今日も、明日もフィギュア脳

国内・海外問わず、フィギュアスケートに関する情報(特に男女シングル)や、海外の反応記事を書いています!

【海外記事】『チャ・ジュンファン―韓国の新星』

   

 

SnapCrab_NoName_2017-1-16_20-42-52_No-00

 

今回は韓国の若きライジング・スター、チャ・ジュンファン選手の海外記事のご紹介です。International Figure Skatingの『JUN-HWAN CHA – KOREA’S RISING STAR:チャ・ジュンファン―韓国の新星』では、今季のジュンファン選手の活躍がインタビュー文と共にまとめられており、その他にはオフアイス・オンアイスでの取り組みの様子などが語られていますので、興味を持たれた方は是非続きを御覧ください。

 

✓『チャ・ジュンファン―韓国の新星』

 

※元記事全文はこちらです。

 

ヒストリー・メイカー

ジュンファン・チャは韓国発のスケート界における渦中の存在だ。

2016年9月の初旬、ジュニアグランプリのデビュー戦となった横浜大会では優勝を果たした。そこでは、チャは金メダルを獲得しただけでなくジュニアグランプリにおける歴代最高の総合得点を記録し※、歴史の一部を塗り替えた。現行のジャッジシステムにおいて、彼以上に若い選手でこの記録を樹立した選手は存在しない。

 

※この時点ではジュンファン選手の総合得点がジュニアの歴代最高得点でしたが、その後のファイナルでロシアのドミトリー・アリエフ選手が240.07点で記録を塗り替えました。

 

彼は二戦目のドレスデン(ドイツ)の大会でも優勝を飾り、出場したマルセイユ(フランス)のジュニア・グランプリ・ファイナルでは3位に着けた。韓国代表選手が同大会でメダルを獲得するのは初の出来事であり、もうひとつの歴史が塗り替えられたのであった。

 

スケートを始めた動機

韓国に生まれたチャがスケートを始めたのは7年前のことだ。このスポーツを始めた動機として、ヨナ・キムの活躍が一つの要因になったのではないかと考えるのは合理的ではあるが、彼の場合はそうではないという。

「アイスリンクへは時々足を運んでいたのですが、2009年の終わりにキャンプへ参加し、感触が良かったので練習をし始めました。僕はその時非常に小さく、またテレビを見ていなかったため、彼女のことについては本当に何も知らなかったです」

 

新たな4回転への取り組み

彼は練習で四回転トウループを降りている。しかし、チャは

「少し乱れがあり、プログラムに組み込む準備が整っていないんです。僕は4回転ループの練習もしていて、こちらは悪くはないのですが、質という点で言えばまだトウループの方が上ですね。僕はこれらのジャンプを練習していきます。今は全ての大会でクリーンな演技を披露できるように取り組んでいますが、プレゼンテーションスキルを上げるために表現面でも取り組む必要があると思います」

チャは来季にシニアへ以降する意向だ。彼の目標は母国開催の2018年の冬季五輪の出場資格を得ることである。

「平昌で滑れたらと思います。母国開催ですので、とてもエキサイティングな大会になるでしょう」と彼は語った。

 

オフアイスの様子

カナダへ拠点を移す前はちょっとした英語を話す程度だったという彼だが、英語の先生の助けを借り、今では流暢に言葉を話している。

「英語の勉強はしていますよ。以前から話していましたが、あまり良くなかったんです笑」彼は笑みを浮かべてそう話した。

氷上練習を離れると、彼の時間は勉強とジムでのトレーニングに費やされるという。この9年生は学校の勉強に遅れないようにオンライン講座を受講しており、チャ曰く、国内選手権に出場するには学校に籍をおく必要があるとのことだ。

 

世界のトップ2と共に過ごして・・・

彼は「憧れの選手」はいないことを認めたが、事実として世界トップ2の選手と練習を共にしている。

「特別この人という選手はいません。しかし、自分とは異なった良いものを持っていて、勉強になる好きな選手は大勢います」と彼は語った。

「僕はユヅルやハビエルから学んでいるような感じです。彼らと一緒に練習をしていると、上手くいかない日があったり、ジャンプが良くない日があるのですが、そんな時に彼らに視線を移すともっと頑張らなければ思えます。世界で最も優れた選手達と一緒に練習することができてとても幸運です」

 

 

*************

チャ・ジュンファン選手は2001年生まれ(今年で15歳)世代の中では圧倒的な実力・実績を誇ります。シーズン開始当初、かなり身長が高くなっていましたので(現在は174cm)体型の変化への対処に注目していましたが、全くそれは問題にならず、むしろ3A、4回転サルコウを公式戦で何度も降りるなど一段と凄みを増してきた感があります。

また、最近開催された韓国ナショナルでは見事238.07点で初優勝を果たし、世界ジュニアへの切符も危なげなくゲット。シーズンは本当に順調に進んでいます。

ちなみに、これ↓はナショナルSPの演技です。

フリーも行っときますか。

ジュンファン選手の成長ぶりを見るに、平昌五輪で表彰台というのは流石に厳しいと思いますが、しかしながら今の進化スピードを保つことができれば、上位8位に入賞できる潜在能力はあると思います。五輪が終わり、1~2年もすればシニアのトップクラスで戦える選手として成長しているでしょう。

 

さて、ジュンファン選手は15歳にしては非常にクールで、どれだけ良い演技をしてもキスクラに座ればいつも表情は冷静です。あまり感情を表に出すことが無いので、今後の大会および平昌五輪で最高の演技を披露し、喜びが爆発する瞬間を見てみたいなと密かに願っています。。。。。

 

 

 - ◯フィギュアスケート, ◯選手別, チャ・ジュンファン

        
たつまに
男でフィギュアスケートにハマってしまった学生。羽生結弦選手は、人間としてもスポーツマンとしても、尊敬している人物です。。twitterもしていますので、フォローしていただけると嬉しいです↓↓

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■関連する記事はこちらです。