今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】四大陸選手権2016の順位予想の結果は・・・!? 

      2016/02/26

 

635595183533590478-AP-SOUTH-KOREA-FOUR-CONTINENTS-FIGURE-SKATING-70798652

 

男女共に順位の予想がつかないと噂の四大陸選手権2016。特に男子シングルのメンバーは通常の世界選手権レベルと言っても過言では無いほどの豪華なメンバーが揃っており、エントリーしているトップ選手の人数だけで既に上位8位の枠を通り越すという異常事態が起こっています。

 

今回はそんな四大陸選手権2016の順位予想です。海外フォーラムではいつものように、大会の順位予想が行われていますので、そのご様子をお伝えしていこうと思います。

 

✔四大陸選手権2016の順位予想の結果は‥‥‥‥!?

 

■集計方法

今回はこちらに投稿されている順位予想において、

1位→5pt
2位→4pt
3位→3pt
4位→2pt
5位→1pt

として最新の15個分の投稿を対称に、最大75点満点で得点を集計した結果が以下の通りです↓↓

 

■男子シングル

 

1位:パトリック・チャン選手(67/75)
2位:宇野昌磨選手(58/75)
3位:デニス・テン選手(48/75)
4位:ボーヤン・ジン選手(32/75)
5位:マックス・アーロン選手(14/75)

 

というわけで、男子シングルの順位予想で一位に輝いたのはパトリック・チャン選手でした。現状では2位の宇野選手やデニス・テン選手と明確な差があるというわけではないと思いますが、やはりカナダ選手権で完璧なSPを披露し、FSでは完成まであと一步というところまで来たことが大きく評価されたんじゃないかなと思います。

 

2位は我らがチーム・ジャパンの宇野選手です。この恐ろしいメンバーの中で2位に選出されたのは大変素晴らしいですね。宇野選手はシニア1年目ではありますが、初出場となるグランプリシリーズでは銅メダルを獲得するなど、技術面・芸術面共に「最上位層のスケーター」と言うに相応しい実力を持っていますので、きっと期待に答えてくれるだろうと思いますね。

SPとFS、それぞれのクリーンな演技は既に披露することができていますが、しかし両方のプログラムを完璧に、というのは今季まだですので、それを目指して頑張ってほしいなと思います!

 

3位は前回王者のデニス・テン選手です。僕としましては、予想で1位に入ってもおかしくないかなと思っていたのですが、やはりグランプリシーズンでの不調が響いたのでしょうか。

ただ、テン選手がグランプリシリーズで調子が悪いのはいつものことで(毎シーズン、この時期に怪我をしていますね)その後どんどん調子を上げていくという感じですので、実力から考えても2連覇ということもあるかと思います。実際、グランプリシーズン後の公式大会、ゴールデン・スピンではベストに近い演技を決めています。

 

SPスコア:94.08

(フリーの音声はミュートになっています)

FSスコア:182.36

 

 

■女子シングル

 

1位:宮原知子選手(72/75)
2位:グレイシー・ゴールド選手(63/75)
3位:本郷理華選手(32/75)
4位:ポリーナ・エドモンズ選手(28/75)
5位:アレーヌ・シャルトラン選手(24/75)

 

女子シングルでの1位は宮原知子選手でした。15人中12人が「1位になる」と予想しており、圧倒的な評価を受けていまが、今季の宮原選手は試合毎に大きな成長を見せており、しかも大きなミスがほとんど無いですので、ここまで信頼を置かれるのも納得だと思います。

宮原選手は何だかんだ言って実は4大大会(五輪、世界、四大陸、GPF)での優勝経験が無く、昨年の四大陸も銀メダルでしたので、今大会で優勝を経験してまた一つステップアップしてほしいなと願っています。

 

そして2位はグレイシー・ゴールド選手です。昨年はとても悔しい結果に終わっていましたので、もしかしたらもう一つ低い順位で予想される可能性もあるなと思っていましたが、やはり全米選手権での劇的な逆転勝利がその印象を変えたのか、3位の本郷選手と30点もの差で2位につけています。

何回も言っていますが、ゴールド選手は自滅しない限り表彰台は間違いありません。その「自滅をしないこと」が大きな課題ではあるのですが、全米で彼女の中で革命が起きたことを期待していますよ!

 

3位は本郷選手でした。本郷選手は今季かなりの勢いがあり、先日の岩手国体では最高の演技を披露することができ、SP・FS合計で213.94という世界でも最高クラスの得点を記録しています。これは参考記録ではありますが、国際大会でも少なくとも自己ベストを大きく更新するスコアになっていたことでしょう。

本郷選手の場合は演技構成点の部分で上の二人にやや遅れをとっていますが、既に述べました通り良いここまで良いリズムで来ていますので、もっと良い順位でフィニッシュすることも可能でしょう。

 

 

■注目の四大陸まであと少し!

 

長らく「国際大会ロス」が続いていましたが、注目の四大陸選手権も来週にはもう開催しています。今大会もライスト情報、試合後の各選手の海外の反応の記事等、しっかりと記事を更新していきますので、これからもよろしくお願い致します!

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ブログランキングの応援クリックをしていただけましたら、幸いです↓↓

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, グレイシー・ゴールド, デニス・テン, パトリック・チャン, 宇野昌磨, 宮原知子, 本郷理華, 無良崇人

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。