今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】紀平梨花選手、3A転倒で僅差の銀メダルもその名を世界に轟かせる。@JGPチェコ大会2016

      2016/09/06

スクリーンショット 2016-09-05 22.20.40

 

JGPチェコ大会にてショート首位でフリーを迎えた紀平梨花選手。注目の集まった冒頭の3Aは転倒となり、不安なムードに包まれたものの、見事その後のプログラムをほぼ完璧に滑り切り、1位と僅差の2位で大会を終えました。

試合の生映像を配信していたYouTubeには大量のアクセスが流れ込んでおり、大きく知名度を上げた紀平選手に対しては、海外フォーラムでも様々なコメントが投稿されていますので、今回はその一部をご紹介させていただこうと思います。

 

✔海外の反応

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

 

rika_fs

技術点:63.32
構成点:56.41
FS得点:118.73(2位)
大会合計:185.51(準優勝)

 

Apart from the painful 3a fall, the rest of Rika’s program was fun.

痛々しかった3Aの転倒はさておき、残りのプログラムは楽しかったよ。

 

Her jumps have nice flow to them. Brave for going for the 3A. I like her. She’s not just jumps either. Some interesting musical moments there.

リカのジャンプには良い流れがあるし、勇敢にも3Aに立ち向かった。私は彼女のことが好き。ジャンプだけでなく、音楽的に興味をそそるような場面も幾つかあったし。

 

Too bad about the 3A but nice come back.

3Aについて可哀想過ぎる。でも、凄い復活を見せてくれた。

 

People will probably focus on her jumps, but seriously, she has great ss, performance quality. Good for coming back after that rough start.

人々はリカのジャンプのことだけに注目するかもしれないが、冗談抜きで素晴らしいスケーティングスキル、そしてパフォーマンスの質があると思う。冒頭の荒れたスタートから、よく復活したね。

 

I loved Rika’s presentation! She has very good ice coverage and execution. When she gets better spins and stable jumps, she can be my favorite junior this season.

リカの表現は良かったよ! スケーティングのカバー率、技の実行力が高い。もうちょいスピンが良くなって、ジャンプが安定すれば今季の一番のお気に入りのジュニア選手に成り得るね。

 

Kudos to her for not letting it affect the rest of her program. Well done, Rika!

残りの演技に悪い影響を与えさせなかったことを賞賛します。リカ、よくやりました!

 

I always love a skater who can have a horrific fall and then just brush it off and continue as though nothing happened. Much respect!

酷い転倒があったとしてもそれを気にかけず、何も無かったかのように演技を続けられるスケーターは常に好みです。多くの敬意を払います!

 

And Gubanova wins by a hair.

あ、でも僅差でグバノワが優勝した。

 

That looked so painful. But good for her for being able to skate the rest of the program that well.

あれは痛そうだったなぁ。とはいえ、プログラムの残りをあそこまで上手く滑り切れたのは凄いと思う。

 

Yes, I’m impressed with how Rika recovered after that fall. She radiates joy when she skates…I would have given her 1st place

あの転倒から持ち直したのには衝撃が走ったよ。リカは滑っている時、楽しさの光を放っているよね・・・・自分なら1番にしていたかな。

 

Ouch! Poor Rika it was so close!

ああ!可哀想なリカ、惜しかったね。

 

that step-out

あのステップアウトの差だね。

 

 

■管理人の感想です。

 

まず、紀平選手、本当にお疲れさまでした。今回は銀メダルということになりましたがその差は僅か0.08点であり、つまりこれはあの天才グバノワ選手と完全に互角な戦いを見せたということですので、悔しくもありますが、負けたことを恥じる必要は全く無いと思います。

 

演技の内容としましては、紀平選手のメンタルの強さに驚いてしまいました。といいますのも、紀平選手は冒頭の3Aを抜けミスで転倒してしまっており、3Aのダウングレードの転倒として捉えられるか、あるいは2Aの転倒として捉えられるか非常に微妙な状況にありましたので(もし、仮に2Aの転倒としてカウントされていたとして構成を変えなければ、後半の2A-3Tを跳んだ時点で繰り返し違反に抵触していました)、非常に意思決定の難しい状況に立たされていたと思います。

↑意味不明な事を書いてるので、スルーしてください汗 2Aはトリプル以上のジャンプではありませんので、ザヤることはありえません。わざわざコメント指摘してくださった方、本当にありがとうございました!

これは非常に厄介なケースで、その後の構成をどうしようかと考えるあまり尻すぼみになっていくことが殆どの場合なのですが、紀平選手はそういった判断はびっくりするほど冷静でした。その後のエレメンツを一つ一つ丁寧にこなしていき、多く海外のスケートファンの方がコメントされている通り、まるでミスなんて無かったかのような演技です。

こういったメンタル面の強さは現役生活を長く続けていけばいくほどその価値がどんどん大きくなっていきますので、将来的にも凄く楽しみです。また一人、有望な日本の女子選手が増えたということで、とても嬉しいです。

紀平選手の次の試合は、9月21日 ~ 24日に開催されるJGPスロベニア大会です。ファイナル進出の目安としましては、ここで3位以上になりますと安全圏になりますので、是非とも表彰台に上がってファイナルに進出してほしいです!

 

■余談:紀平選手の人気に驚いたというお話

今回、女子の演技は最初から最後までライブ視聴していたのですが、動画プレイヤーの横に設置されているコメント欄を見て気付いたのが紀平選手に対する注目度と人気の高さでした。

ショートプログラムの前半のグループが演技している時、ふとコメント欄を見てみると、ちょいちょい英語やロシア語、そして韓国語で紀平選手に関係する書き込みがあったんです。しかもそれは単純に「3Aを跳ぶ人」というだけでなく、コーチは誰だとか、最近は3A-3Tを跳んだらしいとか、3-3も跳べるんだって、とか、苦手なジャンプはあるの?とか、そんな細かいものが多く、これほどまで早く紀平選手のことが海外に伝わっているとは全く予想外でした。

そして、フリーの時は更に凄いことになっていました。紀平選手がこれから滑るぞという時には約8,500人の人々が同時に視聴しており(普段は3,000 ~ 4,000人程度ですから、通常の倍のアクセスがあったことになります)最終グループの間だけでも2000人弱くらいの視聴者数が増加していたんです。この大半は日本人の方々だとは思いますが、同時に外国語のコメントもかなり増えており、コメント欄は半ばパンク状態でしたので、ショートの演技を見てファンになったみたいな外国の方も結構増えていたんじゃないかなと思います。

今回の試合は、紀平選手にとって最高の結果では無かったのかもしれませんが、世界のファンコミュニティーに対して良い意味で「Rika Kihira」の名前が一気に広まったことは間違い無いでしょう。

 

 - 紀平梨花

たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Comment

  1. 通りすがり より:

    3Aが2Aとカウントされても、あの構成なら、2A+3Tの際にジャンプ重複と判定される余地はないような…
    2Aはもともと一度だけである以上…?

    • たつまに たつまに より:

      なんでこんなこと書いたんだろう・・・そうですね、2Aはトリプルじゃないので問題ないですね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。