS though; only 41.85.

うん、いい得点だ。でも、演技構成点についてはちょっと「?」だなぁ。たった41.85か。

Your comment made me look up the results page and I just saw that he got mostly low 8 and mid 8’s for his components At least his TES is really good.

あなたの投稿を見て結果を見てみたけど、彼の演技構成点はだいたいが8点台前半~8点台後半だね。なんでだろう?
まぁでも、少なくとも技術点は本当に素晴らしいさ。

 

Nice from Denis…I still can’t make any comments on how I liked it because the video was so choppy it disturbed the flow of the skate. But all the jumps looked great! Woohoo!

素晴らしいよ、デニス・・・・。映像が途切れ途切れだったから自分がどのくらいこの演技が好きかということについてはまだコメントできないけど、ジャンプは全て素晴らしかった!

 

The camera work in these competition usually isn’t the best but the fact that he makes everything look flawless even under crappy technology is really a testament of his talent.

チャレンジシリーズの大会のカメラワークは概してベストではないけど、その状況下でも全てに欠点が無いように見せているという事実は彼の素晴らしい才能の証だ思う。

 

Fortunately, Denis is an incredible skater and will be fine until he meets Pat, Jav, and Hanyu. Hoping he has a great Long Program.

幸いにも、デニスは信じられないほどの力を持ったスケーターです。パトリックやハビエル、そしてハニュウ達に会う頃には調子が良くなっていることでしょう。FSも素晴らしい演技が披露できることを祈ります。

 

I am proud of Denis, who doesn’t want to use music as a backdrop, but pick the inspiring piece of music to elevate his artistry and his skating together. Downside though is the music is too grand that his skating can be a backdrop, if not done correctly.

私はデニスを誇りに思います。彼はプログラムに使用している音楽をただの「背景」として扱うことはせず、彼の芸術性やスケーティングに刺激を与えるような音楽的作品を用い、その能力を向上させています。

が、しかしこの音楽は非常に壮大であるため、もし正しく演技を披露することができなければ彼のスケーティングが(音楽に負けて)背景になってしまう可能性もあるでしょう。

 

 

■管理人の感想です。

 

シーズン序盤では怪我の影響でオータムクラシック2015への出場権を棄権していたこと、そしてその後のGPの結果が振るわなかったことからその怪我の深刻さについて少し心配になっていましたが、今回のゴールデンスピンのSPではそういった不安を払拭させるような素晴らしい演技を見せてくれました。

冒頭の4T-3T、そして3Aはいずれも+2.00点以上の加点を得ています。今回のテン選手の場合、ジャンプの入りに複雑なターンやステップを入れているというよりも、ジャンプの前後の流れを殺さないことにフォーカスして加点を得ているのだと思いますが、テン選手のようにプログラムを一繋がりの作品として見せたい場合には、この「流れを殺さない」という能力はもの凄く重要になってきますので、とても効果的だと思います。

勿論今回素晴らしかったのはジャンプだけでなく、ステップも素晴らしかったです。海外のスケートファンの方の中には音楽負けをする可能性があるという意見もありましたが、僕としましてはテン選手は例えジャンプが不調な時でもスケールの大きい曲調に負けないくらいの身体的、感情的な表現ができていると思いますので、ここは大した問題点では無いかな?と思っています。カメラワークの悪さも多少影響しているでしょうし(笑)

また、演技構成点があんまり出ていないというのもありましたが、確かに全体的にほんのちょっとだけ低めな気もしますが、トランジション(8.10)についてはこんなもんかなと思っています。

それは勿論、テン選手の繋ぎのレベルが下がったのだと言いたいわけではなく、ただ単に怪我明けの調整のために繋ぎを省いているだけ(繋ぎなどの細かい部分は、コンディションによって省いたり増やしたりすることはよくあります。)だと思いますので、四大陸の頃にはきっともう少し繋ぎを盛り込んだプログラムになっているでしょう。ここはテン選手のペースを尊重すべきですね。

 

というわけでテン選手、ようやく暗いトンネルから抜けることができたということで自信も付いてきたことでしょう。まだFSが終わっていませんので気の抜けない所ではありますが、このFSをもクリーンに滑ることができればその自信は確信に変わるはずですので、そこでも素晴らしい演技を披露できるようにと願っています。

 

※ここでゴールデンスピンのライストを皆様に紹介したかったところですが、いくら探しても有料のものしかありませんでしたので今回はご勘弁ください汗

 

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, デニス・テン

たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。