今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【動画】ハビエル・フェルナンデス選手、FaOI長野公演で4Loを成功させる!

   

 

SnapCrab_NoName_2016-6-26_2-27-32_No-00-compressor

 

アイスショーの見どころの一つ、フィナーレでのジャンプ大会はどの公演でも非常に盛り上がるイベントの一つですが、本日25日に開演されたFaOI2016の長野公演では出演者の1人のハビエル・フェルナンデス選手が4Loをクリーンに成功させたようです。

今回はその動画の紹介と、個人的な感想などを書いていますので興味を持たれた方は是非とも続きを御覧ください。

✔ハビエル・フェルナンデス選手、4Loを成功させる!

 

まずはこちらの動画をご覧ください。これはAri Zakarianさんという方(おそらくショーの関係者)がinstagramに投稿されていたものですが、ジャンプ大会に参加するハビエル選手の様子が収められています。

Javier 4 loop, #javierfernandes #X-ICE #FOI-2016 #figureskating

A video posted by Ari Zakarian (@arizakarian) on

ハビエル選手も本人のinstagramで動画に添えてこんなコメントを載せておられます↓↓

Is always nice to try something new like 4Loop! Thank you Nagano, thank you Japan!:) ありがとう 

訳:4Loのような新しいことに挑戦するのはいつでもナイスだね!ありがとう長野、ありがとう日本!

 

う~~~ん、完璧!!

入りがハビエル選手の4Sの形に似ていましたので「サルコウかな」と思っていたのですが、まさかの4Loでした。これは嬉しい誤算です。

ハビエル選手が練習で4Loを跳び始めたのはそんなに最近の話しではありませんので、いつ成功するかなと思っていたところにこの突然のサプライズです。しかも完璧なジャンプですし、もしかしたら来季はトゥループ、サルコウに続く3種類目の4回転としてフリー辺りに組み込まれるかもしれませんね。

 

というわけで、現役選手の練習での4Lo成功者もだんだんと増えてきたわけですが、4Loはアクセルを除く4回転ジャンプの中で唯一試合で成功させた選手が存在しないジャンプですので、なんかもう新シーズンにはコンプリートされているような気がしてきました(羽生選手も来季は4回転の種類増やす=ループを組み込むと言っていましたよね)。

数年前までは、サルコウまでで十分過ぎると思っていたものですが、4Lz-3Tという怪物ジャンプを成功させる選手が現れ、遂に初めて4Fの壁が突破されたり、とここ最近は史上最速のスピードでジャンプのレベルが上がっているように思えます。

しかも、それでいて芸術性も両立できている選手が一人や二人ではありませんので、ほんと凄い時代になったなと改めて感じますね~。俄然来季が楽しみになってきました。

 

■追伸

FaOI長野公演関連の話しなんですけど、どうやら羽生選手のビデオメッセージが流れたみたいですね。メッセージの内容は神戸の時と同じでANAのジャージを来た羽生選手が映っていたということでとても気になります!7月9日(土)12:00 ~ 14:00にBS朝日で放送されますので、これは要チェックですね(テレビ放送の詳細スケジュールはこちらから確認できます)。

 - ◯フィギュアスケート, ハビエル・フェルナンデス

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。