今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】グレイシー・ゴールド選手 待望のノーミス演技で、全米選手権は劇的な逆転優勝!

   

 

SnapCrab_NoName_2016-1-24_22-6-37_No-00-compressor

 

全米選手権女子SPでは1位のポリーナ・エドモンズ選手ただ一人が70点台をマークし、2位のゴールド選手は約8点の差の追いかける形でフリーの「最終滑走者」として演技に挑むことになりましたが、見事劇的な大逆転勝利を果たし、2度目の全米選手権女王に輝きました。

 

これまでプレッシャーに弱いと言われていたゴールド選手でしたが、最もプレッシャーのかかる状況で最高の演技を披露したということで、海外フォーラムにも大量のコメントが届いていますので、今回はその様子をご紹介させていただきます!

 

 

✔海外の反応

 

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

 

Gracie, I only ask one thing. Do not bomb!

グレイシー、ひとつだけ頼みがある。どうか、自爆はしないでくれ!

 

come on GRACIE!!!!!!!

頼んだよ、グレイシー!!!

 

Gracie, you. Can. Do. This.

いいわね、グレイシー。あなたなら、絶対できるわ。

 

 

Oh, YES!!!!!! Amazing. So relieved for her. Doesn’t matter if she wins, on to world. Yay, Gracie.

凄い!アメイジングな演技だ。

安心したよ。彼女が優勝できるかどうかはもはや問題じゃない。

 

Wow, a clean skate from Gold? But is it enough to leap ahead of Polina?

FS: 76.12+71.84 = 147.96, 210.46, 1/22

(スコアが表示される前)

わぁお、ゴールドがノーミス?でも、ポリーナを抜けるかどうかはわからないね

(スコアが表示された後)

技術点:76.12 演技構成点:71.84 FS合計:147.96
大会合計:210.46(優勝)

gold_protocol-compressor

SnapCrab_NoName_2016-1-24_22-7-31_No-00-compressor[1]

 

loss for words. what a comeback!!!

な、なんと言っていいのやら・・・・・。

これは凄い復活だよ!!!!

 

Why can’t she skate like this all the time!!!

いつもこんな感じの演技ができればいいのに!!!!

 

Fancystats shows 147.96 (may still fluctuate since it’s not official).

And now it’s official. 210.46.

GRACIE IS GOLD.

テレビのライブスコアリングでは147.96点を示している(まだ公式じゃないから、変動する可能性あり)

うん、公式が来たね。210.46点だ!

グレイシーは、ゴールド(金メダル)だよ!!!

 

That was Amazing!!!!! I’m so happy for Gracie. FINALLY she had the skate she has always been able to do. Loved it, loved it. Polina was stellar. She must be a little bummed now after being soooo close. But she’s awesome.

驚くべき演技でした!!!グレイシーが最高の演技ができたということで本当に幸せです。

とうとう、彼女は持っている実力を最大限に生かした演技を披露することができました。素晴らしいです。

ポリーナの演技も傑出していた。彼女はきっと悔しい思いをしていると思いますが、素晴らしい演技を見せてくれましたよ。

 

Just her TES almost makes up for her deficit from the short. Congrats Gracie!!

TESでSPの差を埋めたね。グレイシー、おめでとう!

 

Did Gracie just…go CLEAN?!?! I…WOW!!!!! That’s how it’s done!! Good job, Gracie!!!

グレイシーが・・・・・・ノーミス?!?!

(“゚д゚)

おお!!!これは誇らしい。よくやったよ、グレイシー!

 

I can’t even believe she just did that. Flawless. lol at the commentators’ attempt to pretend that isn’t a gold medal for the benefit of the audience.

彼女がノーミスをやってのけたというのは信じられないね。本当に欠点が無かった。コメンテーターが「この金メダルは人気によるものではない」と主張していたのには泣けてくる。

 

This was the most exciting skate I’ve seen from Gracie in a while, really glad that she won

グレイシーの演技としては、ここしばらくの間で最も刺激的な演技だった。彼女が優勝してくれたことは本当に嬉しい。

 

Gold won! finally she delivered the amazing LP! 147!
BRAVO! I did not see she could deliver after Polina’s brillinat performance. But her competitive spirit finally came in!

All the ladies from 1st to 4th are awesome! So Happy for all of them. They deserve big applause.

ゴールドが優勝した!遂に、彼女は素晴らしいフリーを疲労してくれたね!

素晴らしい!ポリーナの傑出した演技のあとに、ここまでの演技を見せてくれるなんて思ってもいなかった。でも、彼女に選手魂が入り込んだ。

1位から4位の選手達は本当に素晴らしかった(1位:グレイシー、2位:ポリーナ、3位:アシュリー、4位:未来)彼女達は拍手喝采に値する演技を見せてくれたよ。

 

 

 

■管理人の感想です。

 

 

ま・・まじか!?

凄いな!!

 

僕は全米女子フリーは生中継を見ていたのですが、まさか「あの状況」でゴールド選手がノーミスの演技を見せてくれるなんて思ってもいませんでした。これは全米ナショナルにおいて歴史に残るような逆転劇だったと思います。

 

「あの状況」、とは一体どのような状況だったのでしょうか。SPはポリーナ選手唯一が70点台を獲得し(70.19点)2位のゴールド選手とは、なんと約8点もの差がついていたんです。しかも、その状況でポリーナ選手はクリーンな演技を決め、137.32という高得点をマークし、207.51点というかなりのスコアに首位に立っていたわけです。

これは相当に厳しい状況です。何故なら、ポリーナ選手に勝つには、フリーで約145点という、世界ナンバーワンクラスと言っても過言ではないスコアを獲得する必要があったのです。しかも、「最終滑走」という最もプレッシャーのかかる状況で・・・・。

 

コメンテーターとして登場していたジョニー・ウィアーさんと、タラ・リピンスキーさんも、

タラ「彼女はナーバスな選手で、プレッシャーに強くない。この状況でクリーンな演技を披露しなければならない」

ジョニ「クリーンなだけでは不十分。「完璧」な演技が必要」

という風なコメントをしており、いかに優勝が難しい状況だったかということを物語っています。ベタな物言いではありますが、流石に僕も、ポリーナが優勝かなと思っていました。

 

SnapCrab_NoName_2016-1-24_22-5-15_No-00-compressor

 

でも、彼女はやってのけたのです。

演技前半はかなりの緊張気味で、最大のエレメンツである3Lz-3Tをクリーンに決めても、無表情に近い状態でしたが、演技後半にはだんだんと表情が柔らかくなっていき、そして笑顔に。

スケートアメリカで2回転になってしまったサルコウも、しっかりと3回転で降り、あとは得意のスピンを残すだけ。まさに彼女自信が「火の鳥」になったような躍動感溢れるフィニッシュでスタンディングオベーションが巻き起こりました・・。

 

SnapCrab_NoName_2016-1-24_22-6-1_No-00-compressor

これは涙、でちゃいますよね。相当嬉しかったことだろうと思います。

 

ゴールド選手は、これまで大きな国際大会では大事な場面でのミスが目立つ選手でした。3Lz-3Tがこれほどの確率で跳べて、フリップも跳べて、2A-3Tも悠々跳べるという凄い選手なのに、なんとBIG4(五輪、世界選手権、四大陸選手権、グランプリファイナル)では全て表彰台の一步手前という順位に終わっているんです。

つまり、いままで中々自分の持つ最大限に発揮することができないでいたわけですが、もしかしたらこの経験がそんな状況を一変させる引き金になるかもしれませんね・・・。
最後に、今回の全米女子はどの選手も本当に良い演技を見せてくれました。優勝のゴールド選手に限らず、2位のポリーナ選手も、3位のワグナー選手も、4位の未来選手も、みんな良かったです。

世界選手権、誰が勝つのかなんて、ますますわからなくなってきましたね^^

 

■因みに

全米選手権2016女子シングルの最終結果はこちら↓↓

USL_Whole_ranking-compressor

画像をクリックすると、リザルトページに飛びます。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ブログランキングの応援クリックをしていただけましたら、幸いです↓↓

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, グレイシー・ゴールド

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。