今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【ISU総会】ザヤックルールの緩和が正式に承認される!その他決定事項のまとめも。

      2016/06/11

 

SnapCrab_NoName_2016-6-10_0-33-12_No-00-compressor

 

2016-2017シーズンのためのルール改正の目玉として「ザヤックルールの緩和」が大変注目を集めましたが、この案の成立/不成立が委ねられた本日のISU総会の票決会議にて、遂に正式な新ルールとして承認されることになりました。

今回はこのニュースの詳細情報と、現時点で票決が終了している興味深い成立案などをまとめていますので、興味を持たれた方は是非とも続きを御覧ください。

✔遂にザヤックルールの緩和が正式に承認される

 

ザヤックルールの緩和案の内容はこちらで細かく解説させていただいていますので確認程度にしておきますが、この改正案は、コンビネーションジャンプ中にあるジャンプが規定回数以上実行された場合、コンビネーション全体が無得点されるのではなく、そのジャンプのみを無得点化しようというものでした。

ジャンプの種類の少ない女子にとっては非常に厳しいルールであり(勿論男子にとってもですが)ISUがこの案に関する文書を公開した時にはとても話題になりましたが、本日付いにこの改正案が新ルールとして適応されることが決定しました。

 

以下のつぶやきは、ISUのレフェリーであるJeroen A.Prinsさんのつぶやきです。

訳:提案通り、繰り返し違反のルール(ザヤックルール)は緩和され、繰り返したジャンプ飲みが無得点化されることになりました。(修正有り)

 

この提案は元々2016-2017シーズンのための新ルールとしてISU総会に審議を委ねたものですので、新シーズンからは今までのようなザヤックルールは無くなります。

ただ、ツイート文にもありますように、僕の英文解釈が正しければ原案に対してなんらかの修正が加えられているみたいですので、そこが少し気になりますね。まぁでも、大きな内容では無いと思います。

✔その他決定事項のまとめ

 

最後に、ここまでの総会で承認された男女シングルの改正案の中で、個人的に興味深いと思ったものをまとめておこうと思います。

 

●女子SPにおけるスピンの必須条件の修正

内容:これまで女子SPではレイバックスピンが必須であったが、これを「レイバックか、サイドウェイズ・リーニングスピン、または足換え無しの単一姿勢のスピン」のいずれかとする。

 

●FSの滑走順の決定法の変更

内容:SP1位~3位の選手は最終Gの4番目~6番目に演技をすることとし、この中での順番はくじ引きで決定。以下同様に、SP4位~6位の選手は最終Gの1番~3番、SP7位~9位の選手は最終の一つ前のグループの4番~6番、10位~12位の選手は最終の一つ前のグループの1番~3番で滑ることに。(ISU主催大会および五輪(ユースも含む))

 

●GOEの拡張

内容:五輪後の2018年以降、GOEが11段階(-5 ~ +5)に

 

●コールから演技開始までの時間の一部変更

内容:全選手がコールされてから30秒以内に演技を開始しなければならない(これまでは、各グループの最初の選手のみ多めの時間が与えられていた)

 

●アスリート委員会の設立

内容:不明(すみません汗)

***

今回はこんな感じです。今年は結構大きな変更があるなぁという印象ですね~(ルールを追うのが大変!!)今後も新情報ありましたら記事を作るなり、twitterでつぶやくなりしますので、よろしくお願いします^^

 - ◯その他フィギュア関連ニュース, ◯フィギュアスケート

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。