今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

宇野昌磨選手 TCC2016FSの海外の反応! 【止まらない進化。フリーでも4Fを降り、自身初の3本の4回転を着氷!】

   

 

SnapCrab_NoName_2016-4-24_13-44-50_No-00-compressor

 

先日、フィギュアスケート史上初の4Fを降りた宇野昌磨選手でしたが、続くフリーの演技ではSPに続いて4Fを成功させただけでなく、自身初の3本の4回転(大会合計5本)を着氷するなど圧倒的なのびしろを見せ、大会中の男子FSの最高得点をマークしました。

ショートに続いて驚きの演技を披露した宇野選手に対しては、海外のファンスレッドでも多くの祝福のコメントが投稿されており、大きな盛り上がりを見せていますので、今回はその一部をご紹介させていただこうと思います!

✔宇野昌磨選手 TCC2016FSの海外の反応

 

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

shoma_protocol-compressor

技術点:103.42
演技構成点:89.50
FS合計得点:192.92(男子フリー1位)
大会合計得点:298.66(男子総合1位)

 

Oh Shoma you did it again! Started his LP with another quad flip. Amazing guy!

ショウマ、また降りたね!

彼のフリーは4回転フリップで始まった。驚くべき男だよ!

 

Shoma’s combined score in TCC was 298,66. He was so close to joining the Club 300. Well, there’s always next season …

ショウマがTCCで得た合計得点は298.66。これは「300点クラブ」にとても近い数字ですが、必ずまたの機会があると思います・・・。

 

I can’t stop watching his LP… What makes me glad is his smile during his performance. He felt the piece and skated so happily. especially, his face right after 3a1lo3f seaquence! He’d spent his first senior season with this program and could finish in the satisfying way.

ショウマのフリーは、見るのを止められない・・・。私が喜びを感じたのは、パフォーマンス中の彼の表情に笑顔があったこと。作品を感じ、とても幸せそうに演技を披露していた。

特に、3A-1lo-3Fの直後の表情はとても良かった!彼はシニア移行後の最初の1年をこのプログラムと共に過ごし、そして満足の行く形で有終の美を飾ることができたと思う。

 

He got confidence in that he could do well in such not perfect condition after the exausting Worlds. He knew his hard work was rewarded, and the fullfilment he got finally is meaningful towards the new season, i believe. Go Shoma!

疲労の蓄積する世界選手権の後、完璧なコンディションでは無かった状況でここまで素晴らしい演技を披露できたことで、ショウマは自信を付けた。彼は、大変な努力が報われ、最終的に達成したことは新しいシーズンにとって意味のあるものだと感じていることでしょう。

行け、ショウマ!

 

His interview after LP on Japanese TV

(About the performance)
Even while skating, I really felt it was the last time to skate with this music. About the last jump sequence, at first, i’d thought I would not challenge. But then the feeling that this was the last chance came up, and I tried. The result was, I don’t know why, but I landed on the ice, which was a surprise so much. It was a pretty nice performance at the end.

I could go aggressive at the last competition, and I didn’t imagine I would finish in such a wonderful way. It’s so dilightful.

日本のテレビでの、フリーの演技の後のインタビューです。

(演技について)
演技をしている時でさえも、これがこの音楽で滑る最後の時なんだと感じていました。最後のコンビネーション(3A+1Lo+3F)については、当初は挑戦しないだろうなと思っていたのですが、これが最後のチャンスだという気持ちが湧き上がってきたので、挑戦しました。そして結果は、なぜだかわかりませんが、着氷したんです。これはとても驚きでした。最後に良いパフォーマンスが披露できたと思います。

僕は、最後の大会でアグレッシブな姿勢で行くことができ、ここまで素晴らしい形でシーズンを終えるなんて想像していませんでした。大きな喜びを感じています。

 

Lord… If he can stabilise and improve GOE on that layout, things could get very interesting. Wow! Well done, Shoma! So lovely to see you smiling at the end of the season!

おお・・・もし彼がこの構成を安定させ、GOEの面で改善したとすれば、とても面白いことになるね。よくやったよ、ショウマ!シーズンの最後にあなたの笑顔を見ることができて、とても嬉しいよ。

 

Mad respect for Shoma! I am so very happy for him. Hamaguri, here is a link to a mini interview and his acceptance of the winner’s cheque. I know how disappointed you were at the Worlds so I’m posting this just for you.

ショウマを狂ったほどに尊敬します!私もとても嬉しいです。hamaguri(他のユーザーさん)、ここにミニインタビュー(SP)と表彰式の動画があるんだけど、世界選手権の時あなたはとても気落ちしていましたから、これを贈ります。

 

I loved the look of awe in his face in the SP and the LP he’s like “WOW, I CAN DO THIS! I’m amazing my self.”

ショートとフリーのキスクラで、「おお、自分はできるんだ!凄いなぁ、自分!」みたいな感じで自分の結果に畏怖しているところが愛らしいね( ´∀`)b

■管理人の感想です。

 

ということで、今大会で宇野選手の’15-’16シーズンが終了しました。このシーズンは本当に様々な成功と失敗があり、激流のような一年でしたが、それに負けじとリンクに立ち続けた宇野選手には、信じられないほど大きな成長があったと思います。

思い返してみれば、シーズンが開始した頃はフリーで4回転二本に挑戦してみようという段階(年齢的にこの時点で十分)でしたが、GPSでそれを早くも達成してしまい、今となってはショートとフリー両方合わせて5本の4回転を跳び、そしてそのうち2本が前人未到の4Fという、想像の遥か上を行く進化を見せているんです。宇野選手は3Aをモノにしてからの成長スピードが尋常じゃなくはやいと感じていましたが、まさかたったの1シーズンでここまで到達するとは思っていませんでした。

宇野選手はよくボーヤン選手と対比されて、「ジャンプのボーヤン、表現の宇野」という感じになっていましたが、今となってはボーヤン選手ですら挑戦していないジャンプを跳んでおり、数字的にも差は大分埋まってきていますので、もうほんとうに欠点らしい欠点は一切無い、オールパッケージの選手になっていると思います。

勿論、跳べるジャンプの数が多くなっただけではなく、トップスケーターとしての積極的な姿勢も成長していると思います。昔は宇野選手に対して「攻めている選手」という印象は持っていなかったのですが、今ではとてもアグレッシブで、例えば今回のフリーも、当初の構成の予定は4回転が2本だったんです。

しかし、宇野選手はそこを変えて3本の4回転にしました。これは、現状の最上級レベルの選手達が3本の4回転を跳んでいるということを考えて、自分の限界をより広げるためにこのような選択をしたのだと思いますが、これは消極的な選手ができることではありません。頂点を目指さんとする選手の考え方だと言えるでしょう。

 

最後になりますが、今シーズン、宇野選手には本当に興奮させられました。「人を惹きつけるような演技をしたい」そのように語っていましたが、少なくとも僕は十分に惹きつけられていますし、twitterや海外フォーラムを見ても非常にたくさんのファンが増えていると思います。

宇野選手のことですから、おそらく来シーズンは「人を惹きつけるような演技」の次のステージを目指していろんな挑戦をしてくるんだろうなと思いますが、僕はそのための心の準備をしておきます笑

次の大会までは非常に長いですが、素敵な新プロを期待して待っていますよ^^今シーズン、興奮と感動をありがとうございました!

 

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, 宇野昌磨

たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。