今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】 エレーナ・ラジオノワ選手:「私は、私の披露した演技の通りに評価されたと思います」

   

 

SnapCrab_NoName_2016-4-13_23-58-0_No-00-compressor

 

世界選手権ではミスを最小限に抑え、高いレベルの演技を披露したものの順位としては6位にとどまったエレーナ・ラジオノワ選手。大会後のとあるインタビューにて、シーズン開始前~今後のプランについてを語ったものがあるのですが、その中で記録されている「世界選手権の自己評価」に関する質問への回答が、海外フォーラムで話題になっています。

 

✔【海外の反応】エレーナ・ラジオノワ:「私は、私の披露した演技の通りに評価されたと思います」

 

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

 

Our marvelous sunshine could have been a silver medalist at the Vancouver Olympics with the skate she had in Boson. But it’s 2016, scores are high with seven women earning 200+, an unprecedented feat. Even the (former) reigning vice-champion, Satoko Miyahara found herself off the podium with two clean programs…(文章が長いので投稿の原文の続きはこちら

日本語訳:

私達の素敵な太陽(ラジオノワ選手)は、バンクーバー五輪であればボストンで披露した演技で銀メダルを獲得していましたが、今は2016年、7人の女子スケーターが200点以上を記録するという先例の無い状況となっています。サトコ・ミヤハラでさえも2つのクリーンな演技をもってしても気づけば表彰台から落ちているのです・・。

世界選手権2015の銅メダリストである、エレーナ・ラジオノワは昨季の成功を繰り返すことができず、6位に留まりました。大会後、彼女は自らのパフォーマンスを評価し、sovsport.ruのインタビュー内において上記のような結果について要約しています。

********

 

■「私は、私が披露した演技の通り評価されたと思います」

記者:あなたは、世界選手権での不運な結果が、小さなミスからもたらされたものだということを認識していますか?これまでよりも厳しくジャッジに評価されたという感じはありませんか?

ラジ:わかりませんが・・・私は、私が披露した演技の通り、正確にジャッジされたと思います。

記者:ということは・・・ジャッジから攻撃されたというわけではない?

ラジ:それは違いますね。

 

■「評価は、B-」

記者:世界選手権の演技の自己評価については、多分「A」ではないですよね。「B+」ですか?

ラジ:その辺だと思いますが、「B-」ですね。

 

■「今シーズン通じて持ちこたえることができて嬉しいです」

記者:今シーズンは、あなたの現役生活の中で最も厳しいものになったと思いますが、その中でも主な苦悩は何でしょう。それは精神的なもの?それとも、身体の成長による技術の衰えですか?

ラジ:成長期は、それ自体が簡単ではない期間です。さらに、私は今年学業を修了する必要がありましたから※、多くの努力をしました。リンの上でやること全てを完了させ、勉強も忘れてはなりませんでしたので、それ故に「厳しいシーズン」だったのです。

ラジ:今シーズン通じて持ちこたえることができて嬉しいです。公式には終了しておらず、もしかしたらもっと大会に参加するかもしれませんが(この後、ラジオノワ選手のTCCへの参加が決定しました。)、それでも立つことができたことに喜びを感じています。

※ロシアの学校は11年制であり、ラジオノワ選手は丁度その最終学年である11年生にあたる(17歳)ようです。

 

■「正直にいって、今のところ計画はありません」

記者:セルゲイ・ボロノフが最近、あなたのチームに加わりました。彼の参加に対してはどのように感じました?

ラジ:とてもポジティブな気持ちを感じました。セリージャは成功するでしょうし、良くなります。

記者:練習中、彼から学ぶことは?あるいは、別々で練習を?

ラジ:彼は大きなパワーと質を兼ね兼ね備えていますが、私達がリンクに入った時は別の練習をしています。

記者:新しいプログラムや振り付け師に関して、ファンに共有できる範囲で何か計画はありますか?

ラジ:正直にいって、今のところ計画はありません

 

*******

ラジオノワはこれまで、いつも身体の姿勢と振り付けについて批判されてきました。しかし、今季の彼女のエキシビションプログラムは、これら2つの点で競技プログラムよりも優れているように思えます。

みなさんはどう思いますか?彼女は改善されることはあるのでしょうか?また、世界選手権やオリンピックで優勝するために必要なものを持っていると思いますか?

 

 

Really, it’s her programs which let her down this year. She could be so spectacular with the right vehicles but her packaging was just ho-hum this season.

その通りだ。今季順位を落としたのはプログラムのせい。彼女は正しいプログラムならば本当に素晴らしい選手なんだが、今季は全体的に見た時のプログラムの構成が残念だった。

 

Well, Elena had many admirable placements this season, kept her jumps through a growth spurt, and her main problem was bad programs, so this season wasn’t a failure in any respect.

今季、エレーナには愛らしい部分がたくさんあり、成長が加速する時期の中でもジャンプを維持していました。主な問題は悪いプログラムであり、彼女にはどの点からみても失敗はありませんでした。

 

Radio is like the Nam of the women. She skates faster and actually presents but her skating is so sloppy and her jumps just look horrifically laborious.

ラジオはまるでナムの女子スケーター版だね。彼女はスピードがあり、実際に披露しているけど、演技がとても感傷的で、ジャンプが酷く疲れているようにみえる。

 

Yes, can’t not mention the poor programs. I can’t beleive what amount of charm and charisma it takes to make the Titanic program stay afloat. For many it isn’t watchable at all. There is no way she gets worse programs next season. I hope progress is to come.

あのタイタニック号は、どれだけの魅力とカリスマがあったとしても浮かんでいる状態を維持するのは無理だと思います。多くの点で見ていられません。来季はこれ以上悪いプログラムになることは無いでしょう。進展がありますようにと願っています。

 

 

■管理人の感想です。

 

ラジオノワ選手がメインの記事を書いたのは多分2回目だと思いますが、今回は海外フォーラムでこのような面白いスレッドがありましたので、紹介させていただきました。

 

まずインタビューの感想ですが、本当にラジオノワ選手は誠実で、人格のしっかりした選手だなと改めて、強く感じました。

この記事で載せている質疑応答の部分は実は全体の一部なのですが、元の投稿をざっと見てみてみても、何かに対して批判をしている部分が一切ありません。もともとそういう事が嫌いな選手だということはwikipediaの情報として知っていましたが、こういった一面を見ると本当に清廉潔白な人だと感心しました。

また、インタビュー中には「今年は学業を修了する必要があった」とありますが、そういえばそうだ!と思い出しました。大学へ進学したリプニツカヤ選手と同期ですので、今シーズンが始まる手前ぐらいに学業の面で忙しい時期があったはずなのですが、それと平行してフィギュアスケートの練習をし、シーズン通じて安定した演技を披露していますので、本当に凄いことだなと思います。

 

さて、海外の反応としましては、今季のラジオノワ選手に対して「彼女自体はよくやったが、プログラムが悪かった」という意見が集中していましたが、確かに僕もそういう側面はあったんじゃないかと思います。

ラジオノワ選手自体は本当に献身的にプログラムを演じていて、どの大会でもその熱量が伝わってくるのですが、そこそこクリーンな演技を披露しても思ったようにPCSが伸びない、という試合がありました。これは一回だけではなく、複数回そういうことがありましたので、ラジオノワ選手のプログラムに盛り込まれている「工夫」は、必ずしもジャッジに評価されるものではなかった可能性がありますね。

もしそうであれば、ラジオノワ選手は不運だったと言えますが、彼女はとても真面目で、インタビュー中ではあくまで非は自分にあるというニュアンスで語っていますので、なんかちょっと泣けてきますね・・。

 

ラジオノワ選手は本当に実力と魅力のあるスケーターです。輝いた姿は本当に美しいですので、来季以降は彼女に合うプログラムになることを願っています^^

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ブログランキングの応援クリックをしていただけましたら、幸いです↓↓

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, エレーナ・ラジオノワ

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。