今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

本田真凜選手、アジアンオープン’16で初優勝を飾る。新プロ(ショート&フリー)の動画もYouTubeで公開される!

   

 

 

SnapCrab_NoName_2016-8-8_1-11-47_No-00-compressor

 

フィリピンのマニラで開催された「Asian Open Figure Skating Trophy」(以下 アジアントロフィー)に出場した本田真凜選手ですが、SPは後半のミスでやや出遅れたものの、フリーでは殆どミスの無い演技を披露し、見事優勝を果たしました。

今回はその大会での演技動画(SP&FS)の紹介や個人的な感想などを書いていますので、興味を持たれた方は是非続きを御覧ください。

✔本田真凜選手、アジアンオープン’16で初優勝を飾る!

 

国際規模の大会としては初戦となったアジアンオープン。昨年にも同大会に出場しており、その時の結果は銀メダルだったのですが、今回は見事それを上回る結果で大会を終えることができました。

 

■SP『スマイル』

 

SnapCrab_NoName_2016-8-7_23-32-25_No-00-compressor

技術点:30.60
構成点:26.22
SP得点:57.26(SP 3位)

 

記事の導入部で書きましたように、本田選手はSPでやや出遅れる形となったのですが、ジャンプ面ではコンビネーションのセカンドが2Tになった程度であり、それほど大きなミスはありませんでした。

しかし一方で、珍しくキャメルでバランスを崩してしまい、レベルを大きな取りこぼしてしまいました。スピンはレベルシステムの構成上、一つのミスでドミノ倒しのようにレベル要件を満たせなくなってしまいますので、今回はスピンの脅威に飲み込まれてしまったという感じではないでしょうか。

ステップシークエンスはレベル2の評価を受けていますが、流石にこれは厳しいなと思いました。確かに、ややリンクに対して垂直に滑る時間が長いかなとは思ったのですが、レベル2ということは、それ以外にも足らなかった点があるということですので、どれかのターンが「ごまかしている」とみなされ、無効の評価を受けてしまったのかもしれません。

ただ、全体的な印象としては伸びやかで、演技をしている時の美しさは他の選手には無いものがありましたので、本田選手らしさも出ていたと思います^^

 

■FS『ロミオとジュリエット』

SnapCrab_NoName_2016-8-7_23-31-46_No-00-compressor

技術点:61.61
構成点:54.80
FS得点:116.41(FS 1位)
大会合計:173.67(優勝)

※全選手の大会結果はこちらから確認することができます。

 

SPでやや不本意な結果に終わってしまったということで、相当集中してフリーに挑んだことだろうと思いますが、結果としては世界ジュニア選手権覇者らしい「強さ」を見せ、素晴らしい演技を披露してくれました。

「強さ」というのは冒頭のルッツのミスに関係することです。演技の冒頭で、しかもルッツのような大技で抜けてしまいますとかなりの絶望感が伴いますので、多くの場合その後の演技に多大な影響が及んでしまいます。所謂「大惨事」となってしまった試合の殆どは、冒頭で抜けるか転倒していると思うのですが、本田選手の場合はあたかも何も無かったかのように、それ以降の構成を美しくこなしています。 こういった不測の事態に動じない精神は、今後現役生活を続けていけばいくほど、大切な武器になっていくことでしょう。

最終的な得点はフリーが約116点、全体が173点ということで、得点的にはまずまずの滑り出しだったと思います。また、この時期はどうしてもプログラムの構成がコロコロと変わりますし、熟練度もそれほど高くはなりませんので、プログラムの完成度というよりも技術面が重要になってくると思うのですが、そういった点でも特に悪く無い内容でした。

欲を言えば、やはり安定したルッツが欲しいところですが、これに関しては本人も練習していることだろうと思いますので、今後の成長に期待です。本田選手はセカンド3Tに高さがありますがから、安定して単独のルッツを降りれるようになれば、そのまま3Lz-3Tも降りれるようになるでしょう。

 

■追伸:韓国勢がかなり強くなっている件

ジュニア以下の世代は日本やロシアに強力な選手が集中していますが、今回のアジアンオープンでは、韓国の若い選手たちの勢いが如実に現れていました。具体的には女子ジュニアのキム・イェリム選手と、ノービスAのユ・ヨン選手ですが、いずれの選手も3Lz-3Tを加点付きで降りており、キム選手に関してはフリーで3Lz-3Lo-2Lo(+0.93)という3連ジャンプを成功させています。 キム・ヨナ選手以降、大きな国際大会で優勝する選手が出ていない韓国チームでしたが、平昌五輪を終え、2022年の北京五輪に向けたシーズン辺りでは大分状況が変わっているかもしれないです。

 

 - ◯フィギュアスケート, 本田真凜

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。