今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

グレイシー・ゴールド選手 世界選手権2016SPの海外の反応!【最重要の舞台で決めた会心の演技。初のワールドメダルをたぐり寄せる!】

   

 

635950497357386055-AFP-550502646-80888346

 

前回の出場大会である四大陸選手権では本来の力を発揮できず、最も重要な大会を前にして不穏な空気が立ち込めたグレイシー・ゴールド選手でしたが、本番として迎えた世界選手権女子SPでは今季のエリック杯に続く会心の演技を披露し、前半戦を首位で通過しました。

海外フォーラムの世界選手権の実況スレッドではこの演技に対して多くのコメントが投稿されていますので、今回はその一部をご紹介させていただこうと思います。

 

✔グレイシー・ゴールド選手 世界選手権2016SPの海外の反応!

 

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

 

Wow, I LOVEd Gracie’s performance! I really think she should lead with this short program.

わお!グレイシーのパフォーマンスは本当に良かった!このショートプログラムなら首位に立つだろうね。

 

looking good she is on and gets the standing ovation WOW best tech so far 41.91

彼女は調子が良さそうだし、会場はスタンディングオベーション。

すごい、技術点は41.91で今のところ最高得点だ!

 

I CAN’T BELIVE I’M SAYING THIS, BUT GRACIE FOR THE WORLD TITLE o

自分がこんなことを言うなんて信じられないけど、グレイシーは世界選手権のタイトルに向かっている。

 

Wow, she actually went clean! New leader?

SP: 40.51+35.92 = 76.43 (PB), 1/37

技術点:40.51
構成点:35.92
SP合計:76.43(1位/37人、自己ベスト更新)

SnapCrab_NoName_2016-4-1_16-56-12_No-00-compressor

 

Wow what a lovely competition from all top girls

この大会のトップの女子達は、みんなが本当に素晴らしい演技を見せてくれてるね。

 

Well, finally.

最後の最後に、決めたね( ´∀`)bグッ!

 

Gracie…please…US Nationals version of the FP please….please…

グレイシー・・・・お願いだ・・・・フリーは全米の時のようなものを頼む・・・・

 

Gracie was over-scored. Her PCS shouldn’t be over Ashley’s. And the 3F should have gotten an edge call. Not a !. 

グレイシーは過度に評価されている。彼女のPCSがアシュリーのそれよりも高いはずが無い。あと、3Fも「e」の判定を受けるべきで、「!」ではない。

 

I think it’s the first time I’ve seen Gracie having fun while skating her program and actually selling it. Good skates by the last group, going to be close. 

グレイシーが楽しそうにプログラムを滑り、そして会心の演技を披露する姿を見たのは初めてだと思います。最終グループの演技は素晴らしく、接戦になるでしょう。

 

 

I have never seen Frank look SO happy with Gracie in Kiss and Cry. Nice to see

フランク(コーチ)が、キスクラでここまで嬉しそうにしているのは見たことがないですね。良い光景だと思います。

 

 

■管理人の感想です。

 

母国開催で今季は絶対にメダルを獲得したいということで、女子SPでは長洲選手(SP10位 65.74)、ワグナー選手(SP4位 73.16)と続いてスタンディングオベーションの感動的な演技を披露してくれましたが、個人的に最も心配していたグレイシー・ゴールド選手もこの二人に呼応する形で見事な演技を見せてくれました!

 

演技の内容としましては、まず冒頭の3Lz-3Tには本当にヒヤっとさせられましたね^^;

動画を注意深く見て頂けるとわかると思うのですが、ファーストジャンプの3Lzの時、グレイシー選手の腕が閉まりきっておらず、空中で若干遊んでいる状態になっていたんですよね。

このような状態ですと回転速度が落ちますので、多くの場合回転不足や転倒、soになってしまうのですが、今回は非常に高さが出ていましたので何事も無かったかのように着氷し、そしてセカンドの3Tをとても美しく降りています。

おそらく初めの空中姿勢の乱れはGOEで減点される方向で評価されていると思いますが、しかしイン・アウトの流れや高さ、エッジの倒し方などその他の要素はとても優れていましたので最終的には+1.30の加点になっているというのは頷けますね。

 

また、3Fは「!」になっていますが、流石に「e」は言い過ぎかなと思います。まぁこれは映像の角度にもよると思うのですが、完全なアウトエッジになっているわけではなく、ややアウトよりのフラットという感じですので、これは「!」で妥当です。

このように不明確なエッジで飛びますと大体が-2~0くらいのGOE評価が並ぶのですが、ただ今回は冒頭のコンビネーションと同様に流れや高さ、幅が出ており、加点要素も評価されていると思いますので、最終的に加点までこぎつけているというのも不思議なことではないかなと思います。

 

ところで、海外のフィギュアスケートファンの方の意見の中には、「グレイシーのPCSは過度に評価されている」という意見がありますが、確かに、2位のポゴリラヤ選手や3位のメドヴェデワ選手との間に存在する約2点の差がどこから生まれているのかと問われれば、少し答えるのは難しい部分があります。いずれの選手も最高クラスのスケーティングや表現力を持っていますし。

となると、やはりここまでの評価を受けたのは母国開催だったということも一つの要因になっていると思いますが、しかしこの部分を「不公平」とするのはちょっと違うとも思うんですよね。何故なら、どの大会も母国の選手には多少甘い部分があり、その他の国籍の選手もいろんな大会でその恩恵を受けている可能性が高いですから。

また、グレイシー選手は高めのPCSを得たといいましても、これが母国開催でなかったとしても少なくとも70点台前半は出ています。3Fは!が付きましたが、会心の演技を決めたという事実は変わりありませんので、そこはちゃんと評価すべきなんじゃないかと思いますね。

 

というわけでグレイシー選手、とっても良かったです!

四大陸選手は派手にやってしまっていましたので大変心配していたのですが、この母国開催の世界選手権という最もプレッシャーのかかる舞台でしっかりと良い演技を見せてくれたというのは前向きな意味で予想外でした。

アメリカ勢は相当な実力を持っていながらも、長洲選手、ワグナー選手、ゴールド選手共に世界選手権のメダルを獲得していませんので、今回は是非ともメダルをゲットしてほしいなと思っています。

フリーの『火の鳥』は、全米の時のような神演技を期待していますよ!頑張って!!

 

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, グレイシー・ゴールド

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。