今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外記事】「ジェイソン・ブラウンは4回転で進歩を遂げている」 【目指すはSPで1本、FSで2本。スケート外では、日本で英語の講師として働くことも視野に】

   

 

2016+KOSE+Team+Challenge+Cup+Day+1+rcdrhlRAqFzl

今回はアメリカのジェイソン・ブラウン選手についてを取り上げた、素敵な海外記事のご紹介です。

タイトルは「Jason Brown making progress on quads:ジェイソン・ブラウンは4回転で進歩を遂げている」というもので、主にジェイソン選手の4回転の習得に関係する話題が文章として執筆されています。

その他にも、この記事では最後にスケート外のことについても触れられており、ジェイソン選手のキャリア形成に関する興味深い話も盛り込まれていますので、興味を持たれた方は是非とも続きをご覧ください。

【海外記事】「ジェイソン・ブラウンは4回転で進歩を遂げている」

今回の記事の元記事はこちらです。

この記事では、ジェイソン・ブラウン選手が怪我に見舞われた2015-2016シーズンを振り返ると共に、現状の大きな目標である4回転の習得に関する話題や今後のビジョンなどについてが書かれているのですが、今回はこの文章の中で印象に残った部分を抜粋し、翻訳していこうと思います。

 

■新しい衣装よりも必要なもの、それは4回転ジャンプ

There’s more than a new costume that Brown and Ade want for his free skate: A quadruple jump.

“For sure the quad toe and potentially quad (Salchow),” Ade said. “I think having a few months under the belt training the program will be awesome for him because he’ll be able to integrate those jumps easier.”

訳:ブラウンとアデ(ジェイソン選手のヘッドコーチ)は、新しい衣装以上にフリースケートに求めているものがある。それは4回転ジャンプだ。

「4回転トゥループは間違いありませんが、潜在的には4回転サルコウの習得も考えています」とアデは語る。「数ヶ月間ベルトの補助付きで練習することで、彼にとってプログラムが素晴らしいものになると思います。何故なら、そうすることによって、彼がより容易にそれらのジャンプを完成させることができるからです」

Having both programs for next season—typically he would still be working on new programs during this time of year—will also help, Brown said.

“That’s going to be huge for me and huge with the development of the quad because I can really train for the jump,” he said.

訳:普段ならこの時期は新しいプログラムの制作をしているところ、既に来季のプログラムを二つ持っているため(TCCのプログラムを来季に持ち越し)これが助けになっている、とブラウンは語った。

「これは私にとっても、4回転の習得にとっても大きいです。ジャンプに集中して練習することができるのですから」と彼は語る。

 

■目標はショートで一本、フリーで2本

Brown said he feels some pressure when he sees his competitors attempt and land multiple quads while he is still trying to get one in competition. However, he is more focused on his own goals with the jump—to land one in the short program and two in the free skate—and in general.

“The biggest thing is to stay true to yourself,” he said. “Every time I perform, I try to touch the hearts of people. I try to perform my heart out.”

訳:ブラウンは、自分のライバル達が様々な種類の4回転を試みたり、実際に降りたりしているところを目撃すると、いくらかのプレッシャーを感じるという。しかしながら、彼は自分自身のゴール、4回転ジャンプをショートで1本、フリーで2本を降りることに集中している。

「最も重要なことは、自分自身に誠実になることです」と彼は語る。「演技を披露する毎に、人々を感動させようと心掛けています。そして、僕は思う存分演技ができるように努めています」

 

■大きな進歩

Brown was landing the quadruple toe loop in practice prior to the injury. Since his recovery, he’s been training both the toe loop and the Salchow, both with and without a pole harness.

訳:負傷前の練習では、ブラウンは4回転トゥループを降りていた。怪我が回復してからは、ハーネスを付けたり、外したりして4回転トゥループとサルコウを練習している。

Overall, they are both satisfied with where Brown is with the jump.

“I’ve made a lot of progress with the quad and I’m beginning to integrate (them) back into my training plan,” Brown said.

訳:全体的としては、二人はブラウンのジャンプの調子に満足している。

4回転については、僕はとても進歩しました。今はこれらのジャンプを、自分の(プログラムの)練習プランに組み込み初めています。」とブラウンは語った。

 

■目標は世界選手権のメンバーになり、GPFに進出すること

Brown is looking forward to a full season of competition.

“I want to be on that World team,” he said. “I’m very upfront about that. Whether I make it or not, it’s definitely a goal. I want to make the (Grand Prix) Final. I want to continue to prove myself.”

訳:ブラウンはフルシーズンの大会を心待ちにしている。

「僕は世界選手権のメンバーになりたい」と彼は言う。「これは素直な気持ちです。それが達成できようと、できまいと、それは間違いなく僕の目標です。そして、GPFにも進出し、自分の力量を証明したい」

 

■ただし、勉強とのバランスも大切に

Outside of competition, Brown has continued to take classes at the University of Colorado-Colorado Springs, where he is studying communications.

“I’ve always loved the balance of school and skating,” he said.

訳:競技の外では、ブラウンはコミュニケーション学を学ぶコロラド大学での履修を継続している。「僕は、学業とスケートとの両立が好きです」と彼は語る。

Brown is currently exploring a number of career fields, including public speaking and sports broadcasting. He also would like to spend a year teaching English in Japan.

訳:ブラウンは現在、講演者や、スポーツキャスターを含むいくつかのキャリアを模索している。彼はまた、英語の先生として日本で一年間を過ごしたいとも考えているようだ。

 

****

今回はジェイソン選手についての記事でしたが、4回転の習得も順調に来ているということが聞けて本当に良かったです^^ ジェイソン選手は3Aまででも唯一無二の作品に仕上げることができますが、世界選手権や五輪で勝つためにはやはり4回転が必要ですので、是非ともマスターして更なるジェイソンワールドを開拓してほしいなと思います。

また、今後のビジョンとして1年間日本で英語の教師として働く事を考えておられるようですが、ジェイソン選手の日本語力と人当たりの良さなら、きっと最高の人気先生になれるはずです^^

因みに、以下の動画は記事の最後に掲載されていたものです。非常に美しい3A-Lo-3Fですね〜

最後に、元記事ではここで取り上げなかった様々な興味深い文章が掲載されています。ジェイソン選手のファンの方なら勿論、そうでない方でも楽しめる内容になっていますので、興味を持たれた方は是非とも訪れてみてください。

元記事:「Jason Brown making progress on quads

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ブログランキングの応援クリックをしていただけましたら、幸いです↓↓

 - ◯フィギュアスケート, ジェイソン・ブラウン

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。