今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

平昌五輪後に削減されるエレメンツ及び競技時間の短縮について改めて

   

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-22-19-41

 

以前、ISUによる平昌五輪後に削減されるエレメンツ、及び競技時間の短縮案についてご紹介させていただきました。当時はまだ時期が早かったという事もあり曖昧さを含む表現になってしまっていたからか、一部混乱を招いてしまっていたようですので今回はこの話題について既に決まっている事を今一度まとめておこうと思います。

 

 

1. 競技時間の短縮について

 

ISUが毎シーズン発行する公式規則集の最新版「S&P/ID Regulations」に、2018-2019シーズンから(つまり平昌五輪後)男子とペアのフリースケーティングの競技時間が短縮されるということが明記されています。以下の文章は先程の資料のp75に記載されている文章です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-20-57-12

 

 

 

 

これは、2018-2019年以降の「フリースケーティング」の競技時間はこのように変更されますと書いてあるのですが、文章だけ見てもピンと来ないかもしれませんので、現行の2016-2017シーズンのルールとの比較を示しておきます。

 

2018-2019シーズン以降

  • 男子シニア:4分30秒→4分00秒
  • 女子シニア:4分00秒で変更なし
  • ペアシニア:4分30秒→4分00秒
  • 男子ジュニア:4分00秒→3分30秒
  • 女子ジュニア:3分30秒で変更無し
  • ペアジュニア:4分00秒→3分30秒

要するに、男子とペアのフリースケーティングは、シニアまたはジュニアに関わらず30秒短くなり、女子は変更無しということです。

30秒も短縮されますと、何か一つくらい要素を削減しないとプログラムが成り立たないような気がするかと思うのですがそれについては次の項で説明します。

 

2. 削減されるエレメンツについて

 

ここからは、男子FSとペアFSで削減されるエレメンツについてまとめていきます(女子はシニア、ジュニアともにエレメンツの削減はありません)。

 

2018-2019以降:男子FS編

以下の文章は同資料p104に記載されているものです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-21-25-53

訳:2018-2019シーズンより、シニアとジュニアのプログラムのジャンプエレメンツの最大数は7つとなります。

現行の男子FSのジャンプの最大枠数は、シニアまたはジュニアに関わらず8つとなっていますので、それが一つ減るということです。女子種目と同じジャンプエレメンツ数になるという見方もできますね。

 

2018-2019以降:ペアFS編

以下の文章は同資料のp113に記載されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-21-51-19

訳:2018-2019シーズンより、シニアとジュニアのプログラムにおいてコレオグラフィック・シークエンスが無くなります。コレオグラフィックエレメンツの実行は、(演技構成点の)「繋ぎ」の項目で評価を受けます。

これは文章そのままですね。

 

今回の記事の内容をまとめますと・・・

・男子FSはジュニア、シニアに関わらずジャンプが一本減り競技時間が30秒減
・ペアFSはジュニア、シニアに関わらずコレオシークエンスが無くなり、30秒減

ということでした!! 来年以降は更に詳しい内容が決定されていくと思いますので、その都度ブログに書いていこうと思います。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ブログランキングの応援クリックをしていただけましたら、幸いです↓↓

 - ◯その他フィギュア関連ニュース, ◯フィギュアスケート

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Comment

  1. 参考になります。 より:

    ルール改正話、とても参考になります。
    男子フリーは時間が女子と同じになり、ジャンプの最大値も7つと同じになるわけですね。←時間が同じなのだから、当然の処置とも言えますが。

    ここで私が密かに気になるのは、演技構成点の件です。
    今までは女子が時間が短いから、エレメンツが少ないから、男子が×2に対して女子は×1.6なのかなと勝手に認識してきました。
    時間もエレメンツも女子と一緒なら、女子と同じように×1.6になるのでしょうか?
    その点が判明しましたら、ご紹介くださると嬉しいです。
    もしそのような変更がされる場合、平昌以降は羽生くんの最高得点を越えることはかなり難しくなりますね。
    あ、でもGOEが11段階になったらその減る分のカバーは出来たりするのかしら。
    どちらにしろ、平昌以降の改正はかなりプログラムに変更をもたらすものになりそうですね。

    • たつまに たつまに より:

      >時間もエレメンツも女子と一緒なら、女子と同じように×1.6になるのでしょうか?
      今のところは時間が短くなって、ジャンプの最大数が減るということだけが決まっていまして、ご指摘いただいたGOEの掛け算の数値等の詳細については今後のISU総会で議論するという流れだと思います。来年にはもっと細かい情報が公開されると思いますので、その時はブログに書きます。

      >平昌以降の改正はかなりプログラムに変更をもたらすものになりそうですね。
      その通りだと思います。特に前回のソチ五輪の時は比較的マイナーな変更ばかりでしたので、インパクトはより大きく感じると思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。