今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】「次に300点を超える選手は・・・・・誰?」

   

スクリーンショット 2015-12-18 15.18.44 15.21.29

NHK杯で羽生結弦選手が世界に先駆けて300点を突破し、GPFでは遂に330点台に到達しました。

これはあまりに圧倒的な得点であり、この点数の前後で複数の選手がしのぎを削り合うなんていう状況が今後生まれるのかとも考えてしまいますが、しかしフィギュアスケートの歴史を顧みてみると、いずれは羽生選手以外にも300点を超える選手が現れ、フィギュアスケートの世界が、また更に新たな時代に突入するという可能性はあります。

そうなってきますと気になるのが「では、次はどのスケーターなのか」ということです。いつも利用している海外フォーラムでこの話題に関するスレッドが立てられていましたので、今回はその様子をご紹介させていただこうと思います。

 

✔海外の反応

 

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

 

Since javier just became the second man broke 200 in fp, Who would be the second man break 300 total?

Personally, I really wanna say Chan, but clearly not possible with 1 quad and 1 3a in fp. And I think javier could get very close (and he already did) but due to his inconsistency, he doesn’t seem possible to break 300 neither.
I would say both shoma and boyang are very possible to break 300 in the future, but it’s gonna take some time.

ハビエルがフリーで200点を超えた二人目のスケーターになったけど、合計300点を超える二人目のスケーターって誰だろう?

個人的にはチャンだと言いたいけど、でもフリーで4Tと3A一本ずつじゃあ無理ってのは明らかだよね。ハビエルはそれに近づくことはできると思うけど、でも彼には安定感に欠けるから、300点を超えるのは難しいと思う。

ということで、私としてはショウマとボーヤンにその可能性があると思うんだけど、でもそれにはいくらか時間がかかるよね。

 

I’m not sure if Chan even can, his technical elements are pretty lacking. Even if he skates clean, he’d need some massive GOE assistance. Fernandez certainly can if he skates both of his programs cleanly with decent GOE.(続く)

チャンができるかどうかはわからないけど、彼にはジャンプの要素が大きく不足しているよ。仮にクリーンな演技ができたとしても、巨大な加点を得る必要があるだろう。

フェルナンデスに関しては、二つのプログラムをクリーンに滑り切り、それ相応の加点があれば300点は超えるんじゃないかな。

(続き)If neither achieve it soon, Shoma Uno just might be next. Jin’s PCS IMO won’t be improving fast enough for 300 to be possible for him for a couple more years.

この二人でなければ、次点はショウマかも。自分の意見としては、ジンのPCSは、あと2年は300点超えをするのに十分なレベルにはならないと思う。

 

I think Fernandez could do it with 2 really clean skates.

フェルナンデスなら二つのクリーンな演技を揃えることができるって信じているよ。

 

This season: Javi

In later seasons: Uno, Jin, maybe Chan (with 2 quads and 2 3a in FS)

I wouldn’t be surprised if Chan starts trying two 4t and two 3a in his FS soon. I think he’s going to need that kind of technical content in his FS to have a shot at getting on the podium at the Olympics.(続く)

今季なら:ハビエル

それ以降なら:ウノ、ジン、ワンチャンでチャン(FSで2本の4回転と2本の3Aを装備しているという前提)

もしチャンがFSで二本の4Tと二本の3Aという構成にしたとしても驚かないよね。彼が五輪で表彰台に上がるには、FSでこれくらいの構成は必要だと思う。

(続き)Besides Hanyu, Javi and Uno are already getting lots of PCS in the 9s, and Jin’s insane tech content combined with his PCS which continue to improve are also a threat.

それに、ハニュウ、ハビエル、そしてウノはもう既に演技構成点の多くの項目で9点台をマークしているし、強烈な義技術と改善し続けるPCSを持つジンも脅威だね。

 

I think Boyang can, not this season or next season, but in the future. He is on the right track developing his artistry and, obviously, has the technical goods.

今季や来季では無いが、いつかボーヤンがやると思う。彼の芸術性の開発は正しい方向に進んでいるし、明らかな技術の才能を持っている。

 

My vote though would probably be somebody like Boyang – his technical difficulty is ridiculous, and once his PCS starts rising, he should be able to crack 300 in theory.

僕が一票を入れるとすれば、ボーヤンのようなスケーターかもしれない。彼のプログラムの技術的な難易度は本当にぶっ飛んでるし、一度PCSが上がり始めれば、計算上は彼は300点を破ることができるだろうね。

 

Uno and Ten are wonderful skaters, but they’re not the level of Chan where they could break 300 with only one type of quad.

ウノやテンは素晴らしいスケーターですが、(現時点では)チャンのように1種類の4回転で300点を超えることのできるレベルにはいないと思う。(彼らが300点を超えるには2種類以上の4回転が必要だ。)

 

Nathan Chen is also an interesting prospect but we have to see how he grows artistically. Same with Pitkeev and Nam.

ネイサン・チェンも前途有望だけど、彼の芸術性がどのように成長していくのかということを見ないとね。これについてはナムやピトキーエフについても同じことが言えると思う。

 

if Chan skates totally foot perfect, he can just touch 300. If Fernandez add 2nd quad to SP and skates both program cleanly then too. But my bet would maybe on Uno in future if he will add another type of quad or Boyang

もしチャンが完璧にできれば300点に匹敵すると思う。また、もしフェルナンデスがSPで2本目の4回転を加え、両方のプログラムでクリーンな演技を披露することができれば、同様に超えることができると思う。

でも私が(”次に”300点を超える選手として)投票するのは、もし別の種類の4回転を装備することができればウノ、あるいはボーヤンかな。

 

We don´t even know what will be next week… Maybe Javier will be injured next year, Shoma maybe will have only one good season and then disappear, Boyang, well, he could destroy his knees with all this crazy attempts and his career could be over before 2022. Maybe the rules will change again, ect. ect. Just saying

 

私達には来週どうなっているのかさえ分かりません。

もしかしたらハビエルは来年怪我しているかもしれませんし、もしかしたらショウマは一年目だけ良いシーズンを過ごして消えてしまうかもしれませんし、ボーヤンも狂気的な試みの代償として膝を壊して2022年までに引退してしまうかもしれません。その他にもルールが変わる可能性だってあります。

何とも言えませんよ┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

 

■管理人の感想です。

 

海外フォーラムの投稿をざっと見てみたところ、以下の選手を次の候補としてあげている方がとても多かったように感じます。

・ハビエル・フェルナンデス選手
・パトリック・チャン選手
・宇野昌磨選手
・ボーヤン・ジン選手

また、その中でも(近いうちに300点を突破することが予想される選手として)最もその可能性があるのはハビエル選手だとする意見が目立っていました。

これには僕も同じ意見ですね。まずハビエル選手は既にフリーで200点を突破していますし、SPもプロトコルを見る限り現在の構成でも100点超えは可能ですので、海外のスケートファンの方々が指摘しています通り、2つのクリーンな演技が揃えることができれば(これが一番難しいことではありますが)300は「直ちに」超えるでしょう。

 

一方でハビエル選手以外の選手が300点を超えるには、今以上の構成を組んだり、あるいは今のプログラムの完成度を上げる必要があると思います。

まずパトリック選手については、みなさんご存知の通りPCSと加点力については最強レベルですが4回転二本、3A一本の構成ですので、ジャンプだけでなくスピン、ステップにわたって、本当にクリーンな演技をして初めて技術点100点を突破することができるという感じです。パトリック選手にとっては3A二本はギャンブル過ぎますので、4回転の種類を増やしたり、後半に跳ぶジャンプの数を増やすなどプログラムの改変が必要だと感じます。

次に宇野選手についてですが、まずこの歳で「300点超え候補リスト」に選ばれているという時点で驚異的ですが、やはりGPFでのほぼ完璧な演技でフリーが190.32点だったということや、構成や現在のおおまかなPCSから予想される得点を考えますと、合計300点を「今季に」超えるというのは難しいでしょう。

しかし彼はまだ非常に若く、異なる4回転にも十分にチャレンジできますし、PCSも上昇していくことが予想されますので、もし途中に大きな怪我やスランプがなければ明るい未来が待っているというのは間違いないと確信しています。
さて、最後にボーヤン選手についてですが、彼はジャンプの面であまりにも規格外過ぎて逆に予想が難しいですね。ご存知の方はご存知だと思いますが、彼は初出場したGPFのフリーの演技で、マイナス加点の評価になっている要素が4つもありながらも、なんと技術点が101.86点をマークしており、しかもこれは基礎点の102.49よりも若干低い点数(つまり、ほぼ基礎点分だけの点数で100点を超えている)なんですよね。

冒頭のクアドルッツに後半4回転二本、恐るべし・・・。ってなりますよね。僕は何かの見間違いかと思いましたよ笑

ということで、これだけを見ればボーヤン選手が一番可能性高いんじゃない?となりそうですが、しかしボーヤン選手はこのフリーで全ての4回転をクリーンに降りることができていませんので、これは今後の成長に大きく左右されるでしょう。

また、技術点が高い反面、得点を上げるのに時間がかかるとされている演技構成点は高くない(シニア1年目ならば本来これが普通なのですが・・・)ので、いずれの面でももうちょっと時間がかかるということは間違いなさそうです。

 

 

ということで、ここまで自分の意見を書いてきましたが、なんというか凄い時代になってきましたね。まず「次に300点超えるの誰だと思う?」みたいな話題が平然と議論されているのがもはやコント状態だと言っても過言ではないと思います笑

でも、もちろんこの風潮は嫌ではありません。勿論、過度な競争による弊害もあるとは思いますが、しかし多くの選手が次なるレベルに進むために技を磨いているというのは見ていて嬉しくなりますし、刺激があります。

フィギュアスケートがどんどんワクワクさせてくれるものになっているのは、間違いなく彼らの影響は大きいと思いますので、本当に感謝しかない、そんな気持ちですね。

 

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, パトリック・チャン, ハビエル・フェルナンデス, ボーヤン・ジン, 宇野昌磨

たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。