今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【感想レポ&お写真】PIW2016、最高のショーでした!!

   

 

tatsuki3

 

少し前の記事で告知しました通り、7月16日の午後にPrince Ice World 2016(以下PIW)に参加してきました♪

今回はショーの感想や、最後のふれあいタイムで撮影したお写真を載せていますので、興味を持たれた方は是非とも続きを御覧ください。

 

✔【感想レポ&お写真】PIW2016、最高のショーでした!!

 

ショーの前日の15日、実は僕の住んでいる所ではどえらいゲリラ豪雨に見舞われていまして、その時は本当に「明日は大丈夫か?」と心配していたのですが、当日になってみると嘘のように晴れていましたので、本当にラッキーでした。

電車に揺られること約1時間、会場のある東伏見に着いて駅を出ますと早速PIWの旗を発見!会場の前ではメルセデス・ベンツの試乗会が開催されており、開演前では1時間くらい時間がありましたのでそれを眺めていました。僕はそんなに車に興味がある方では無いのですが、ベンツの上品な感じは素人にも分かります。シートに使われている革もとても座り心地が良さそうでしたね~^^

開演前15分くらいになったところで見学を切り上げ北側から会場に入ったのですが、ロビーにはたくさんの贈り花が!

20160716_092200907_iOS

20160716_092227356_iOS

20160716_092305214_iOS

その後、トイレを済ませようとお手洗いに向かったのですが、何故か彦麻呂さんがいてびっくり!(局のスタッフさんぽい人と談笑していましたので、何かのロケで来ていたんじゃないかなと思います)

これで準備万端だということで予約した所に移動した所、見渡す限り女性でした笑 いつもの事と言えばそうなのですが、僕は残念なことに男だらけの人生を歩んできましたので、いつまで立っても緊張してしまうんですよね。

でも今回は嬉しいことに隣の方が優しく話しかけてくれました。大学勤務の方で、ボストンワールドの話しを聞くことができたので良かったです。やっぱり4月とはいえどボストンの寒さは尋常じゃなかったみたいですよ笑

 

と、そうこうしているうちにショーが始まりました。PIWチームの方々が登場し、リズミカルなJPOPミュージックに合わせたダンスで徐々に会場も盛り上がってきます。

そしてすっかり会場がPIWの世界観に変身したタイミングで数人のゲストスケーターご登場!本郷選手は話題の連続2Aで歓声が上がり、町田さんは代名詞とも呼べる美しいトリプルルッツを決め、会場のボルテージも最高潮に。夢のような時間の始まりは大盛況でした・・・・・!

 

ということで、ここからはゲストスケーターさん一人ひとりの演技の感想とお写真を貼っていこうとおもいます♪

 

◇永井優香選手

永井選手はですね、とにかく可愛かったです!

もっと演技の方を見ろというツッコミが来そうですが、まるで桃源郷から来た妖精のような透き通った透明感にはつい目を奪われてしまいます。

披露されたプログラムはThe Beatlesの『Let it Be』で、そうした「可愛さ」とは少し毛色が違うのですが、永井選手はこの曲のノスタルジックで哀愁のある雰囲気を上手く表現していて、大人の滑り方も凄く成長しているんじゃないかと思いましたね^^。

 

で、写真についてなんですが、あろうことか、撮影には失敗してしまいました泣

これはもたついていた僕が悪いんですけど、その間にスーっと通過されちゃいましたので、本郷選手の後ろに映る姿しか撮れませんでした・・・・。

20160716_090101775_iOS

ほんとうに勿体無いことしたなぁと思います。次は必ず!!

 

◇村上佳菜子選手

村上選手のプログラムは僕が大好きな曲、『Seven Nation Army』でした。

高校生の時、サッカーのユーロチャンピオンシップを見ていて時に流れていたことがきっかけで知ったのですが、僕はこのシンプルだけど、案外誰も思いつかなかった的なリフレインが好きなんですよね。

実際のプログラムで使用されていたのは、米アメリカン・アイドルで話題のヘイリー・ラインハルトさんのカバーなのですが、セクシーで伸びのある美声がいい具合に会場に響き渡っていました。

村上選手は背中にぽっかりと穴が開いた衣装を着ていたのですが、これがまた本当に曲に合っていたんですよね。セクシーさとカッコよさが同時に表現されていて、特にステップの部分は素晴らしかったですよ。

 

写真の方はいいのが撮れました↓↓

kanako1

この天真爛漫な笑顔、素敵です。新シーズンはキス&クライでこの笑顔を見れることを願っています!

 

◇織田信成さん

信さんは、巧いっ!この一言に尽きます。

曲は『Lay me Down』、この曲はジェレミー・アボット選手も’14-’15シーズンのSPで使っていた名曲です。

こういう曲って人を選ぶといいますか、柔らかくてお洒落な曲調が表現できないともの凄く違和感のあるプログラムになってしまうと思うのですが、その点で言えば信さんは完璧でした。あの究極の柔らかさを持つ膝と足首の使い方が曲と面白いくらいマッチしていて、まさに雲の上を優雅に散歩しているかのようでした。

しかもジャンプも物凄く高かったです。3-3のコンビネーションなんかも跳んでいたのですが(たしか3S-3Tかな?)セカンドジャンプの高さは現役選手並かそれ以上! テレビやコーチの仕事もかなり忙しいはずなのにここまで仕上げてくるとは、信さんは本当にハードワーカーだと思います。

 

nobu1

これは韓国からPIWを見に来たという方とお喋りされているところなのですが、

「え~~~~~!韓国からきたん!?ありがとぉ~~~~~~!!!僕も今度行きます~~~~☆」

といつもの口調で言っていたというのは言うまでもありません笑

 

◇安藤美姫さん

安藤さんはですね、日焼けが凄かったです笑

これは海焼けだと思うんですけど結構こんがり焼けていましたので、見ていて新鮮な気分になりました。

miki1

信さんが「も~~~~フィリピンの人かと思いましたよ~~~笑」って言っていたのは笑いましたね。

プログラムの方はちょっと曲名がわからなくて申し訳ないのですが、演技の方は元世界女王の貫禄と磨き上げられた美しさの感じられる良い演技でした!

 

◇宇野昌磨選手

 

PIWでは一体どの演技が披露されるのだろうと思っていたのですが、今回は新シーズンのEXプログラム『See You Again』でした。

実は僕、生の宇野選手は初めてでしたのでかなりワクワクして見ていたのですが、冒頭ではなんと4Fを跳んでくれました!

結果の方は残念ながら転倒だったのですが、それでも4Fの迫力は十分に感じ取ることができましたね。「これが噂の4回転フリップか!」という感じでとても興奮してしまいました。

演技の方は個人的にはラップパートの所のステップが好きですね。かなり複雑なステップを踏んでいて、これはもはやエキシプログラムでは無いのではと思える程だったのですが、宇野選手はちゃんと自分の作品として昇華させていましたので、『See You Again』×宇野選手の演技 で全く新しい作品が一つできたなという感じですね。

 

ふれあいタイムでは宇野選手の人気が凄まじく笑、僕は北側の、それも西の方にいましたので、時間切れになる前に終わるんじゃないかとヒヤヒヤしていたのですが、ギリギリのところで良い写真が撮れました↓↓

shoma1

shoma2

ファンの応対も大分慣れてきたみたいで、楽しそうに会話している一面も目撃しました。僕なんかはびびって話しができなかったのですが、今度機会があればトライしてみたいですね。

 

◇本郷理華選手

本郷選手が披露してくれたのは新SPの『Carmina Brana』でした。

(以下はDreams On Iceの演技)

カルミナといえばザ・ラスボスという感じの壮大なメロディーが特徴的な曲ですが、性質上、下手すると曲に負けてしまう危険性のある難しい曲ですので僕は結構挑戦的な選曲だなと思っていました。

ただ、本郷選手のプログラムは全体として女性ボーカルが強調されていまして、ラストボスというよりも、凄い権力のある女王という感じでしたので、本郷選手の女性としての美しさがそのまま生かされていましたね。

また、こういったプログラムですと迫力のある動きが重要になってくると思うのですが、本郷選手はアジア系の選手の中ではトップレベルに腕や脚が長いですので、そういったフィジカル面での武器も上手く使っているなぁと思いました。

このプログラム、クリーンに決まれば本当に凄いことになる予感がします・・・・・!

 

rika1

↑はふれあいタイムの本郷選手。やっぱり美人ですね~~~~~!!

 

◇町田樹さん

今回のPIW東京のチケットを購入した理由の半分以上は、実は町田さんにありました。

PIW横浜の『あなたに逢いたくて』の映像に大変感動してしまい、これは絶対に生で見なければということで購入に至ったわけなのですが、結論から言えば町田さんの演技は至高でしたね。

2014-2015シーズンの全日本選手権で惜しまれながらも引退されてしまいましたが、筋肉等の衰えを全く感じさせることはなく、むしろスケーティングの美しさや、振り付けのセンスなどは今も尚質が高まりつつあるように思いました。

 

多分これは偶然だと思うんですけど、今回のアイスショーはルートの関係で殆どの選手が東側でジャンプをしていまして、僕がいた西側ではあまり見れなかったのですが、町田さんはこっち側で跳んでくれたんですよ!!しかも流れのある美しい3Sでした。

それだけではありません、あの麗しいイナバウアーも目の前で見れましたので、これ僕が女性だったら完全に落ちてるなぁと思いながら、心が満たされていました^^

フィナーレではなんと完璧な3Aまで披露してくれて、びっくり仰天してしまいましたね。

 

最後に、これが町田さんのお写真です。ちょっと多めに貼ります↓↓

tatsuki3

(僕もこんな感じで手を振ってみたいですね)

tatsuki1

tatsuki2

(完全に”プリンス”そのものです)

tatsuki4

(背中の美しさで言えば、今でも尚町田さんが僕の中で一番です)

 

◇総括

 

最高でした!!!また来年も行きます!!!!!!!

(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 

■追伸:どうやら宇野選手のEXプログラムは2種類あるようです。

宇野選手の公式サイトに新たなメッセージが更新されているのですが、そこにはこんなことが書かれていました↓↓

今回プリンスアイスワールドで滑ったプログラムは、今シーズンのエキシビションとして
1年間使っていく予定です。

実はもう一曲ステファンが用意してくれていますが、お披露目出来るように練習します!

というわけで、もう1曲はランビさん振り付けのプログラムがあるようです。まだ未公開のSP『ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー』もそうですが、このプログラムもとても気になりますね。

 - ◯フィギュアスケート, 宇野昌磨, 本郷理華, 村上佳菜子, 町田樹

たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Comment

  1. 伏見美峰 より:

    たつまにさん、いつも本当に楽しみに読ませていただいています。ありがとうございます。

  2. さゆめ より:

    私もPIWに行きました!楽しかったですね(*^^*)
    お書きになった感想を読んで、いま一度余韻に浸っています!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。