今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】デニス・テン選手、四大陸選手権は欠場へ。原因は「膝の怪我」 【男女シングルの二人の前回優勝者が棄権に】

      2016/02/26

 

Y2015021402600-450-compressor

 

先日ポリーナ・エドモンズ選手が四大陸選手権を欠場するという記事を書いたばかりですが、男子シングルにおける前回大会の王者である、カザフスタン代表のデニス・テン選手も同大会を欠場することが明らかになりました。

大会開催の直前ということもあり、とても信じられないようなニュースですが、今回はその詳細情報や海外の反応などをまとめていこうと思います。

 

✔デニス・テン選手、四大陸選手権は欠場へ。

 

数時間前にtwitter上にて、衝撃的なツイートが流れてきました。

訳:四大陸選手権前回大会王者のデニス・テン選手(カザフスタン)は、怪我のために今季の同大会を棄権しています。私達は早期に快方へ向かうことを願っています。

 

本人のtwitterには何も言及が無かったため、その他の情報も探していたのですが、公式Facebookアカウントにもこの件に関する投稿がありました。

Денис Тен не выступит на Чемпионате четырёх континентов из-за травмы.

Posted by Denis Ten on 2016年2月16日

Google翻訳での訳:デニス・テンは、負傷の四大陸選手権で話すことはありませんでした。

四大陸選手に出場できなくなったことで、言葉が無いということでしょうか・・・・?

 

また、怪我の詳細につきましてはこちらの記事では「膝の怪我」と書かれています。

テン選手は今季の初戦として予定していたオータム・クラシックを「腰と股関節」の怪我によって棄権しており、またグランプリシーズンの最中にもそれは完治していなかったようですので今回の欠場の原因もそれかと思っていたのですが、どうやら別の部位を負傷してしまったようです。

 

フィギュアスケーターが最も怪我をしやすい下半身の部位は腰と股関節、そして膝です。つまり、場合によっては現在テン選手はその全ての爆弾を負っているということになるかもしれないのですが、もしそうであればしばらくの休養が必要だということは間違い無いでしょう。

非常に残念ではありますが、今は怪我を治療することに専念すべきだと思います。世界選手権ではスーパー殿下を見せてほしいと願っています。

 

■海外の反応

 

この件に関するfacebookのコメントや、twitterのツイートをまとめてみました。

 

Breaking NEWS: Denis Ten didn’t appear to check in the 4CC.  The entry is cancelled. Noooooo!!!!!

衝撃のニュース:デニス・テンは四大陸選手権のチェックインに現れなかった。エントリーはキャンセルされた模様。

なんてこった!!!!!!!!!!!

 

Get well soon, Denis!

早く良くなってほしいよ、デニス!

 

Sorry to hear that. Hope you feel better so that you can compete at Worlds.

このことを聞いて残念です。世界選手権に出場できるよう、お大事に・・・・。

 

I pray your injury will get better as soon as possible.

できる限り早くあなたの怪我が良くなることを祈っています。

 

*****

 

今季はトップ選手の怪我が多いですね。特に男子は今急激にレベルが上がっていますので、その対応のために練習量を増やし、結果として怪我をする選手が増加してしまったのかもしれないと考えています。

これからは技術を磨くことだけではなく、怪我のマネジメント能力を向上させることもさらに重要になってきそうです。試合で良い演技を披露することだけではなく、その試合への出場に漕ぎ着けることすら多くの知識と技術が必要になってきたと言えるでしょう。

 

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, デニス・テン

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。