今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】「リーザ・トゥクタミシェワは、新プログラムでエジプトの女王を表現する」

   

 

SnapCrab_NoName_2016-5-14_23-19-51_No-00-compressor

トゥクタミシェワ選手と、新しい振り付け師のサンデュさん↑

2014-2015シーズンの世界選手権で優勝を果たした、エリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手は、現在、カナダで来季のプログラムの制作やそのトレーニングを行っていますが、彼女のコーチであるアレクセイ・ミーシン氏が新プログラムの情報として、「リーザはプログラムでエジプトの女王を表現する」と語ったようです。

このニュースは、既に海外フォーラムのファンスレッドで共有されており、様々なコメントが投稿されていますので、今回はその一部をご紹介させていただくと共に、自分の感想も書いていきたいと思います。

 

✔海外の反応

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

 

Egyptian queen new FS program – Said the coach of the athlete Alexei Mishin

google translate link

「新しいフリーのプログラムでは、エジプトの女王を体現する」―このアスリート(トゥクタミシェワ選手)のコーチである、アレクセイ・ミーシンがそう語った。

(以下、元記事のざっくりとした翻訳)

↓↓↓↓

カナダの有名なスケーター、エマニュエル・サンデュが、ロシアのフィギュアスケーターのエリザヴェータ・トゥクタミシェワの新プログラムを制作する。

アレクセイ・ミーシン:「私たちは現在、カナダでプログラムの制作をしているが、エマニュエル・サンデュがその手助けをしてくれている。何故サンデュなのかと言えば、それは彼が、女子フィギュアスケーターの振付師として非凡であるからだ。また、リーザはプログラムでエジプトの女王を表現する」

エマニュエル・サンデュ―2001年、2003年、2004年のカナダ選手権のチャンピオン(男子シングル)であり、トリプルトゥループの3連続ジャンプを初めた実現させた選手である。

 

Cleopatra?

・・・ってことは、クレオパトラ?

cleo1-compressor

 

I remember a while back people were saying on the thread that she ought to do Cleopatra – maybe Emanuel had the same idea. So, what different Cleopatra-musics are there? (I assume this won’t be the Horrible Histories version.)

しばらく前に、誰かがリーザのファンスレッドで「彼女はクレオパトラを演じたほうがいい」と言っていたのを思い出したよ。エマニュエルも同じ考えを持っていたのかも。

ところで、どんなクレオパトラの音楽があるんだろうね?(自分としては、悲しい歴史が背景となったものにはならない※と思うけど)

※歴史上の出来事として、クレオパトラ7世は猛毒のコブラに自分の身体を噛ませて自殺をしたと言われています(服毒自殺説など、諸説あり)。

 

Whether it’s really Cleopatra or not, I just want her designer to get the dress right.

本当にクレオパトラなのかは置いといて、早く新しい衣装が見たいなぁ。

 

■管理人の感想です。

 

ということで、トゥクタミシェワ選手は来季のフリーで「エジプトの女王を表現する」とのことですが、やっぱりエジプトの女王といえば一番有名なのはクレオパトラですので、この人物が題材となるプログラムになるだろうなと思います。

そこで僕は、「クレオパトラの音楽って何があったっけ?」と思ってグーグルで検索してみたところ、パド・パウエルの『クレオパトラの夢』ばっかりがヒットするんですよね笑

これはジャズ・ピアノ曲としては日本で結構有名だと思いますので、知っている方もおられるんじゃないかと思われますが、本当にジャズらしいジャズ曲ですので、多分これをフィギュアのプログラムに使うことはないでしょう↓↓

これで新プロを制作してきたら、それはそれで革命的だとは思うのですが、多分その線は薄いですので笑、他の曲ですね。

となると、何になるのかなと考えてみたのですが、そういえば安藤美姫選手が『ミッション・クレオパトラ』(映画)の曲を使ったプログラムを滑ってたのを思い出しました!

うん、これならばフィギュアスケートの曲としてしっくりきますし、トゥクタミシェワ選手が演じる曲としても合っていると思いますね。

「またこれ系か~」と感じた方もいるとは思われますが、僕としては2014-2015シーズン時のフリーのような中東風の音楽のプログラムは好きですので良いんじゃないかなと思います。

また、トゥクタミシェワ選手がトリプルアクセルを成功させ、頂点に立ったのも2014-2015シーズンですので、その時の勢いを思い出すという意味でも、「トゥクタミシェワ選手らしい曲」にした方がいいかもしれませんし・・・(来季はトゥクタミシェワ選手の笑顔を見たいですね)

 

さて、ところで振付師にはサンデュさんがついているということですが、僕はこの方についてあまり知識がありませんでしたので、wikiでいろいろと調べてみました。

調べた情報によりますと、当時は個性派なスケーターとして知られており、あまり成績は安定しなかったものの、2003年のグランプリファイナルでは、あのプルシェンコ選手に勝って優勝したそうです。

因みに、これがその動画ですね。2003年は今から10年以上も前になりますが、冒頭には4T-3Tを降りています。

(編曲が面白すぎるwwww)

これは最近のものなのですが、かなり弾けていますね笑↓

なんかこう、とにかく個性が濃い方だということは非常によくわかります笑

今までのトゥクタミシェワ選手の振付師とはかなり毛色が違う感じですので、曲はいままでの「トゥクタミシェワ選手らしい曲」でありながらも、振り付けの面で従来とは異なったアクセントが付けられるのかもしれません。とても楽しみですね^^

 

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, エリザヴェータ・トゥクタミシェワ

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。