今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】ロシア選手権二連覇のメドベージェワ選手。圧巻の3-3-3で見せた底無しの潜在能力。

   

 

snapcrab_noname_2016-12-26_20-12-5_no-00

全日本と同時期に開催されていたロシア選手権。完璧な演技でSPを首位通過したエフゲニア・メドベージェワ選手でしたが、連覇を懸けたフリーでは、クリーンな演技に上に元々予定されていなかった3-3-3を跳ぶなど圧巻のパフォーマンスを披露し、見事2連覇を達成しました。

海外フォーラムではこの演技に対して沢山のコメントが投稿されていますので、今回はその一部をご紹介させていただけたらと思います。

 

 

✔海外の反応

 

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

 

プロトコル

大会結果

 

以下はFSの後のコメントです。

 

――(不明より)

ちょっと待って、あれは3-3-3 ??

 

――(カナダより)

タラソワが「3-3-3 !!!」と叫ぶところが凄く良いね。

 

――(デンマークより)

素晴らしい演技!! 最後の3Tは無効なのに、あそこで3-3-3を入れた。

 

――(アメリカより)

ワオ! ジェーニャはただただ最高だ!!

 

――(不明より)

崇高だった。

 

――(不明より)

おお、メドベージェワは本当に安定している。160かも?

 

――(ハンガリーより)

160点台行くんじゃない?

 

――(不明より)

しかも、エフゲニアは後半に3-3-3を跳んでるんだよね。

 

 

――(ニューギニアより)

ナレーションが無ければもっと最高だったのに!

 

――(不明より)

大会では初の3-3-3じゃない?

※実際には浅田選手が2002年の全日本選手権で3F-3Lo-3Tを跳んでいます。僕はこれしか知りませんが、他にも例があるかもしれません。

 

――(不明より)

153点、これはロシア選手権の新記録だね。

 

 

 

 

■管理人の感想です。

 

 

 

若きロシア女王、一体どこまで突き進むのか。

 

全日本の男子FSの録画を見つつ、ロシア選手権の女子FSのライストを見ていたのですが、メドベージェワ選手の演技には驚きで腰を抜かされそうになりました。

多くの海外のスケートファンの方が触れていますが、メドベージェワ選手が急遽予定を変更して跳んだ3S-3T-3Tは、既に3連ジャンプを跳んでいること、そしてそれ以前に一つ3Tを跳んでいることから、最後の3Tは無得点化されます。 つまり、スコア的にはわざわざ体力を削ってまで跳ぶ必要の無いジャンプだったのですが、メドベージェワ選手はそれを跳びました。

これはおそらく、好奇心であったり、観客を驚かせたいという気持ちであったり、自分はどこまで行けるのかという探究心にかられて跳んだのだと思いますが、これを、あの世界一ハイレベルなロシア選手権でやるというスケールの大きさに圧倒されました・・・。あそこで転倒をしてその後の演技に影響を及ぼす可能性もあった中で、あのようなリスクを取れるというのは明らかに普通では無いと思います。

 

 

因みに、↓はこちらの海外記事の抜粋です。

 

***********

 

「何について訊きたいかはわかってますよ」と彼女は記者会見でそう言った。

「コーチでさえ驚かせたと思います。誰一人として、私があれ(3-3-3)をやるとは予想していませんでした。ただ、私は今季ルールが変更され、あと一本3Tをつけても問題が無い(減点が無い)ことを把握していたんです。」

「以前は、(あと一本3Tをつければ)要素全体が無得点化されていましたが、現行のルールでは三度目の3Tのみが捨てられます。そして、私は跳べると思いましたので、やってみたんです」

「これは私にとっての前進です」と彼女は付け加える。

「技術的面と、体力的な面の両方でです。私は以前までそれを(試合で)一度も跳んだことがありませんでしたし、プログラムの最後のジャンプの一つ前に3-3-3を跳ぶのは非常に困難なことですから」
***********

 

他のジャンプについても、ルッツはもうあと一歩で「!」が常に消えるだろうという所まで来ています。今はアウトエッジを保つ時間が大分長くなっていますので、おそらく来シーズン、ルッツ二本構成で攻めてくると予想しています。

 

また、ステップも、改めてもの凄い構成だなと思いました。

特に、これ↓とか凄いですね。


一言で言えば「えげつない」ですね。全て左足でカウンター→ツイズル→ロッカー→カウンター→ループと続いています。若干の粗さこそありますが、この歳で5連続の難しいターンを織り込む選手ってそういないと思うんですよね。。。。。

 

もともとメドベージェワ選手は極めて強力な選手でしたが、このロシア選手権でさらに凄みを増して来た感があります。今シーズンはまだ前半が終わっただけですので、後半どうなっていくかが非常に楽しみです。

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, エフゲニア・メドベージェワ

たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。