今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外記事】「ハビエル・フェルナンデス―スペイン・スポーツ界の新たな王様」

   

 

SnapCrab_NoName_2016-5-29_2-53-10_No-00-compressor

 

本日は海外記事のご紹介です。

これまで世界選手権の王者と言えば、そのほとんどがロシア、カナダ、日本、アメリカといったスケート強豪国出身の選手たちでしたが、2シーズン連続で世界選手権の優勝を果たしたハビエル・フェルナンデス選手は、フィギュアスケート界におけるマイノリティ国、スペイン出身のスケーターであり、これは近年稀に見る偉業だと言えるでしょう。

本日ご紹介させていただく海外記事では、そんなハビエル選手のフィギュアスケート人生を振り返ると共に、ペイン・スポーツ界の新たなスターにならんとしている現状が綴られているのですが、非常に読み応えのある記事でしたので、今回はこの記事の中で印象に残った部分を抜粋して翻訳していこうと思います。

【海外記事】「ハビエル・フェルナンデス―スペイン・スポーツ界の新たな王様」

元記事はこちらです→『Javier Fernández, the new king of Spanish sport

冒頭に書きました通り、この記事では、ハビエル選手のフィギュアスケート人生と、不現状のスペイン・スポーツ界における立ち位置に関してが解説されています。以下はその中でも特に印象に残った部分の抜粋&翻訳です↓↓

 

■フィギュアスケート―少数派のスポーツ

The Madrid native has had a run of success that the world of figure skating hadn’t seen for decades. And it has turned him into Spain’s sporting hero of the moment, a star in a discipline with scant national tradition, along the lines of Angel Nieto, Ballesteros or Alonso, who all excelled in minority sports.

 There are fewer than 500 Spanish skaters at competition level. And there are only 17 skating rinks in the country, most of them private.

このマドリード出身者(ハビエル選手を指す)は、フィギュアスケート界において数十年もの間見られなかった成功を成し遂げたが、これによって彼は、Angel NietoやBallesteros、Alonsoといった、マイノリティ・スポーツで秀でた人物達と同様な流れで、スペイン・スポーツ界の「時の英雄」となった。

大会レベルにあるスペイン出身のスケーターは、500人に満たない。国内にはわずか17のスケートリンクしか存在せず、またそれらはすべて個人施設である。

“Javier’s success is a miracle of Spanish sport,” says Peinado while Pedro Lamelas, the journalist behind the website Hielo Español, says, “The word miracle doesn’t even begin to describe it. It’s as though Messi had been born in Indonesia!”

「ハビエルの成功は、スペインのスポーツ界における奇跡です」とPeinadoは語る。また、ウェブサイト「Hielo Español」のジャーナリストであるPedro Lamelasは「これは”奇跡”という言葉では説明できません。これはまるで、インドネシアに生まれたメッシのようです!」(弱小の国から、世界最高の選手が生まれたということを表す比喩)と話す。

 

■幼少期

Enriqueta and Antonio have always supported their children’s skating ambitions. In fact, they were skaters themselves, albeit in a different league. When they were still dating, they would go to the ice rink at the old Real Madrid sport center or the Diamond rink in Aluche. Later, after Laura and Javier were born, they returned to the Diamond rink to take a look.

“Javi was really small. He was still in a pushchair,” Antonio recalls. “But his sister Laura who’s two and a half years older loved the ice.” She had, he said, seen skaters on TV and wanted to try it.

母・エンリケータと父・アントニオは常に子供達のスケートの夢を支援してきた。実は、彼らは元スケーターだったのだ。二人がまだ交際中だった頃は、よく二人でスケートリンクに足を運んでいたという。ラウラ(ハビエル選手の姉)とハビエルが生まれてからは子守役として、スケートリンクに行くようになった。

「ハビエルは本当に小さかった。その頃はまだベビーカーに乗っていたんです」とアントニオは懐かしむ「しかし、2歳半年上のラウラはリンクを愛していました」 彼曰く、ラウラはテレビでスケーター達を見ては、それに挑戦したいとせがんでいたようだ。

And though he was introduced to the ice at six, it wasn’t until he was eight that he skated without a fight.

“I got hooked really quickly but I don’t know why it took me so long to get on the ice,” he says. “Sometimes my mother had to physically put me out there, but once I was on it, I couldn’t stop.”

He didn’t listen to his teachers and spent his time pulling the girl’s skirts or throwing ice at them. When eventually he started to focus, all the difficult moves, especially the jumps, came to him naturally. “He was incredible,” says journalist Pedro Lamelas.

ハビエルがスケートを紹介されたのは6歳の頃であったが、喧嘩無しに滑り始めたのは8歳になってからだった。

「スケートの虜になるまでは本当に早かったのですが、何故リンクの上に立つまであれほどの時間がかかったのかはわかりません」と彼は言う。「時々、母に追い出されることがありましたが、一度リンクの上に立つと、やめることができませんでした」

彼はコーチの話を聞かずに、女の子のスカートを引っ張っては、それをリンクに放り投げるといういたずらをしていたという。だんだんと練習に集中するようになると、全ての難しい動き、特にジャンプが自然にできるようになっていった。

「彼は信じられませんでした」とジャーナリストのPedro Lamelasは話した。

 

■ニコライ・モロゾフの元へ

Then, Laura was offered a spot at the Jaca skating school in the Pyrenees, where her costs would be covered. “It’s an expensive sport,” says Antonio. “Between the two children we were spending €450 a month when my earnings were less than €1,500.”

So Laura went to Jaca with her mother, a move that offended the Majadahonda Skating Club, which subsequently expelled Javi. Six months later, he joined his sister in Jaca, leaving Antonio alone in Madrid.

そして、ラウラはピレネーにあるJaca skation schoolという、費用が免除されるスケート学校への入学を打診された。「お金のかかるスポーツなんです」とアントニオは語る。「私の稼ぎは一月1500ユーロにも満たなかったのですが、二人の子供のために毎月450ユーロを使っていました」

ラウラは母と主にJacaへ行き、その6ヶ月後には、アントニオ一人をマドリードに残し、ハビエルもJacaに移った。

So they returned to Madrid after two years. Laura was out ahead, but Javi decided to stop skating and play hockey instead. “He was discouraged, he hadn’t improved and he didn’t feel supported by the coaches or the clubs,” says Laura, who for similar reasons gave up skating at 20 to study nursing.

その二年後にはマドリードに戻った。ラウラはその時優位に立っていたが、ハビエルはスケートを中断することにし、その代わりにホッケーをしていた。

「彼にはあまりやる気がありませんでした。あまり上手くなりませんでしたし、コーチやクラブから支援されていないような気がしていたんだと思います」と、同様な理由で20歳の時にスケートを諦めることになったラウラが語る。

But a summer camp in Andorra changed everything. One of the coaches was Russian skating guru Nikolai Morozov, and he singled the 17-year-old Javi out. “He could see he was a rough diamond,” says coach Daniel Peinado. “Without that encounter, we wouldn’t have a world champion today.”

しかし、アンドラでのサマーキャンプが全てを変えた。そこにいたロシアの指導者の一人である、ニコライ・モロゾフが彼を選出したのである。

「彼は荒削りのダイアモンドのようでした」とDaniel Peinadoは語る。「あの出会いが無ければ、今日の世界選手権王者は誕生しなかったでしょう」

 

■資金の壁

Antonio used some savings he had set aside to refurbish the apartment in Cuatro Vientos, and he found an extra job in the afternoons fixing helicopters while Enriqueta got a job at the post office. 

 “It was very hard,” says Javi. “And the financial problems were very frustrating.” Expenses included trips, kit – his skates cost around €1,000 – and choreographies, which can be as much as €10,000.

(ハビエルの活動資金を捻出するために)アントニオは家の改装のためにとっておいた貯金をいくらか切り崩し、ヘリコプターの修理をする追加の仕事を探した。また、一方でエンリケータは郵便局での仕事を始めた。

「とても苦しかったです」とハビエルは回顧する。「資金難はとてもイライラするものでした」

渡航費と必要なスケートグッズ(彼のスケートシューズにはだいたい1000ユーロかかっていた)、そして振付師への代金で、10,000ユーロもの大金にもなることがあったのだ。

“We didn’t have any grants or financial support from any government body,” says Antonio. “We were paying out between €2,000 and €3,000 a month. And the Spanish skating federation took it really badly when he left. When he came back to compete, they hardly spoke to him; they pretended not to know him.”

「私達はいかなる奨励金や、政府からの資金援助も受けていませんした」とアントニオは言う。

「一月に、2,000ユーロから3,000ユーロを支払っていたのですが、ハビエルがスペインから離れた時、スペインスケート連盟はそれを非常に悪い方向に解釈し、大会に出場するためにスペインに帰国した時には、彼のことは知らないと偽りの主張をしたのです」

 

■ブライアン・オーサーとの出会い

Morozov’s troop of skaters was nomadic. In the following two years, Javi moved between Moscow and Latvia, living in residences for sports competitors where the loneliness became unbearable. But Morozov’s methods produced results and in 2010, Javi became the first Spanish skater since 1956 to qualify for the Olympics.

In the actual games, he came in 14th Morozov began paying more attention to another member of the group, Frenchman Florent Amodio, who was getting his coaching paid for. Javi needed a change. He was looking for a more stable lifestyle so he got in touch with veteran skating star Brian Orser, who was coaching an elite group of skaters in Toronto.

チーム・モロゾフは常に移動していた。過去2年間でハビエルはモスクワとラトビアを行き来し、孤独感が雨のように降り注ぐレジデンスに住んでいた。しかし、モロゾフの指導は結果をもたらし、2010にはスペイン出身のスケーターとしては1956年ぶりの五輪出場者となった。

4146bb35b0ab53faea082211a44e1641-compressor

そして実際の試合では、14位に終わった。モロゾフは次第に他のメンバー、フランスのフローラン・アモディオにより注意を払うようになり、ハビエルはコーチを変更する必要性がでてきた。彼はより安定した過ごし方を求め、トロントでスケートのエリート集団を指導する、ブライアン・オーサーに連絡をとった。

 “When Javi arrived, I could see he had talent but he was lost,” Orser told the Toronto Sun recently. “He didn’t have much discipline or direction and there weren’t a lot of people who really believed in him.”

ハビが来た時、彼には才能があるということがわかったが、彼は迷っていた」とオーサーは「Toronto Sun」で語った。「彼は十分な訓練や指導を受けて受けておらず、(モロゾフの元にいた時は」)彼をしっかりと信じてあげれるような人が少なかったのです」

 

■欧州選手権での勝利と、ソチでの悲しみ

Besides the emotional support, he did a great job of bringing Javi on, and in 2013, the young Spaniard took the European Championships by storm. The following year he won again and was chosen to be the standard bearer for the Spanish at the winter Olympics in Sochi.

(オーサーは、ハビエルに)感情的なサポートをした上に、大いなる技術的な成長をもたらした。そして2013年には、この若きスペイン人は欧州選手権の優勝を攫い、翌シーズンも再び優勝を果たしたことで、彼はソチ五輪の旗手に選ばれた。

But despite the honor, Sochi would not produce happy memories for Javi. Being a Russian city, there had been controversy among the Olympic contenders over Putin’s homophobic policies. Unused to the media, Javi was reported as saying that gays “should keep quiet” during the Olympics to avoid problems. The comment was picked up immediately by the social media, and he had a rough time.

“He even had death threats,” says one friend.

しかし、その名誉とは裏腹に、ソチでの記憶はハビエルにとって幸せなものにはならなかった。彼がロシアの街にいた時、そこにはプーチンの同性愛禁止法に関する論争が存在したのだが、ハビエルがその問題に関して「(五輪期間中は、問題を避けるために)同性愛者は目立たないほうがいい」と発言したと報道された。このコメントはすぐさま各ソーシャルメディアによって取り上げられ、彼は批判に晒される時間を過ごした。

彼の友人が言うことには、「殺人の脅迫すらあった」という。

Anti-Putin protest

“How was I going to be anti-gay when this sport is full of gay people, when they’re my friends and even my coach is gay? It would be like hating everything around me.”

Although Javi maintains otherwise, the fallout seemed to affect his performance and his hopes of an Olympic medal were dashed. Though he did better than Vancouver, he didn’t get beyond fourth place.

「このスポーツにはたくさんゲイの選手がいるのに、どうして僕が反同性愛主義者になれるでしょうか?彼らは僕の友達だし、自分のコーチ(ブライアン・オーサー)もゲイなのに?周囲の全てが自分を非難しているようでした」とハビエルは語った。

ハビエルはそうでは無いと主張するが、この不運な出来事は彼のパフォーマンスに悪影響を与えたと思われ、五輪でメダルを獲得するという夢は潰えた。バンクーバーの時よりは良い結果であったものの、4位を超えることができなかったのである。

 

■失意からの復活

But he dusted himself off and bounced back. In the following two years, he won two more European championships and bagged the world champion title in 2015.

Life started to get easier. Financial support materialized in the form of a grant from the Superior Sports Council that covered his living expenses and travel.

しかし彼は、自分自身の体について埃を払い、復活を遂げた。その後の2年間で、2度の欧州選手権優勝を果たし、2015には世界選手権のタイトルを獲得した。

生活もより簡単になった。奨励金という形で、Superior Sports Councilが彼の生活費用や渡航費を負担するという経済支援が実現されたのだ。

 

■平昌五輪と、引退後のビジョン

The life of a skater is short. The joints in their legs wear out and they lose flexibility and movement. By the time they’re 30, they’re no longer able to compete at the highest level. “I’m hoping to still be around for the 2018 Olympics, and then we’ll see,” says Javi.

スケータの寿命は短い。脚の関節が磨り減り、体の柔軟性は失われていく。30ともなると、もはや最高のレベルでは競技をすることができないのだ。「僕は、2018年の五輪のために、まだ現役生活を続けていてほしいです。これはそのうちわかることでしょう」とハビエルは話す。

For now, he thinks he may return to Spain when he retires to set up a skating center in a bid to make skating more mainstream. Enriqueta and Antonio are happy with that. In fact, they are just happy he has achieved his goal.

今のところ、彼は引退後にスペインに戻って、フィギュアスケートを主要な競技に発展させるためにスケーティングセンターを設立するかもしれないという。エンリケータとアンドニオは、このビジョンに喜んでいる。もっとはっきり言えば、彼らは幸せだ。何故なら、ハビエルが目標(世界選手権の優勝)を果たしたのだから。

 

*****

今回は非常に長文でしたが、ここまでお付き合いいただき、本当にありがとうございます。記事内では、ハビエル選手がスケートを始めてから、世界選手権で優勝を果たすまでが書かれていますが、それまで自分が知らなかったことがたくさんあって、この記事を読んで良かったなと思っています。

再び載せますが、元記事はこちら→『Javier Fernández, the new king of Spanish sport』からご覧いただけます。

ここでは紹介しきれなかった内容がたくさん書かれていますので、興味を持たれた方は是非ともチェックしてみてください^^

 - ◯フィギュアスケート, ハビエル・フェルナンデス

たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。