今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】浅田選手の新SP『リチュアルダンス』の動画が公開! 「このプログラムには、絶大なポテンシャルがあると思う」 

   

 

SnapCrab_NoName_2016-8-16_23-4-7_No-00-compressor

これまで謎のベールに包まれていた浅田選手の新SP『リチュアルダンス』が、遂に14日の中京テレビの放送で公開され、話題を呼んでいます。

海外フォーラムの浅田選手のファンのスレッドでも既に演技動画が共有されており、多くの感想コメントが投稿されていますので、今回はその一部をご紹介させていただこうと思います。

 

✔海外の反応

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

Here it is on YouTube:

YouTubeに動画上がってるよ:

解説無し

伊藤みどりさんの解説あり)

I’m liking what I’m seeing and would love to see this in a full sized rink skated with more confidence which should come with familiarity.

今、自分の目に映っているものに惚れている。

是非ともこれをフルサイズのリンクで、より堂々と滑っている姿が見たい。

 

OMG!!! I love this SP soooooooo much! I love it! I love it! I love it! I love it! I love it! I love it! I love it! That’s it!

オーマイガー!!! このSP、すっっっっごく好き!!!! 素晴らしい!!×7

 

I think the program has tremendous potential too and really look forward to the sharpening of movements and heightening of emotional intensity as the season progresses(続く)

このプログラムには、絶大なポテンシャルがあると思う。

シーズンの経過と共に動きがより鋭くなり、感情的な強さが高められることを本当に楽しみにしているよ。

(続き)I am also very curious what Lori and Mao have in store for the long program. Presumably they would minimize repeating the same choreographic choices already used in the short, and come up with some fresh moves and transitions and steps and poses to convey “red” and “passion.” Hope to see some new spin variations too.

あと気になっていることなんだけど、ローリーとマオはフリーのためにどんなアイディアを蓄えているんだろうか。思うに、ショートで既に使用している振り付けは最小限に抑えて、新しい動きや繋ぎ、ステップ、そして「赤」と「情熱」を表現するためのポーズを考えついているんだとは思うけど。新しいスピンのバリエーションとかも見たいなぁ。

 

I might be stoned for saying this but I love Mao’s new Ex program more than her SP. Wish she could’ve used that for SP and then the ritual firedance for LP.

これは禁句なのかもしれないけど、私的にはSPよりも、マオの新しいEXの方が好きかな。EXの方をSPに使って、リチュアルダンスの方をフリーに使ってほしい。

 

I love them both. And I agree, her Ex can work very well as an SP, and the SP can work as an LP. They’re both very expressive and beautiful. I also can’t wait to see her new LP.

自分は両方好きだけど、彼女のEXはSPとしてもとても上手く行くだろうね。また、SPもFSとして上手く行くと思う。つまり、これら2つのプログラムは、いずれも美しく、表現豊かだってことだよ。新FSも待ち切れないな。

 

I love that ritual dance piece. Feels more Mao than the programs she had last season. I’m so excited for her this season. I’m so happy she’s still competing. 😀

このリチュアルダンスの作品は好き。去年のプログラムよりも「マオらしさ」を感じる。今季、本当にワクワクしてきた。マオがまだ戦い続けているというのが嬉しいよ。

 

I see the black bird, so intriguing black bird that strong presence was mesmerizing on the ice also the rink seems too small to perform for her, really needs full size one(続く)

私には黒い鳥が見えました。好奇心をそそるその黒い鳥は、氷の上で強い存在感を放ち、魅惑していました。また、このリンクは彼女が滑るには小さすぎるでしょう。フルサイズのリンクが必須です。

(続き)So happy I will be able to love the SP more as the season progresses, looks amazing already. now I need to see her FS even more.

このプログラムは既に素敵ですが、シーズンの経過と共により好きになれると思うと、本当に幸せな気持ちになります。今は彼女のFSを見たくてたまりません。

 

I love Mao’s costume and the picturesque positions she hits through out the performance. The illusion fabric and light flowing and feathery design remind me a lot of her Rach II costume, though it is more revealing and gives Mao more freedom of motion(続く)

マオの衣装、そして演技通しての絵のようなポジションが好きだわ。イリュージョン(半透明な布のこと)や鳥の羽をかたどったデザインは『ピアノ協奏曲第二番』の衣装を想起させるけど、これはより肌の露出があって、マオが自由に動けるようになっていると思う。

(続き)I also love the multi- directional steps and quick rapid turns she does throughout the performance, some of which remind me a bit of the exhibition.

また、プログラムを通していろんな方向にステップしたり、素早くターンしているとこが好き。ところどころでエキシビションを思わせる。

 

 

■管理人の感想です。

 

神プロの予感しかしない

と思うのは僕だけでしょうか? 演技時間の2分54秒はまさに「あっ」という間でした。演技中に浅田選手の出す圧倒的な迫力を前に、プログラムの終わりまでほとんど息をつけなかった程に、浅田選手の演技に夢中になってしまいました汗

 

まず、冒頭の工夫が本当に素晴らしいです。浅田選手のプログラムはいきなり『火祭の踊り』が始まるのではなく『真夜中』から演技がスタートしていますが、この一工夫は、直後のトリプルアクセル(今回はダブルでしたが)のインパクトをより強烈なものにする狙いがあると思います。

『真夜中』の醸し出す怪しげな静けさが「何かが来る」という雰囲気を作り出し、そこで閃光のようなトリプルアクセルを跳ぶことによって、人々の心が一気に奪われ、気付いたらもうそこは浅田選手の世界のど真ん中。 ダブルアクセルの時点でこれほど惹きこまれるわけですから、トリプルアクセルともなれば冒頭から思わず立ち上がってしまった、みたいな人が出てくるかもしれません。

 

さて、この最初の山を超えると『火祭の踊り』が始まるわけですが、その時になってようやく、SPをピアノバージョンにした理由がわかりました。 やっぱり同じ曲でもピアノバーションの方が怪しげな残響音が出ていますし、悪い鳥というイメージにも完全に合致しているように思います。海外のファンの方が「黒い鳥が見えた」とコメントされていますが、凄くよくわかりますね。

そして中盤が過ぎたころからステップシークエンスが始まりますが、本当に浅田選手のステップは完成度が高いと思います。スケートシューズのエッジは常にリンクに接地されており、つまり常に摩擦が起きているわけですが、浅田選手の動きはその「抵抗」を一切感じさせません。まさに、鳥の様に空中を舞っているかのようです。 技術的な目線で見ても、エッジは深く、明確で、技の判定をしなければならないジャッジからすれば、これほど嬉しいことは無いでしょう。

最後のフィニッシュもとてもカッコイイです。振り付けがリズムに合っていて、それでいてこれまでに無かった独特な動きですので、とても印象的です。最初から最後まで、本当に魅力に溢れていて、まだ8月なのに僕は大満足です笑

 

浅田選手の初戦フィンランディア杯になりますが、俄然楽しみになってきました。この大会では今季のショートだけでなく、未公開のフリーの演技も披露されますので、本当に10月が待ち遠しいですね。フィン杯だとテレビ放送かライスト(地域制限に引っかかりそうですが)があると思いますので、そういった情報も今後更新していこうと思います!


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ブログランキングの応援クリックをしていただけましたら、幸いです↓↓

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, 浅田真央

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Comment

  1. meiling より:

    おはようございます。
    まことに同感でございます。
    フィンランディア杯、ほんとうにたのしみですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。