今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外の反応】「みんなが思う、スケーティングスキルトップ5の選手は?」

   

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-01-22-36-15

 

フィギュアスケートはジャンプに注目が集まりがちですが、プログラムを作り上げていく上で「スケーティング」という要素は非常に大きな役割を担います。

今回の海外スレッド『Your top 5 skaters in skating skills』では、多くの海外のスケートファンの方々が、各々の「スケーティングスキルのトップ5」を記したリストを投稿していますので、今回はその一部をご紹介させていただこうと思います。

 

 

✔︎海外の反応

 

※今回はこちらに投稿されているコメントを「海外の反応」としています。

 

ーー(スレッド主)

優れたスケーティングスキルを備えた選手のリストを作ろうと思ってたんだ。繋ぎやジャンプの要素は無しで、スケーティングスキルだけのやつね。

みんなのトップ5の選手は誰かな?

 

ーー(カナダより)

現役選手だけで行くなら

男子:チャン、ハニュウ、ブラウン、ウノ、テン
女子:コストナー、ポゴリラヤ、メドベージェワ、アサダ、オズモンド

 

ーー(不明より)

順位は大まかだけど

女子:カロリーナ、アデリナ、マオ、グレイシー、アンナ
男子:パトリック、ユヅル、デニス、ハビエル、ジェイソン

 

ーー(アメリカより)

男子

パトリック:スケーターの中のスケーター

ユヅ:並外れている

ヤン:私が思うに、ヤンはデニスよりも優れたスケーティング技術を持っていると思うけど、競技プログラムでそれが十分に生かされたのはまだ見たことが無いんだよなぁ。

ブレジナ:鳥の羽の様な身軽さ

ジェイソン/ショウマ:彼らは若い時から素晴らしかったけど、今でも年々良くなってるよ。

女子

カロリーナ:並外れている

マオ:並外れている

アンナ/グレイシー:今の世代の中ではトップ2だね。

サトコ:彼女は完璧。多脚、他のスケーターと比較すると、力強さが足りないと思う。

オズモンド:サトコとは真逆。正確さやコントロールは足りないけど、他は完璧!

 

ーー(カナダより)

スケーティングの技術だけなら・・・今まで見てきた中で最高の男子は・・・・パトリックかプルシェンコ。二人とも驚異的なんだけど、生で見たらいかに凄いかがわかるよ。もし、これがエッジワークについて話しているのであれば、王座はチャンかな。

 

ーー(不明より)

みんな現役選手に絞ってやってるのはわかってるけど、ダイスケが出てきてなくてびっくりしたよ。この演技は一日中見てられる。

(美しくて見入ってしまいますね・・・)

 

ーー(フィンランドより)

1:パトリック・チャン
2:ユヅル・ハニュウ
3:ハビエル・フェルナンデス
4:ハン・ヤン
5:デニス・テン

 

ーー(不明より)

男子

1:チャン
2:ハニュウ
3:その他

女子

1:ポゴ
2:オズモンド
3:コストナー
4:ソトニコワ
5:グバノワ

ヒグチ、ザギトワ、リム、彼女たちもポテンシャルがあるね。2,3年後くらいには素晴らしくなっているかも。

 

ーー(不明より)

男子

1:パトリック・チャン(自分はファンというわけではないんだけど、彼のスケーティングスキルは否定できない)

2:ユヅル・ハニュウ(素晴らしいスケーティングスキル。改善も余地もある)

3:デニス・テン
4:ハン・ヤン
5:ジェイソン・ブラウン

女子

1:マオ・アサダ(もちろん!!)
2:カロリーナ・コストナー
3:アンナ・ポゴリラヤ
4:ガブリエル・デールマン
5:グレイシー・ゴールド

 

ーー(ロシアより)

順位とかは無しで

カロリーナ:滑らかなスケーティングと加速、美しい軌跡

サトコ:スピードが良くなってる。軌跡も美しいね。

グレイシー:今期のフリーは彼女のスケーティングが生かされていると思う。簡単にスピードが上がっていく。

アンナ:っても力強くて速度がある。

ジェーニャ(メドベージェワ):彼女を入れないわけにはいかない。彼女のスケーティングは本当に軽い

ケイトリン:彼女は常に「踊っている」スケーターという感じ。力強さもある。

おっと、もちろんマオも入ってるよ!

 

ーー(ポーランドより)

シングルスケーターだけで、現役選手で、今季に限らないとすれば・・・・

男子

1:チャン
2:ハニュウ
3:ブレジナ
4:テン
5:ブラウン

女子

1:コストナー
2:アサダ
3:オズモンド
4:ポゴリラヤ
5:メドベージェワ

 

 

 

■管理人の感想です。

 

海外のスケートファンの方々の意見も見つつ、自分の場合はどの選手かな〜と色々考えて見たところ、こんな感じになりました。現役選手に限定しており、また順位とかは特にないです。

 

男子

  • パトリック選手
  • 羽生選手
  • アボット選手
  • ジェイソン選手
  • ハビエル選手

パトリック選手:この人に関しては説明不要でしょう。ソチの時点でもうこれ以上は無いのではと思っていましたが、その後もさらに進化し、そのスケーティングスキルは技術面でも芸術面でも究極の領域に達しています。海外フォーラムの中で言えば、ほぼ全てのユーザーがパトリック選手を1番に選んでいます。

 

羽生選手:僕だけでなく、多くの海外スケートファンの方が羽生選手を選んでいて少し嬉しかったです(笑) 羽生選手のスケーティング面の成長については散々書いてきましたが、3年前と演技と今期の演技をを見比べるともはや別人です。漕ぎ数が減り、一蹴りで進む距離が長くなり、またテンポの速い曲でも明確なエッジでターンができています。一つ改善点をあげるとすれば、特にフリーで、ジャンプが決まらないとガクッとスケーティングが荒くなる傾向がありますので、そういう局面でも集中力を保つことができればもう完璧でしょう。

 

アボット選手:意外とアボット選手が選ばれていなかったのでショックでした(汗)まだ引退はされてないはずです(え?そうだよね?)。今年はジャパンオープンで演技を見る機会があったのですが、あの雲の上を浮遊しているような滑らかなスケーティングは本当に素敵でしたね。アボット選手は手足が長く、またその大きな身体をコントロールして滑ることができますので、本当に氷上に映える選手だと思います。

 

ジェイソン選手:「スケーティングスキルが高い」と言っても、深いエッジで滑れるとか、大きく体を動かしながらでも正確なターンができるとか、色々な観点があると思うのですが、ジェイソン選手は特に後者の能力が極めて高いと思っています。 ジェイソン選手は非常に身体が柔軟で、例えばステップをしながら足を高くあげるなど、普通なら女子選手にしかできないような動きをしているのですが、その際でもちゃんと正確なエッジでステップを踏めていますので、本当に唯一無二のものを持っている選手だと思います。

 

ハビエル選手:ハビエル選手のスケーティングはどんな時でも物凄くスピードが出ている所が特徴的です。ただスピードを上げるだけならば難しくは無いと思いますが、ハビエル選手の場合は、例えばトリプルアクセルの時の非常に複雑なつなぎを踏む瞬間もかなりのスピードが出ていますので、つまり、そう言った状況でもステップも踏めるスケーティング技術があるという事です。ハビエル選手は現在25歳で、明らかに年長組の選手ではあるのですが、スピードという点ではおそらく1番か2番目くらいだと思っています。

 

女子

  • 浅田選手
  • コストナー選手
  • 宮原選手
  • ゴールド選手
  • メドベージェワ選手

浅田選手:浅田選手も、もはや説明する必要は無いでしょう。『チェロ・スウィート』のようなコンパルソリーを彷彿させる正確なエッジワークは勿論のこと、『ノクターン第二番』のような優しく滑らかな滑りや、今季の『リチュアルダンス』のように小悪魔のような滑りや、力強い滑りも見せることができます。浅田選手のように、確固たる技術があり、そしてその上であらゆる情景を表現できる選手は非常に少ないです。

 

コストナー選手:ゴールデンスピンでイタリアの女王が帰ってきました。コストナー選手は浅田選手同様、説明はいらないと思います。復帰したばかりなので、特にフリーではスピードが足りないような気がしますが、試合勘と体力さえ取り戻せば今後の公式戦でも高いスケーティングスキルの得点が望めるでしょう。

 

宮原選手:海外のスケートファンの方のコメントの通り、基本的に宮原選手は完璧だと思います。『ファイアー・ダンス』で体を大きく使いながらも細かいステップを踏む技術を鍛え、今季の両プログラムでは滑りで見せる表現力もだいぶ鍛えられています。今後どんな部分で新しいスケーティングを見れるかが非常に楽しみです。

 

ゴールド選手:彼女のスケーティング技術そのものはこの世代の中ではかなり上位の方だと思っています。特に、ちょっと表現が難しいですが、エッジを通して氷に対して力を加える感覚がとても優れていて、そのため余分な力で氷を削って減速するということが少ないと思います。20歳を超えた今でも3Lz-3Tが跳べるのは、不安定なアウトエッジでも効率的に力を加えることができる能力あってのものだと思います。

今は少し調子を落としていますが、どこかでいい演技を成功させ、自身がついて表情のこわばりなどが消えれば、すぐにトップ争いに戻れるでしょう。

 

メドベージェワ選手:彼女の驚異的な部分は、ズバリ片足ステップです。過去記事でもちょこっと触れましたが昨季、今季と両方のプログラムに大量の片足ステップコンビネーションが大量に含まれており、しかもそれを、上体をダイナミックに使ったり、片足を上げながら行うなど、ある意味で狂気を感じるようなプログラムをこなしています。これほどの構成ですので、これらすべてを正確に踏めているというわけではありませんが、ポテンシャルは凄まじいものがありますね。

 

 

と、いう感じです。今回は現役選手のことしか書けませんでしたが、今プロで活躍していて優れたスケーティング技術を持っている人物もたくさんいますので、また今度それについて書けたらいいなと思っています。

 

■追伸:更新が滞っていた理由

単に、使っていたPCが故障してしまって記事が書ける環境がなかっただけです(笑)あと、年末で忙しかったからというのもありますが、これから普通に更新していきますので、よろしくお願いします^^


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ブログランキングの応援クリックをしていただけましたら、幸いです↓↓

 - ◯フィギュアスケート, ◯海外の反応, エフゲニア・メドベージェワ, カロリーナ・コストナー, グレイシー・ゴールド, ジェイソン・ブラウン, パトリック・チャン, ハビエル・フェルナンデス, 宮原知子, 浅田真央, 羽生結弦

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。