今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】羽生選手がNHK杯SPで100点超え! 初の4S-3T成功とロックな演技で満場のスタオベを誘う。

   

 

snapcrab_noname_2016-11-26_17-27-5_no-00

 

ファイナル進出をかけNHK杯男子SPに出場した羽生結弦選手。冒頭の4Loは惜しくもステップアウトとなりましたが、その後の全ての要素を完璧に決め、見事100点を超えるスコアで首位発進となりました。

海外フォーラムのNHK杯実況スレッドでは今回の演技に対してたくさんのコメントが寄せられていますので、今回はその一部を紹介させていただければと思います。

 

 

✔海外の反応

 

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

 

(プロトコル)

 

――(カナダより

ファンタスティック!!!!!!!

リンクのプレゼントを片付けるのに時間かかるだろうな〜

 

――(ポーランドより

スケートカナダの時よりずっと良いね

 

――(不明

ユヅはやってくれた!!

満場を唸らせた!!

彼はロックスターだ!! 本当に大好き!!

 

――(カナダより

紫色の衣装は白色のものよりも良いと思う。彼が変更を決断してくれて嬉しいわ。

 

――(ノルウェーより

今回の衣装は紫色。私としては白の方が良いと思うけど、演技はスケートカナダの時より素晴らしいよ。

 

――(不明

4Loの試みは成功しなかった。

しかし4S+3Tは素晴らしい。かかとで氷を切り裂く第二スピンは終始力強いスピードとポジションを保っていた。また、ステップシークエンスではギターリフのニュアンスを汲み取っていたが、あれは至難の業だと思う。

 

――(ポーランドより

可哀想なグラント。ユヅの次に滑るのは不運だと思う。

 

――(オーストラリアより

おお、ジャッジの方を向いてスライディングしてる。行け、ユヅ。

あと、表情も良かった。彼は完全にプログラムに入り込んでいたね。

 

――(ハンガリーより

ただただゴージャス! 彼の演技が大好き! 

 

――(不明

彼にとってはベストな演技ではないけど、今大会の中では群を抜いてる!!

スケート連盟はいつかユヅルの演技の後の花を回収するためだけの整氷車が必要になりそう。

 

――(カンボジアより

103点… もう一度110点級の演技を見たいね..

 

 

 

 

✔管理人の感想

 

演技を見ていた時の僕↓

snapcrab_noname_2016-11-26_17-37-16_no-00

 

羽生選手の『Let’s Go Crazy』には大興奮させられました。オータムクラシック、スケートカナダの時も勿論良かったですが、今回は「みんなを楽しませてやる」という感情が全面に押し出されていて、それが見ている人々の心へ伝播したと思います。 これが世界のユヅル・ハニュウだ!! と改めて誇らしい気分になりました。

 

snapcrab_noname_2016-11-26_17-26-44_no-00

 

冒頭の4Loは前回に引き続き軸がズレてしまいました。その結果、一瞬会場に不穏な空気が流れましたが、それを一瞬にして変えたのが次の4S-3Tです。

snapcrab_noname_2016-11-26_17-29-4_no-00

snapcrab_noname_2016-11-26_17-29-34_no-00

snapcrab_noname_2016-11-26_17-30-49_no-00

3枚目は最初の4Sの着氷時。余裕ありすぎ警報発令。

一般的に、着氷時に腰真っ直ぐになっていればいるほど、減速無く流れを保つことができると言われているのですが、そういう観点で見ても完璧です。

 

セカンドの3Tも余裕でした。

snapcrab_noname_2016-11-26_17-24-50_no-00

先述の通り、羽生選手が4S-3Tというコンビネーションを降りたのは今回が初です。単独の4Sは成功確率が高いのですが、コンビネーションはそれまでの2大会で一度も成功していませんでしたので、決まった時はとても嬉しかったですね。

 

そして極めつけは羽生選手のトリプルアクセル。

snapcrab_noname_2016-11-26_17-26-5_no-00

「最高」というのは僕の感情だけではありません。ジャッジの評価も「最高」で、加点は満点の+3.00を得ています。

実にダブルアクセル一本分に相当すると考えると、そのおそろしさの実感が沸いてきます。

 

その後のシットスピンも今までの中で一番、素晴らしかったです。

bidt7u

このGIFだとちょっとわかり辛いかもしれませんが、最後のシットビハインドの時に曲に合わせて腕を振っています。その他にも、音ハメの動画がありますが、これに限れば以前までの大会では無かった動きですね。

羽生選手はこのように、スピンの最中もバックで流れる曲とリンクする動作をすることで演技の流れを途切れさせないようにしていますが、これを現役でやっている選手は非常に少ないと思います。

 

snapcrab_noname_2016-11-26_18-45-13_no-00

最終的な得点は103.89

本人はまだ満足していない様子ですが、今季の全選手中No.1のスコアです。

(因みに今季のSPランキングはこちら ※NHK杯の結果はまだ反映されていません)

冒頭の4Loこそ成功しませんでしたが、今回はそれ以外の要素がほとんど完璧でしたのできっと自信に繋がった事だろうと思います。これから間もなく男子フリーが始まりますが、羽生選手にとっての「前進」があるような演技になればいいなと願っています。

 

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, 羽生結弦

たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。