今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】 トゥクタミシェワ選手、今季初めて2本の3Aを降りる。 【大会合計も200点オーバー、圧巻の修正力に脱帽】

   

 

SnapCrab_NoName_2015-12-6_22-43-2_No-00-compressor

 

SPの不調が響きGPF進出を逃してしまったトゥクタミシェワ選手。想定外の事態にはきっと動揺が隠せなかったと思われますが、そこで落ち込んでしまうのではなく、次の大会のために調整してくるのが女王たる所以です。

来るロシア選手権のために参加したCSゴールデンスピン2015でしたが、早々にトゥクタミシェワ選手は今季初の全二本のトリプルアクセルを降りることに成功しました。合計も200点の大台を超え、圧巻の修正力と強さを見せてくれた彼女でしたが、海外フォーラムではこれらの演技に対して様々なコメントが投稿されていますので、今回はそれらをご紹介させていただきたいと思います。

 

✔海外の反応

 

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

 

■SP『ボレロ』

SnapCrab_NoName_2015-12-6_22-43-58_No-00-compressor

技術点:36.40 演技構成点:33.08
合計:69.48(首位)

 

I had already predicted that she would have skated greatly ! So happy to see her old costume back

凄い演技を見せてくれるだろうと思っていたよ!!昔のコスチュームも見れてとても嬉しいよ。(SPは今季の『カルミナ・ブラーナ』から昨季の『ボレロ』に変更されました。)

 

Alright, I’ve watched it and double checked the 3A in slo-mo. Definitely her best attempt at it this season. It seems she might have been having problems timing her jumps with Carmina Burana. It’s much easier with Bolero of course given the beat and tempo.

3Aはスローモーションで2回チェックしましたが、間違いなく今季最高の試みだったと思います。もしかしたら、彼女は『カルミナ・ブラーナ』ではジャンプのタイミングが合っていなかったのかもしれません。やっぱりテンポのある『ボレロ』の方がやりやすいでしょう。

That’s interesting what you say – that the timing didn’t work for her as well in Carmina. Well, this was a step forward for her overall, and her best SP yet this season, so it seems their choice to go back to Bolero is working out. Even if I am sad to see (the potential of) Carmina go, I’m glad about that.

カルミナではタイミングが合わなかったという意見は興味深いね。今季はまだ最高の演技ができていなかったから、ボレロに戻したことの効果は出ているようだ。カルミナを見れなくなるが悲しかったとしても、上手くいっていることは嬉しいよ。

I do hope it was a timing and not a psychological issue. Though it’s great if going back to this program has solved a psychological issue, the fact is that she is going to have to skate some program that is not Bolero in the future.

Looking forward to the LP!

タイミングが問題なのであって、精神的な問題ではないことを願っています。もし『ボレロ』に戻すことで精神的な問題が解決されたのならそれはとても素晴らしいことだと思うけど、でも将来的にはボレロ以外のプログラムを滑らないといけないということも事実。

フリーの演技、楽しみにしています!!

 

I have to say I am so happy to see the old dress.

これは言っとかないとね。昔の衣装を見れてとても嬉しいよ。

 

 

■FS『ペール・ギュント』

※FSのプロトコルは何故かまだ公開されていないようです。

技術点:66.01 演技構成点:65.84
合計:131.85
大会合計:201.33(優勝)

The most confident, complete performance of this FS since Japan.

Oh, and she landed her first clean 3A (ignoring the little trip way after the landing).

JO以来の最も自信に満ちた、ミスの無い演技だったと思う。

着氷後のちょっとした乱れは置いておいて、今季初めてのクリーンな3Aです。

 

Yay, Liza! I think this is the best she’s performed the program – still room for considerable improvement, of course, but she’s definitely heading in the right direction, and that’s encouraging to see.

リーザ、やったね!

このプログラムでは一番良い演技だったんじゃないかな。(もちろん、多くの改善の余地があることも確かです。しかし、彼女は間違いなく正しい方向へと向かっていますし、これはとても励みになります。)

 

Her 3A is getting more stable now I think. Hopefully she will get more clean 3A in this season. Especially at National she should land them all. 3A is her biggest weapon to get onto WC team.
However the music cuts still put me off whenever I hear Netrebko’s voice in the background.

彼女の3Aは徐々に安定してきていると思う。願わくば、今シーズンではもっとクリーンな3Aを降りれるようになってほしい。特に、ロシア選手権では全部の3Aを降りないとね。世界選手権の派遣選手の選考では、彼女のもっとも大きな武器は3Aなのだから。

しかしながら、ネトレプコが歌っている時の曲の編集はあまり好きにはなれないなぁ。

 

She’s not at GPF so that’s a big minus. That’s why she needs to consistently lands her 3A because it means she has high scoring potential than the rest of Russian girls.

GPFに進出できていないことは(世界選手権のチーム選考において)大きなマイナスです。彼女がコンスタントに3Aを降りる必要があるのは、それが他のロシアンガールズよりも潜在的に高い得点を獲得することができるということを示すことになるからなのです。

 

I know it is not to everyone’s taste, but I LOVE her new LP this season.

このプログラムが皆の趣味趣向に合っているというわけではないことは知っているよ。でも、私は今季のこの新しいプログラムは大好きさ。

 

Glad to see her gaining momentum!

リーザに勢いがついているというのはとても嬉しいわ。

Same. Definitely, It would be hard to imagine that she could sustain the incredible pace of competitions and success that she had during her post-Olympic year comeback. I can see her timing being just about right for Russian nationals and the second half of the season

全く同意見だね。

五輪前から復帰した時(昨季)のような信じられないペースで大会に参加し、そして勝利を維持するというのはさすがに難しいこと。彼女のタイミングは、ロシア選手権やシーズンの後半が頃合いだよ!!

 

 

■管理人の感想です。

 

映像の通り、完全無欠な3Aとまではいきませんでしたが、トゥクタミシェワ選手は今季の中では最も完璧に近い3Aを二本も降りるというところまで調子を戻してきました。

2本ともオーバーターン気味ですが(特にSP)ジャンプのミスの深刻度としては、転倒>タッチダウン(お手つき)>ステップアウト>オーバーターンであり、特に大したミスではありませんので、良い方向に向かっているということは間違いありません。これだけ早い段階で、世界で数人の選手しか成功させていないジャンプの成功率を上げてきているというのは本当に素晴らしいことだと思いますね。

 

ところで、トゥクタミシェワ選手はミーシンコーチとの話し合いの末にSPを『ボレロ』に変更したということですが、海外のファンの方のコメントの通り、多少なりとも効果はあったのではないかと思います。

『ボレロ』はトゥクタミシェワ選手にとっての復活の象徴のようなものですし、また初めてトリプルアクセルを降りたのはこのプログラムですから、この演技をすることによって当時の勢いや3Aのタイミングを取り戻すきっかけになったのではないでしょうか。

いつかは別のプログラムでも完璧な演技を滑らなくてはならなくなりますが、しかし途中でプログラムを変えてはならないというルールはありませんので、これを皮切りとして来るロシア選手権やその後の欧州選手権、そして世界選手権の舞台でピークを合わせることができるようにと祈っています・・・・!!!

(『ボレロ』への変更は一時的なものなのかどうかはわかっていません。誰かそのあたりのことをご存知の方がおられましたが、コメントしていただければ幸いです^^)

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ブログランキングの応援クリックをしていただけましたら、幸いです↓↓

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, エリザヴェータ・トゥクタミシェワ

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。