今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】宇野昌磨選手、今季最高のフリーでスケートアメリカ初V! 3連逃すも高得点叩き出し大きな進化を見せる。

   

 

snapcrab_noname_2016-10-24_22-35-38_no-00

 

GP第一戦目のスケートアメリカ。ショートプログラム首位でフリーを迎えた宇野昌磨選手でしたが、今季最高とも言える演技を披露し、見事総合得点のパーソナルベストを279.34に更新して金メダルを獲得されました。

今回披露した演技に対しては非常に大きな反響があり、海外フォーラムでもたくさんの賞賛のコメントが投稿されていますので、今回はその一部をご紹介させていただけたらと思います。

 

 

✔海外の反応

 

今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

 

●SP:(プロトコル

●FS:(プロトコル

以下はフリーの演技後の「海外の反応」です↓↓

 

◆First time I saw this new FS, and it was incredible. What a skate. He’s grown so much again in half a year, wow. Congrats with the oh-so-deserved win tonight! And thanks for giving me tears in my eyes.

初めてこのプログラムを見たんだけど、それは信じられないほど凄かった。なんて演技だ、と。(昨シーズンが終わって)半年経った今、彼は実に成長したと思う。今夜の優勝は君に相応しかったよ! 涙を流させるような感動をありがとう。

 

◆I hope he will have the chance to speak English at gala.

エキシビションでは英語で話してみてほしいね笑

 

◆Congrats to Shoma! He was in the zone today, gorgeous skating! I think this is the first time Shoma did 3 quads in his FS.

ショウマ、おめでとう!今日の彼はゾーンに入ってたね。素晴らしい演技だった! 自分が思うに、ショウマがフリーで3本の4回転を成功させたのは初だと思う。

 

◆Great skate. He really has the attitude for tango, hit the notes etc.. Both Carol Lane and Kurt Browning were in love with his skating skills, steps, speed. They were gushing.

卓越した滑り。彼は本当に良くタンゴの所作を捉えている。(コメンテーターの)キャロル・レインとカート・ブラウニングの二人共が、彼のスケーティングスキル、ステップ、そしてスピード感を絶賛していたよ。二人とも、凄い勢いで喋ってた。

 

◆His jumps were incredible and I’m gutted for him about the axel. I’m really hoping he does well this season and achieves all his goals. My prediction is that he’ll break the 200 point marker in the FP and possibly 300 point overall? I think it is certainly doable. Hope he gets a good amount of rest now and I’m wishing him all the best for Russia.

あのアクセルは残念だったが、(その他の)ジャンプは信じられないほど良かった。今季、彼には上手く言ってほしいし、全ての目標を達成してほしいと強く思う。私の予想としては、彼はフリーで200点を超え、総合得点で300点に達するだろう。これは決して非現実的な話しではないと思う。

今はしっっかりと休息を取り、次のロシア大会で最高の演技が披露できることを願うよ。

 

◆It would not surprise me. This year is a huge step up from last year…even from just a few weeks ago. Just amazing. So many details in that program. He was always connecting something to something else, hitting this note or that… that program felt very full of “stuff” to me. Loved it… even the vocals have grown on me.

驚くことはない。今季は昨季に比べて、もっといえば数週間前と比べても大きなステップアップがある。ただただ素晴らしい。

あのプログラムは沢山の細やかな意匠がこらされている。彼はあちらこちらに流れている音を拾い上げ、常にある物とある物を繋げて演技をしていた。そんなわけで、あの演技からは盛り沢山の心をくすぐる要素があったと思う・・・ヴォーカルの声でさえ、だんだん好きになってきたよ。

 

◆Well, today this little Prince became a King! What a skate! So proud of Shoma. I have so many thoughts going through my head, I don’t even know what to write first.

小さな王子様は王様になった!なんと素晴らし演技!ショウマの事を誇りに思います。思っていることが沢山あるすぎて、何から書いていいかさえわからないわ。

 

◆For all the people who thought he was going to be the same Shoma they saw in Boston, I knew they would be in for a big surprise. I know most people weren’t keeping up with his training and changes he was making, but I think they saw the evidence today.

(世界選手権の)ボストンの時と同じ結果になるだろうと思っていた全ての人達は、きっとたまげただろうね。その大部分の人々は彼の練習具合や変化を知らないけど、今日の演技でその証拠を目撃したと思う。

 

◆Yes, he changes a lot. This music felt a challenge when we knew it at the first time, but as for me, i love this program. It is fresh among the typical taste of programs and his interpretation is so nice. It never bores me

そうそう、彼には沢山の変化があった。当初はこの音楽は挑戦的だと思ったけど、自分はこのプログラムが好きだ。多くのベタな音楽の中で、とても新鮮だし、彼の曲の解釈は本当に良い。全く飽きない。

He got a lot of present. He is small in the tall guys, but he doesn’t look small when he was on the ice. Once he starts, his movements captures my mind. And after the performance, he is back to shy and 18 yo shoma.

そして彼は大きく存在感が増した。彼は背が低いけれど、氷の上に立っている時はそんなこと感じない。一度演技が始まれば、その動きが私の心を掴んでくれる。そしてパフォーマンスが終わった後は、恥ずかしがり屋な18歳のショウマに戻るんだよね。

 

 

■管理人の感想です。

 

祝、スケアメ優勝 & PB更新!!

宇野選手がシニアのGPで優勝したのはこれが初めてではありませんが、昨季の初Vはフランスのテロの影響で、SPのみの結果で順位が決定されましたので、SP、FSと両方のプログラムを滑ったGPの試合としては初Vとなります。

アメリカと言えば昨季の世界選手権が連想されますが、今回はあらゆる面で今季最高と言える内容で表彰台の真ん中に上がることができましたので、本人ととしても嬉しかったのではないかなぁと思いますね。

 

さて、演技の内容に移りたいと思いますが、まずこの度の冒頭の4Fは、過去様々な大会で降りてきた中で最も美しいものだったと思います。

これまでの宇野選手の4Fは、どちらかといえばオーバーターン気味の着氷が多く、着氷後にブレーキがかかってしまって、それほど高い加点には結びつかなかったように思うのですが、今回は高さに対して完璧な回転速度で跳んでいましたので、思わず「おおおお!!」と唸ってしまいました。 最終的な加点は+1.43となっていますが、現状このレベルで降りれるのはおそらく宇野選手だけでしょう。

続く4Tの質も卓越していました。僕がJapan Openで宇野選手のブエノスアイレスを見た時、確か4Tの入りがスリーターンだったと思うのですが、今回は何気に、一つレベルアップしてダブルスリーになっています。JOで転倒してしまったジャンプを、入りのレベルを向上させた上で成功させるというのは、なんてクールなんだと感じてしまいますね。

 

前半の山場が終わると、今後は宇野選手のステップに入っていくわけですが・・・手先の使い方が個人的にかなりのツボに入りました。指先までピンと張ることによって、 ピアソラの表現する緊張感のある空気感をよりいっそう感じることができたと思います。勿論、これまでの演技でもそのように手を動かしてはいたのですのが、今回はいつもよりも良かったと思いますね。

snapcrab_noname_2016-10-24_22-13-15_no-00

 

そしてその後は張り詰めた空気を一気に打ち破るような「無音3A」の助走に入り・・・

snapcrab_noname_2016-10-24_22-13-45_no-00

見事成功!!!

snapcrab_noname_2016-10-24_22-13-56_no-00

観客の方々にも相当受けてましたので、僕も嬉しかったです^^

 

さて、後半に入りますと1本の4回転と2本のアクセルという高い壁が待ち受けているのですが・・・・宇野選手はなんと最初の3A-3Tと次の4T-2Tを、まるで前半のジャンプのように余裕を残して着氷してしまいました。これには流石こうツイートせざるをえません↓↓

その後のルッツもちゃんとしたアウトエッジで跳んでいましたので、これは来たぞ!!!と前のめりになってしまったのですが、その次の3連で惜しくも転倒、という形になりました。

思わず声を上げてしまったものですが(笑)、それでも技術点は90点を超えており、最後のコンビネーションスピンが終わった頃には100点になっていましたので、このプログラムにはどれだけの可能性があるんだと思いましたね。

 

snapcrab_noname_2016-10-24_22-39-22_no-00

(決まった!!)

 

フリーのスコアは190.19ということで、昨季のGPFの時の自己ベストにはわずかに届きませんでしたが、3連を失ってのこの得点ですので、如何に宇野選手が成長したかを物語っています。

宇野選手の演技は試合を重ねる毎に明らかに質が高まっていますので、今後どのように進化していくのかが本当に楽しみです!!!

 

■オマケ

 

宇野選手の演技を見たワグナー選手のツイートが面白かったので、紹介しておきます↓↓

ショウマの曲で誰かが歌っている部分、私に叫んでいるような気がするのよね。

 

ショウマ、髪どうした?

 

 - ◯フィギュアスケート, 宇野昌磨

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Comment

  1. より:

    髪どうした?wwww
    高橋選手にそっくりですよね…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。